Logicool MX Master取扱説明書

IE8/IE9/IE10は現在サポートされていません。弊社のサイトを閲覧するには、より新しいブラウザを使用してください。

 
 

MX Master ワイヤレスマウスについて

終わりなき追求から生まれた新たな進化
MX Masterワイヤレスマウス(以下、MX Master)は、レーザーマウスの性能と精度の制約を再定義します。

付属のUnifying™レシーバーまたはBluetooth® Smartワイヤレス接続技術を使って最高3台のパソコンと接続し、Easy-switch™ボタンを押して接続を切り替えることができます。

自動でスピードシフトするスクロールホイール:精確なクリック・トゥ・クリックモードと、高速スクロールモード(長い文書やウェブページの操作に適しています)。また、ユニークなサムホイールにより、簡単に水平スクロールができます。

マウスの形状は、快適かつ自然な位置で手と手首をサポートします。Darkfield™レーザートラッキングが、ガラス*や、その他の高光沢素材を含めた、ほとんどすべての表面上で完璧なコントロールを実現します。

Logicool Options™ソフトウェアをインストールして、MX Masterの全ての機能を使いこなしましょう。ご使用のオペレーティングシステム用にマウスを最適化するだけでなく、このソフトウェアによって、MX Masterを自分の好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

注:Logicool Options™ソフトウェアのインストールが必要な機能の説明は青で表示されています。

MX Masterは高速充電に対応し1分間の充電で2時間使用可能です。最大40日間のバッテリー駆動を一回の充電で実現しています**。

* 最低4mm厚さ
**使用環境・状況によって異なります。
MX Masterを見てみましょう
MX Masterを見てみましょう

今すぐ接続

接続の設定

MX Masterでは、2種類のワイヤレス接続方法から選択することができます:Unifying(この接続用のレシーバーがマウスに同梱されています)およびBluetooth Smart。

Unifyingレシーバーの詳細
Unifyingソフトウェアをダウンロード
Bluetooth Smart対応パソコンのリスト
接続方法
MX MasterはUnifyingレシーバーとペアリングされた状態で出荷されます。(マウスを別のUnifyingレシーバーとペアリングすることもできます。)
Bluetooth Smartワイヤレスを使って、MX MasterをBluetooth® Smart対応のパソコンに接続します。

ペアリング済み(開封時)のUnifyingレシーバーと接続する方法
  1. マウス裏面のEasy-switch™ボタンを押して1~3のチャンネルを選択します。
  2. connectボタンを押します。
  3. パソコン上で、UnifyingレシーバーをUSBポートに接続します。
  4. ペアリング時、マウス上の選択したチャンネルのライトは点滅を停止し、5秒間点灯します。
別のチャンネルに接続するまで、あるいはそのチャンネルを使って別の接続を設定するまで、パソコンはこのチャンネルに接続されたままになります。

ライトがゆっくりと点滅する場合、マウスが接続を完了できなかったことを意味します。

接続の問題がある場合

マウスに付属されたもの以外のUnifyingレシーバーを使ってMX Masterを接続することもできます。
 1. パソコン上で、UnifyingレシーバーをUSBポートに接続します。
 2. [接続]ボタンを押します。
 3. パソコン上で、Unifyingソフトウェアが表示する指示に従います。
Bluetooth Smartで接続する方法
  1. マウス裏面のEasy-switch™ボタンでチャンネルを選択します。
  2. connectボタンを押します。
  3. Bluetooth Smart対応のパソコン上でペアリングを完了します。
Bluetooth Smart対応デバイスのリスト:
Mac OS X
  1. [システム環境設定]を開き、Bluetoothをクリックします。
  2. デバイスリストでMX Masterを選択し、[ペアリング]をクリックします。
画面上の指示に従ってペアリングを完了します。
ペアリング時、マウス上の選択したチャンネルのライトは点滅を停止し、5秒間点灯します。
Windows 8
「PC設定」→「ワイヤレスデバイス」→「Bluetooth」をオン→「PC設定」に戻る→「デバイスの追加」
  1. [PC設定]に進み、パソコンおよびデバイスをクリックします。
  2. Bluetoothを選びます。
  3. デバイスの追加でMX Masterを選び、クリックします。
  4. 画面上の指示に従ってペアリングを完了します。
ペアリング時、マウス上の選択したチャンネルのライトは点滅を停止し、5秒間点灯します。

