オフィスに戻った時—再適応する方法

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

(私たちの多くにとって)1年以上の在宅勤務後にオフィスに戻った時、作業とコラボレーションの方法はまったく変化しました。多くの場合、より良い方向に。例えば、一部の会議は、最初からずっと電子メールで済ますことができたことが分かりました。

今は、習慣と、習慣が私たちにとってどのような役割を果たすかを見直すための最適な時間です。自宅からタスクを遂行している間に、自分自身とルーティンから学んだことは何でしょうか?新たに得た習慣の内、作業をより良く、健康に、そしてより満足感が得られる場所にするために、何を維持すべきでしょうか?いくつかのポイントを見てみましょう。

専門家によるヒント:

「姿勢を定期的に変えることは、ホームオフィスから通常のオフィスにもたらすことができる良い習慣です。自宅では、固定されたワークステーションで作業しないかもしれません。もっと動き回り、スナックを取りにキッチンに行ったり、様々な椅子やテーブル間を行き来したりするかもしれません。一般的なルールは、1時間パソコンで作業をしたら、立ち上がって、5分間動いたりストレッチをしたりすることです」

Grace Szeto氏の顔写真

Grace Szeto氏、博士
Tung Wah College(香港)教授(理学療法)、Logi Ergoラボ諮問委員会メンバー

「A」ゲームはAリストのタスクで開始します

研究者達は、2013年と2020年に、知識労働者に関する調査を行い、働き方における大きな変化を発見しました。在宅勤務では、人々は本当に重要なタスクに集中することができ、これによって優先順位付けが簡単になることが分かりました。例えば、調査の参加者は、大きい会議に費やす時間が12%減り、顧客や外部パートナーとやり取りする時間が9%増加しました。新しい作業方法によって、人々は自分自身のスケジュールに責任を持つようにもなりました。自分の選択によって行う活動が50%増加し、誰かに頼まれて行う活動は半分に減りました。これは、維持すべき良い習慣であるようです。

ビデオ会議を行う女性

ハイブリッドを導入し、それをスムーズにする

多くの肯定的な在宅勤務の経験によって、ますます多くの雇用者が、従来のオフィス出勤日と在宅勤務の日を組み合わせることを検討するようになっています。この新しいタイプのハイブリッド作業によって、多くの従業員は両方の長所を生かすことができます。しかし、ハイブリッドワークのアプローチを機能させるには、通常のオフィスとホームオフィス間のスムーズなインターフェースを作る必要があります。このため、特定のニーズを念頭に置いて両方のセットアップを構築するようにしましょう。目標:2つのオフィス、同じレベルの快適性。

エルゴノミック デスク セットアップ

自宅をオフィスのようにしましたか?オフィスを自宅のように居心地よくしましょう

1年以上もの間個人の空間で作業をするようになった現在、オフィスをもう少し自分達で工夫してみませんか?研究によると、植物を取り入れることで、チームはより幸福になるだけでなく、生産性が15%高くなります。ハイブリッドワーカーおよび/または混合したチームに直面して、多くの組織はスペースの再設計を行っています。今は、できる限り野心的に考える時です—初期の気まずさを克服するための楽しいゲームの導入から、作業空間のデザインアイデアの提案まで。これらによって私たちは、より快適に作業でき、結果的により生産的に作業ができるようなります。

理論はもう十分でしょう—仕事に戻る時です。通常のオフィスまたはハイブリッドのホームオフィスのセットアップであるとしても、在宅勤務を機能させた時に得た健康で生産的な習慣をすべて具体化する作業空間を作りましょう。こうした習慣は普及しているかもしれません。

健康に関するその他のヒント

健康なコンピューティングを探索