クラスルーム内ソリューション(生徒向け)

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

生徒向け

生徒のためにクラスルームを改善する

クラスルームのセットアップに少し変更を加えることで、年齢、学習スタイル、または場所に関係なく、すべての生徒にとって学習がアクセスしやすく、楽しくなります。適切なソリューションによって障害物がなくなり、生徒は気が散ることなくコラボレーションができ、教育体験が強化されます。 

ホワイトボードを使って指導スペースをセットアップ

学習には制限がありません

機会

周囲の騒音

騒々しいクラスルームは学習の妨げになります。クラスルームのセットアップに少し変更を加えることで、年齢、学習スタイル、場所に関係なく、すべての生徒にとって学習がアクセスしやすく、楽しくなります。適切なソリューションによって障害物がなくなり、生徒は気が散ることなくコラボレーションができ、教育体験が強化されます。

ナビゲーション

生徒と教師はマウスとトラックパッドを備えておくことで、様々なシナリオで最善に機能する方法を選ぶことができます。

生産性

オンスクリーンキーボードは貴重な画面スペースを占め、生徒が一度に見ることができる資料の量が減ります。また、オンスクリーンキーボード上でのタイピングによって、フラストレーションやミスが増加することもあります。

ソリューション

ヘッドセットとタブレットを使って学習する生徒

ノイズは軽減。集中力を高める。

生徒がクラスルーム環境でパーソナライズされたアプリで学習する時は、気を散らせるものなく集中できることが、今まで以上に重要です。

ノイズキャンセリング ヘッドセットは、教室内の他の生徒やアクティビティの音を遮断するため、各生徒は自分の学習に集中することができます。 

合成皮革/フォーム素材のイヤーパッド付きのヘッドセットは、毎回の使用後に簡単にクリーニングと消毒ができるため、安全に共有することができます - また、1日中快適に使用できます。

 

ツール:

ワイヤレスマウスとノートパソコンがある創造的な作業空間

調和するナビゲーション

様々なタスクに応じて、様々なレベルとタイプのコントロールが必要です。長いウェブページのスクロールから、学習アプリでのデータ操作まで、生徒は様々な方法で作業する必要があります。 

マウスによって、生徒は手元にあるタスクに基づいて作業方法を選ぶことで、適切にコントロールすることができます。自分のやり方で作業ができることで、生徒はツールを上手く使いこなし、学習に集中できるようになります。

 タブレットを使ったクラスルームの学習

タイピング。クリック。学習。

ChromebookとiPadは、学習への重要な入り口を今日の生徒に提供します。これらのデバイスをさらにパワフルにするツールを生徒が使うことで、生徒は成功への準備ができます。

外付けキーボードによって、Chromebook画面が生徒にとって適切な高さと距離に配置され、目が保護されます。

Rugged Combo 3はiPadを保護すると共に、生徒に実際のキーボードを提供し、教材用に画面を広く使うことができます。また、物理的なキーボードを使って簡単にタイピングができるようになります。さらに汎用性を高め、選択肢を増やすために、Rugged Combo 3 Touchは高精度トラックパッドも提供します。 

Crayonを使って、生徒はiPad上で自然にライティングやドローイングができ、学習体験における柔軟性が高まります。

 

ツール:

図書館で、ノートパソコンと外付けウェブカメラを使って仮想ミーティングに接続する生徒

クラスルームを拡大する

機会

ラボ、図書館など

生徒は校内の様々な場所で時間を費やしますが、多くの場合学校の外でも他の生徒とつながる必要があります - 仮想校外学習から、ハイブリッド学習環境の仲間まで。

外の世界を中にもたらす

仮想校外学習から、パーソナライズされた学習アプリまで、外の世界をクラスルームにもたらす機会を生徒に与えましょう。

楽しみの価値

Esportsリーグは、学校と自宅にいる生徒につながるチャンスを提供します。これによって、健康な社会的関係を構築し、現実の世界での重要な問題解決スキルを学習することができます。

図書館でヘッドセットとタブレットを使って学習する生徒

すべての教室で学習

音楽ラボ、コンピュータラボ、図書館またはその他の場所であっても、生徒が効率的に作業して、学習体験を最大化できるように設備を整えてください。

ヘッドセットによって、仲間と教室にいても、生徒は独自の世界に没頭して、集中と理解力を高めることができます。

マウスとキーボードはクリーニングが簡単なので、生徒は、学校の図書館などの場所で機器を安全に共有できます。

外付けウェブカメラによって生徒はカメラを柔軟に移動させて、教師や仲間に様々なものを見せることができます。

 

ツール:

タブレットを使って実践的ワークショップに参加する生徒

クラスルームを広げる

生徒は、別の国からクラスルームを体験し、別のタイムゾーンにいる専門家の話を聞くこともできます。仮想校外学習や仮想授業は、学習体験に奥行きと多様性を提供することができます。 

教室のビデオ会議カメラによって、クラスルーム全体で冒険に乗り出すことができます。

個々のウェブカメラとヘッドセットによって生徒は新しい世界を独自に体験し、学習した内容を後で仲間と共有することができます。

 

ツール:

コンピューター室でヘッドセットを使う生徒

楽しみを通して学習する

ゲーミングの人気が高まるなか、Esportリーグは、生徒が学校への帰属感を持ちながら、お互いにつながるための多数の方法を提供しています。また、ゲーミングによって生徒は、日々の生活に役立つ、重要な思考スキルを発展させることができます。 

Esportsラボ全体は、基本的なことで始まります - ヘッドセット、キーボード、マウスおよびゲームパッド。

 

ツール:

 

教師用

クラスルームの改善(教育者向け)

教師のセットアップを少し変えることで、指導と学習をまったく新しいレベルに進めることができます。つまり、授業計画の効率化、授業を動的にする、ミーティング、会議、および管理作業時間の生産性向上などです。

クラスルームでやり取りをする教師と生徒

クラスルームのマジック

機会

効率的な計画

教室または自宅で教材を準備するとしても、教師は、効率的に作業し、生徒を引き付け、刺激する授業内容を生み出すための適切なセットアップが必要です。

動的な進行

今日のクラスルームでは、教師は、アクティブなグループ対話と生徒と教師のコラボレーションを可能にしながら、生徒の注意をシームレスに導くことができる必要があります。

有意義な会話

保護者と教師間の会議からスタッフ会議まで、教師には、生徒生徒を助けることに焦点を当てた会話をサポートするソリューションが必要です。

ソリューション

ワイヤレストラックボールマウスとキーボードを使用するデスクトップ環境にいる教師

準備する

調査関連の資料から、授業の論理的流れの考案まで、教師は、授業時間の準備をする時は、解放されて効率的に作業をする必要があります。同時に教師には、内容を共有し提供するための、様々なタイプの資料を作成する柔軟性が必要です。

マウスをノートパソコンに追加することで、ドキュメントやウェブページをナビゲートする方法を選択でき、トラックパッドと比較して速度が30%、精度が50%高くなる場合があります(作業中のタスクによって異なります)。ロジクールの標準マウス4台と標準の内蔵トラックパッド2台を使用した、ロジクール エルゴノミックラボによる調査(23名の参加者、2019年10月に実施)。

外付けキーボードによって、教師はノートパソコンを目の高さに上げ、最低50cm離すことができるため、望ましくない目の疲れを防ぐことができます。

ストリーミングカメラマイクによって教師は録画されたコンテンツを作成して、メインのクラス資料を補足することができます。これはまた、授業を欠席した生徒や、(例えばテスト勉強をする時に)後で見直したい生徒に役立つ場合もあります。

 

ツール:

デジタルホワイトボードの前で示している教師

没頭する生徒

今日の学習は、教師が一人で話すのではなく、動的なグループでの対話が主流です。この場合クラスルームは、生徒と教師間のアクティブな会話や簡単なコラボレーションを促すようにセットアップする必要があります。

クラスルームに設置されたマイクはすべての声を拾い、伝えます。これによって全ての生徒が会話の重要な一部であると感じることができます。 

プレゼンテーションリモコンによって教師は、重要なポイントを強調し、一番重要なものに生徒の注意を引くことができるため、どの生徒も取り残されることがありません。

Crayonを使って、教師は教室中を歩き回り、各生徒のiPadに直接メモを書いて、リアルタイムのフィードバックを与えることができます。ペアリングは必要ありません!

 

ツール:

ツール

スマートフォンとノートパソコンに接続されたワイヤレスキーボードを使う生徒

目的を持った会議

定期的に予定された保護者と教師の面談、毎週のスタッフ会議、または特定の状況に対処するために必要な会議であっても、教師はリモートで会議をする必要がある場合があります - しかし、それが会話や結果の質を妨げることがあってはいけません。

ビデオ会議カメラは、直接対面している教員陣とスタッフを、リモートの人達とつなげます。これによって全員が効果的に貢献することができます。

パーソナルウェブカメラによって、様々な場所にいる教師が有意義な会話に参加することができ、必要に応じてカメラを柔軟に移動させて、生徒の作業内容を保護者や同僚と簡単に共有することができます。

 

ツール:

セールスへのお問い合わせ

お問い合わせいただきありがとうございます

担当者よりまもなくご連絡します。