接続の問題がある場合

デバイスの追加

最初の接続の作成後、UnifyingまたはBluetooth Smartを使って使用していないチャンネル上に追加デバイスを設定できます。MX Masterは最大3台のデバイスと接続できます。

[デバイスの追加]の指示に従い、使用していないチャンネルを選択します。必要に応じて、[接続の設定]で、接続の作成に関する詳細情報を確認します。

チャンネル(およびデバイス)の選択

最大3台のパソコンとの接続を設定した後、希望のデバイスが接続されたチャンネルを選ぶことでパソコンを切り替えることができます。
Easy-switch™ボタンを押すと3つのチャンネルを切り替えることができ、選択されているチャンネルは点灯します。

接続のトラブルシューティング
チャンネルの選択方法
  1. マウス上でEasy-switch™ボタンを押します。
  2. 接続がアクティブになると、チャンネルのライトが5秒間点灯します。
バックライト付きのチャンネル番号が、接続に関する情報を提供します。

ライトの状態 MX Masterの状態
 点灯 接続済み
 点滅(高速)  検出可能...
 点滅(低速)  ペアリング中

機能

ロジクールMX Masterは豊富な機能を備える、パワフルで高性能なマウスです。

Logicool Options™ソフトウェアをインストールすることでMX Masterの機能を最大限ご使用いただけます。

Logicool Options™ソフトウェアをインストールし、機能の割り当て、ジェスチャの有効化、トラッキング速度の調整などができます。

Logicool Options™ソフトウェアはWindows® 7、Windows 8以降、およびMac OS Xバージョン10.10以降で利用可能です。

Logicool Options™の詳細
Logicool Options™ソフトウェアのインストール:MacまたはWindows

自動でスピードシフトするスクロールホイール
強くスピンさせて高速スクロールモードに自動切り替え   回転を遅くしてクリック・トゥ・クリックモードに切り替え
自動でスピードシフトするスクロールホイール
スクロールする速度に応じて、自動的に二つのモードが切り替わります。

クリック・トゥ・クリックモードは、精確なスクロール動作に適しています。高速スクロールモードは、長い文書やウェブページのスクロールに向いています。

(スクロールモード手動切り替えボタンを押すと、モードを手動で切り替えることができます。)

Logicool Options™ソフトウェアをインストールし、スクロール体験を強化

  • 自動切替(SmartShift)の無効化(および有効化)
  • 自動切替(SmartShift)感度の調節
  • 高速スクロールモードとクリック・トゥ・クリックモードを切り替え
  • スクロールホイールのデフォルトの動作モードを切り替え
  • スクロール速度の調節(Macのみ)

ユニークなサムホイール
親指の動作を使って簡単に水平スクロール。
水平スクロールの方法
サムホイールを上に回転(右スクロール)、または下に回転(左スクロール)させます。


Logicool Options™ソフトウェアをインストールし、サムホイールの可能性を広げましょう 

  • スクロール方向の反転
  • タッチベースのジェスチャを再現
  • スクロール速度と解像度(ポインタの速度)を調節
  • タブ付きコンテンツのナビゲーション
  • アプリの切り替え
  • フルスクリーンのアプリ間でスワイプ(Macのみ)
  • フルスクリーンのアプリ間で切り替え(Windows 8のみ)
  • ズームイン/アウト
  • 音量の調節
  • 画面輝度の調節
  • 通知の表示(Macのみ)

ジェスチャはナビゲーションとデスクトップ管理を効率化します

Logicool Options™ソフトウェアをインストールしてジェスチャを有効にし、メディアの管理、パン、ズーム、回転をカスタマイズ

最大5種類のアクションをジェスチャボタンに割り当てることができます。または、ミドルボタンまたはマニュアルシフトボタンを含めた他のMX Masterボタンにジェスチャをマッピング。

