xライターコヤマタカヒロの速攻レビュー
ワンタッチでPCとスマホ/タブレットが切り替えられる 「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を試す!


Bluetooth Multi-Device Keyboard K480

最近の筆者が原稿を書くときのワンシーン。PCに向かい、キーボードをタイプする。そのときにスマートフォン(以下スマホ)に設定しているLINEにメッセージが入る。当然、キーボード上にある手を止め、スマホを手に取って、フリック入力でメッセージに返信し、再びキーボードでの原稿書きに戻る。しかし、これってすごく無駄で、〆切りが差し迫っているときにはちょっとイライラしてしまうことも。せっかくキーボードがあるのにスマホはフリック入力しなければならないし、キーボードに置いていた手も離してしまうため、原稿を書いていたリズムも失われてしまうのだ。

そんなとき、ちょっとおもしろいキーボードがありますよ、と声をかけていただいた。それがロジクールの「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」だ。それから約2週間。メインPCのキーボードを「Bluetooth® マルチデバイス キーボードK480」に変更し、使い倒してみた。

 

据え置き型でPCとモバイル機器を操作するという新発想

「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」はBluetooth Ver.4.0でPCやスマホ、タブレットなどと接続できるワイヤレスキーボードだ。本体左側上部に、ダイヤルを配置しており、接続できる機器を切り替えられるのが特徴。3つまで登録することができる

筆者は1番をメインで使っているデスクトップPC(Windows 7搭載)に、2番をiPad mini(iOS搭載)に、そして、3番をXperia Z Ultra(Anroid OS搭載)に設定した。あとは使いたい機器の番号にダイヤルを合わせるだけで、「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」で文字入力ができるという訳だ。

まずは「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」の基本的な部分をチェックしていこう。最初に勘違いしてほしくないのが、「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」はワイヤレスキーボードではあるが、決してモバイル用ではないということ。本体質量は820gで決して軽くはなく、また、ボディサイズは、幅299×奥行き195mm×高さ20mm と特別薄くもない。13インチクラスのノートPCのキーボード部と同等の大きさなのだ。


iPad miniとBluetooth接続したところ

 

キーレイアウトはJIS配列でテンキーやHomeキーなどは非搭載。キーピッチは約19mm だった。キーは角の丸みが大きめで隣り合うキーとの干渉しにくい形状。ストロークは2 mm で押下圧は約60gで、比較的重めの印象だ。



左上に配置している接続先を切り替える


キーピッチは約19mm。ストロークは2mmで


キー最上列はWindows8用のショートカットと F1~12キーを配置

 

キーボード上部にはスマートフォンやタブレットを立てかけることができるスリットを用意しているのが特徴で。ここにiPad mini(もちろんAirでもOK)やスマートフォンを立てかければ、ノートPCのようなスタイルで、画面を見ながらタイピングできるというわけだ。


iPad miniをスリットに立てかけたところ。 横向きでも問題な く置ける。

 

接続した機器間をスムーズに切り替えられる

「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を使っていていいなと感じたのが、接続している機器の切り替えにダイヤルを採用していることだ。これまで、キーボードでのショートカット操作で 接続できる機器を切り替えられる製品を使ったことがあるが、正しく切り替えられているかわかりづらかった。しかし、ダイヤルなら一目瞭然。実は切り替わっ ていなかったといったミスも発生しない。

また、左上という位置も絶妙だ。この位置なら、キーボードのホームポジションに置いた手をそれほど大きく動かすことなく、ダイヤルを操作することができる。PCで原稿を書きながら、素早くダイヤルを回して、スマートフォンのLINEに返信するといった操作ができた。

 

キートップにはJIS配列だけでなくUS配列で入力できる記号も記載されている。

「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」が便利なのが、Windows/Android OSを使っている場合だけでなく、iOS機器を利用するときでも、キーボード操作で迷うことがないということだ。これは、iOSが一般的なJIS配列に対 応しておらず、US配列のキーボードとして認識するためだ。

