クリーニングソリューション

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

機器は汚れるものです

以下は、貴重な機器を傷つけずに、安全で衛生的な学習空間を維持する方法です。

クリーニングテストを実施しました

生徒が推奨する各製品が、学校での3年間のクリーニングをシミュレーションするようにテストされました。これらはすべて合格しました。つまり、ロゴ、キーボードのキー、色、素材は無傷でした。

テスト方法

ハイテク機器を使って、溶液で濡らした布で350gの力をかけて、製品の様々な表面を拭きました。100回拭く度に製品の検査を施しました(1日5回のクリーニング x 1年間 x 20回の登校をシミュレーション)。

テスト対象

2,700回のクリーニング。これは、3年間保証を含めて、1日5回のクラスルームセッション、年間180日の登校(米国で最高)に相当します。また、365日、1日2回のクリーニング、および3年間保証が、2,200回のクリーニングに相当することも意味します。これは家庭用製品をしのぎます。

テストに使用したもの

一般的なクリーニング溶液に相当する、70%のイソプロピルアルコールと30%の水。その他のアルコールは損傷をもたらし、漂白剤はCDCによって推奨されていません。

基準

次の団体が設定する業界標準と推奨:米国繊維化学技術・染色技術協会(AATCC)、American American Society for Testing and Materials (ASTM)—、アメリカ疾病予防管理センター。

テストしたツール

マウスとキーボード

ヘッドフォン

iPadアクセサリー

正しくクリーニングを行う

現在では清潔さは重要ですが、間違った方法によってデバイスが損傷する場合があります。以下は、正しく行う方法です。

1

漂白剤は使用しないでください

濃縮または希釈されたものであっても、漂白剤は決して使用しないでください。Clorox CompanyやCDCは漂白剤を推奨していません。当社ではLysolまたはCloroxワイプを使ってテストを実施していませんが、これらには漂白剤は含まれていません。製品に目に見える汚れがある場合、まず刺激の少ない石鹸と水の溶液で拭き掃除を行ってください。

2

製品にスプレーをかけないでください

スプレーを使用する場合、布とワイプにスプレーします—製品に直接スプレーしないでください。決して製品を液体に浸さないでください。

3

液体が入らないようにしてください

製品は湿度とわずかな湿気に対するテストを実施されていますが、液体による重大な損傷のテストは実施されていません。キーボードのキー、ヘッドセットマイク、充電ポートなどの隙間に液体が入らないようにしてください。

4

ケーブルに注意してください

ケーブルやコードを拭く時は、コードの中ほどをつかみ、製品の方に引きます。製品やパソコンからケーブルを強く引かないでください。

クリーニングしましょう

以下は、損傷させずにロジクールヘッドセットをクリーニングする方法の概要です。

その他の教育ソリューション

ハイブリッド学習

ハイブリッド学習

成功するハイブリッド環境を育む。

教育用製品

自宅指導

成功する仮想環境を作り出す

教育用製品

教育用製品

インスピレーションを刺激し、可能性を広げる

セールスへのお問い合わせ

お問い合わせいただきありがとうございます

担当者よりまもなくご連絡します。