ジェスチャの実行方法
[ジェスチャ]ボタンを押しながらマウスを上下左右に動かします。

以下の図は、Windows 8およびMac OS Xでウィンドウを管理するジェスチャを示しています。
使いやすい[戻る/進む]ボタン
親指の部分にある便利な[戻る/進む]ボタンによって、ナビゲーションが強化され、作業を効率化します。
戻る/進む動作を行う方法
[戻る]または[進む]ボタンを押して、マウスカーソルの位置によって、ウェブや文書のページをナビゲーションします。

注:Macでは、[戻る/進む]ボタンを有効化するには、Logicool Options™ソフトウェアをインストールする必要があります。

Logicool Options™ソフトウェアをインストールし、[戻る/進む]ボタン機能をカスタマイズできます

Logicool Options™ソフトウェアをMacで使用すると、OSのナビゲーション、ズーム、辞書検索、その他の便利な機能をボタンにマッピングすることができます。

あらゆる表面で精確にトラッキング
ロジクールDarkfieldレーザートラッキングが通常のマウスでは使えないガラステーブルなど、あらゆる表面においてスムーズで精確なパフォーマンスを発揮。
* 最低4mm厚さ

Darkfieldレーザートラッキングの詳細
MX Masterの充電
MX Masterの充電
同梱の充電ケーブルを使用し、MX Masterを充電することができます。

4分の充電で、1日間使用するのに十分な電力を確保することができます。フル充電した場合最長40日間*使用できます。

* 使用環境・状況によって異なります。
バッテリーステータスの確認

LEDの点灯 インジケータ
3 100%充電済み
2 66%充電済み
1 33%充電済み
1 10%充電済み
    今すぐ充電してください
バッテリーステータスの確認
マウス側面の3つのインジケーターがバッテリー残量を示します。

Logicool Options™ソフトウェアをインストールすれば、バッテリー残量が低下した際は、お知らせを画面に表示します。

互換性

Bluetooth Smart対応のパソコン
Mac

オペレーティングシステム

Mac OS X 10.10以降

モデル

MacBook Air(2011年半ば以降)

Mac mini(2011年後半以降)

MacBook Pro(2012年半ば以降)

iMac(2013年初旬以降)





 
Windows

オペレーティングシステム

BluetoothSmart:Windows 8以降

モデル

Windows 8以降を搭載かつ、Bluetooth 4.0以降対応のパソコンがMX Masterとの互換性があります。

ペアリングを追加するパソコンもMX Masterをサポートしている場合があります。

互換性の確認方法:

[デバイス マネージャ]を起動します

説明に[Microsoft Bluetooth LE Enumerator]が含まれている場合、そのパソコンはMX Masterをサポートしています。

トラブルシューティング

マウスを接続できない

チャンネルライトがゆっくりと点滅する場合、以下を参照して問題を解決してください。

Unifying接続のトラブルシューティング

パソコンの電源が入っていること、MX Masterがパソコン本体の10メートル範囲内にあることを確認してください。

マウスをパソコンに近づけてください。

選択したチャンネルが、パソコンに接続されているチャンネルであることを確認してください。

正しいチャンネルを選択してください。

UnifyingレシーバーがUSBポートに接続されていることを確認してください。

チャンネルのライトがゆっくりと点滅し続ける場合、ペアリングをやり直してください。

Bluetooth Smart接続のトラブルシューティング

パソコンに電源が入っており、10メートルの範囲内にあることを確認してください。

マウスをパソコンに近づけてください。

選択したチャンネルが、パソコンに接続されているチャンネルであることを確認してください。

正しいチャンネルを選択してください。

パソコンがBluetooth Smart対応であることを確認してください。

Bluetooth Smart対応パソコンのリストを参照してください。

パソコン上で、Bluetooth Smartがオンになっており、Bluetooth Smart接続ができる状態であることを確認してください。

Bluetoothがオンになっており、正しく接続できる状態であることを確認してください。

チャンネルのライトがゆっくりと点滅し接続できない場合はペアリングをやり直してください。

注:Windowsパソコン上で、新しいBluetooth Smartワイヤレス接続する際にソフトウェアの更新が必要な場合があります。接続完了のメッセージが表示された後に更新プロセスが継続している場合があります。最低20分待ち、パソコンを再起動する前に、すべての更新が完了していることを確認してください。