数字の「2」キーをシフト入力した場合、WindowsやAndroid環境では「”」になるのに対して、iOS機器では、「@」が入力されるの だ。当然、JIS配列のキーボードでは、「2」キーのところに「@」は記載されていないため、目的の記号を入力するのに、どのキーを押していいのかわから ないという状況が起きてしまう。

しかし、「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」なら安心だ。キートップにUS配列時に入力できる記号もプリントされているため、iOSデバイスでも問題なくキーボードが利用できる。入力でき る記号は、キーボード右上のボタンで切り替えが可能。実際著者も、Windows環境とiOS環境をシームレスに使うことができた。

 

デスク周りがすっきり片付けられる

「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を導入する前の著者のデスクは、フルサイズのキーボードをメインに使い、スマートフォンを専用の充電台に設置。iPad miniは、そのままデスクに寝かせていたり、専用キーボードに立てかけていたりとそのときそのときで異なっていた。

しかし、仕事が忙しくなり、ノートPCや資料などがデスクに積まれていくにつれて、スマートフォンやiPad miniの置き場所は失われていく。その結果、とっさの着信やメッセージに対応できなかったり、慌てて探し回ったり、といったことが増えていた。




「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を使う前と後のデスク周り。机の上の空きスペースが明らかに増えている。

 

しかし、キーボードを「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」に切り替えることで、デスク周りはすっきりと整理できた。まず、iPad mini用のモバイルキーボードを出す必要がなく、その分のスペースを節約。さらに、スマートフォンもキーボードから入力できるため、スタンドを置く位置 をキーボードすぐ奥に、ほぼ固定できたのだ。

また、スマートフォン、タブレットを立てかけ、素早くキーボードから文字入力できるようになったことで、マルチディスプレイ化を進められたのは当初想定していなかったメリットだ。




PCは仕事の画面。スマホはLINE、iPad miniはTwitterやFacebookを表示している。

これまではメインPCのWebブラウザで仕事上必要なWebページとSNSのページを切り替えて表示していた。FacebookなどSNSの着信音がした ら、Webブラウザのタブを切り替えていたのだ。しかし、「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を利用することで、SNSはiPad miniで表示するようになり、PCのブラウザではSNSを表示しなくなったの。これも、普段使いしているキーボードから、そのまま、レスを入力できるた めだ。

 

キーボードに手を置いたままで、(若干のタッチ操作は必要だが)大きく動かすことなく、スマートフォンやタブレットに文字入力ができるのは非常にスマー ト。「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」は、PCとスマートフォン、タブレットをシームレスに活用したいと考えている方に是非おすすめしたい。

 
●レビュワープロフィール
デジタル家電ライター/コヤマタカヒロ

PC、デジタル関連製品を中心に白物家電まで幅広く取材、検証を行い、執筆活動を展開する。気になる製品は実際に触って試すことをモットーとしており、多数のWeb媒体やモノ情報誌に寄稿している。

 

 
 

ロジクール Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480

マルチOS対応、パソコン・スマートフォン・タブレットなど3つのデバイスを簡単に切り替え操作できるスタンド機能付き「ロジクール Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」の製品情報は こちら

K480製品レビューリスト

女性ファッション誌のエディター

ロジクール 「Bluetooth マルチデバイス キーボード K480」を使ってみました♥
レビューを見る

恋愛コラムニスト・佐藤玲美

単機能LOVE♡ デジタル音痴な私が大満足のミニマムデザインとシンプルな機能性
レビューを見る

PRプランナー・ライターの砂流恵介

1台あるとなにかと便利!3台のデバイスをダイヤルで瞬時に切り替えられるキーボード K480を使ってみた!
レビューを見る

ライターコヤマタカヒロの速攻レビュー

ワンタッチでPCとスマホ/タブレットが切り替えられる「Bluetooth® マルチデバイス キーボード K480」を試す!
レビューを見る