IE8/IE9/IE10は現在サポートされていません。弊社のサイトを閲覧するには、より新しいブラウザを使用してください。

 
 

K380を探索しましょう

デスクトップパソコン、ノートパソコン、スマートフォン、およびタブレットなどで、デスクトップタイピングの快適性と利便性をお楽しみください。ロジクールBluetooth®マルチデバイス キーボードK380は、家庭内のどこでもパーソナルデバイス上で通信や作成ができる、小型で独自のキーボードです。

便利なEasy-Switch™ボタンによって、Bluetooth®ワイヤレステクノロジーを介して最高3台のデバイスと簡単に同時接続して、それらのデバイスを瞬時に切り替えることができます。

OS適応型のキーボードは選択したデバイスに対してキーを自動的に再マッピングするため、予期した場所にお気に入りのホットキーがある、なじみのあるキーボード上で常にタイピングすることができます。

Logicool Options

お使いのオペレーティングシステム用にキーボードを最適化するだけでなく、このソフトウェアによって、個人的なニーズとスタイルに合わせてK380をカスタマイズすることもできます。

注:Logicool Options™のインストールが必要な機能の説明は青のバッジでタグ付けされています。

K380の概要
K380の概要
Easy-Switchキー
このキーを押して接続し、デバイスを選択します
Bluetoothステータスインジケータ
Bluetooth接続の状態が表示されます
3個の分割キー
上記キーボードに接続されたデバイスタイプに基づいたモディファイア:Windows®およびAndroid™。下:Mac OS XおよびiOS
電池収納部
ON/OFFスイッチ
電池ステータスインジケータ

今すぐ接続!

デバイスの管理

デバイスの切り替え

最大3台のデバイスとの接続をセットアップした後、Easy-Switchボタンを押してそれらのデバイスを切り替えます。

Easy-Switchボタンを押すと、ボタンのステータスインジケータがゆっくりと点滅してから、5秒間点灯して選択を確定します。

キーボードを使用して、選択したパソコンまたはモバイルデバイス上で入力することができます。

デバイスの再ペアリング

デバイスがキーボードから切断された場合、デバイスとK380を簡単に再ペアリングすることができます。

キーボード

ステータスインジケータが点滅を開始するまで、Easy-Switchボタンを押し続けます。

キーボードが次の3分間ペアリングモードに入ります。

デバイス

デバイスのBluetooth設定に進み、利用可能なBluetoothデバイスのリストに表示された「ロジクールBluetooth®マルチデバイス キーボードK380」を選びます。

画面上の指示に従ってペアリングを完了します。

ペアリング時、キーボード上のLEDは点滅を停止し、10秒間点灯します。

機能

新しいキーボードが提供する高度な機能を探索しましょう。
ショートカットとFキー
OS適応型キーボード
電力管理
Logicool Options

Logicool Optionsを使ってキーボードを強化しましょう

Logicool Optionsソフトウェアを追加して、キーボードの隠れた可能性を解き放ちましょう。

Logicool Optionsソフトウェアを使うと、オペレーティングシステムに対してK380を最適化できるだけでなく、個人的なニーズとスタイルに合わせてキーボードをカスタマイズすることができます — キー機能の再割り当て、キーの有効化/無効化、電池警告の表示など。

Logicool Optionsは、Windows(7、8またはそれ以降)、およびMac OS X(10.10以降)で利用可能です。

Logicool Optionsのインストール:MacまたはWindows

ショートカットとFキー

ホットキーとメディアキー

以下の表は、Windows、Mac OS X、AndroidおよびiOSで利用可能なホットキーとメディアキーを示しています。

ショートカット

ショートカットを実行するには、アクションに関連付けられたキーを押しながら、F(ファンクション)キーを押します。

以下の表は、様々なオペレーティングシステムのFキー組み合わせを説明しています。

Logicool Options

ショートカットキーよりもFキーを頻繁に使う場合は、Logicoolソフトウェアをインストールし、 それを使ってショートカットキーをFキーとしてセットアップします。これらのキーを使用して、Fキーを押す必要なく機能を 実行することができます。

OS適応型キーボード

ロジクール キーボードK380には、様々な機能を持つOS適応型のキーが搭載されています。これはタイピングするデバイスのオペレーティングシステムによって異なります。

キーボードは現在選択しているデバイスのオペレーティングシステムを自動的に検出し、キーの再マッピングを行い、ユーザーが希望する機能とショートカットを提供します。

手動選択

キーボードがデバイスのオペレーティングシステムを正しく検出できなかった場合は、Fキーの組み合わせを長押し(3秒)することで、オペレーティングシステムを手動で選択することができます。

マルチファンクションキー

独自のマルチファンクションキーによって、ロジクール キーボードK380は、ほとんどのパソコンおよびモバイルデバイスに対応できます。キーラベルの色と分割ラインは、様々なデバイスおよびオペレーティングシステムのために予約された機能または記号を識別します。

キーラベルの色

グレーのラベルは、Mac OS XまたはiOSを実行しているAppleデバイスで利用可能な機能を示します。グレーの円の上の白のラベルは、Windowsパソコン上のAlt Grを使うために予約された記号を識別します。*

分割キー

スペースバーの両側にあるモディファイアキーは、分割ラインによって分けられた2セットのラベルを表示します。分割ラインの上にあるラベルは、Windows、Android、またはChromeデバイスに送信されたモディファイアを示します。分割ラインの下にあるラベルは、Apple Macintosh、iPhone、またはiPadに送信されたモディファイアを示します。キーボードは、現在選択されているデバイスに関連するモディファイアを自動的に使用します。

* 多くのインターナショナル キーボードにあるAlt Gr(またはAlt Graph)キーは、通常スペースバーの右側にある右Altキーに取って代わります。Alt Grを他のキーと併せて押すと、特殊文字の入力が可能になります。

電力管理

電池残量の確認

キーボード側面のステータスLEDが赤く点灯し、電力が低く、電池交換が必要であることを示します。

電池交換

電池収納カバーを持ち上げ、ベースから外します。

使用済みの電池を新しい単四形乾電池を2本と交換し、電池収納部のドアを再度取り付けます。

Logicool Options

ヒント:Logicool Optionsをインストールして、電池ステータス通知をセットアップし、通知を受け取ります。

互換性

Bluetoothワイヤレステクノロジー対応デバイス
Apple
Mac OS X(10.10以降)
Windows
Windows 7、8、10以降
Chrome OS
Chrome OS™
Android
Android 3.2以降

©2015 Logitech. Logicool. All rights reserved.株式会社ロジクールは、Logitech Groupの日本地域担当の日本法人です。記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、ロジクールによるマーク使用はライセンス許諾に基づいています。
その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産です。