プレスリリース

<米国発表抄訳>
ロジクール、YouTubeへの動画アップロード作業を簡略化

 

最新版Qcamソフトウェアに、
YouTubeへのワンタッチ アップロード機能を追加

2007年11月16日
株式会社ロジクール

2007年11月14日、カリフォルニア州フリーモント発:Logitech International社(社長兼最高経営責任者(CEO):ゲリーノ・デルーカ、日本法人:株式会社ロジクール 代表取締役社長:ケン・オーバーマン)は、YouTube™動画ツールボックスの公式ウェブカメラパートナーとして、ワンタッチYouTubeアップロード機能を、同社Qcam®ソフトウェア(バージョン11.5)の一部として提供を開始したことを発表しました。この新機能により、世界で最も人気のある動画共有WebサイトであるYouTubeに、ごく簡単な操作で動画をアップロードできるようになります。

Logitech インターネットコミュニケーション事業部ジェネラルマネージャー兼バイスプレジデントのジーナ・クラーク(Gina Clark)は、「YouTubeは世界でナンバーワンの動画共有サイトとして認識されており、多くの人がロジクールのウェブカメラを使ってYouTubeコンテンツを作成しています。新しいワンタッチYouTubeボタンは最新のQcamソフトウェアをさらに便利にし、この機能がYouTubeのヘビーユーザーにも初心者にも喜んでいただけると確信しています」と述べています。

YouTubeアップロード機能は、YouTubeを利用しているロジクールのウェブカメラユーザを支援するための最新の機能です。Qcamソフトウェア(バージョン11.5)では、撮影した動画や静止画を表示する 「クイックキャプチャ」ウィンドウにYouTubeボタンが追加されました。ロジクールのウェブカメラで撮影した動画をアップロードする準備ができたら、動画を選択して、このYouTubeボタンをクリック(動画をアップロードするには、YouTubeアカウントとインターネットアクセスが必要です)。すると、動画の情報を入力するための画面が開きます。ここで、動画のタイトル、簡単な説明、カテゴリ、検索タグ等の動画情報を入力し、最後に「動画のアップロード」ボタンをクリックします。これだけで、動画をYouTubeのWebページにアップロードできます。アップロードが完了すると、その動画へのリンクURLが表示されるので、家族や友人にその動画について簡単に知らせることができます。
ロジクール Qcamソフトウェア最新版(バージョン11.5)は現在、 www.logicool.co.jp/downloads からダウンロードできます。

ロジクールについて
日本市場におけるパーソナルペリフェラル(周辺機器)のリーディングカンパニーである株式会社ロジクールは、PCナビゲーション、インターネットコミュニケーション、デジタルミュージック、ホーム・エンターテインメントコントロール、ゲームやワイヤレス機器の分野で革新的なパーソナルペリフェラルを提供し続ける世界のリーディングカンパニーであるLogitech International S.A.が100%出資している日本法人です。
Logitech International S.A.は、1981年に設立し、スイス証券取引所(SWX: LOGN)とNASDAQ Global Select Market(LOGI)に上場しているスイスの企業です。
詳細な情報はwww.logicool.co.jp でご覧いただけます。
<報道関係者からのお問い合わせ先>
ロジクール プレスホットライン 担当: 中崎、坂本
TEL: 03-5445-1276 FAX: 03-5427-7322
E-Mail: logicool.press@webershandwick.com
<一般の方のお問い合わせ先>
ロジクール・カスタマー・リレーションセンター
TEL: 03-5350-6490 FAX: 03-3375-6490
E-Mailサポート: http://www.logicool.co.jp/contact/

*記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。
*ロジクールは、株式会社ロジクールの登録商標です。
*仕様は予告なしに変更される場合があります。

Press Release Archive