Logi Ergoラボ - エルゴノミックキーボード & マウスのデザイン

Pangea temporary hotfixes here

それは、探求する心。

Logi Ergo ラボは、人間を中心として、人々の仕事を快適にするために役立つツールを設計、開発、および再発明するための、科学主導のアプローチです。私たちのたゆまない使命は、実績のある人間工学を通して、仕事の未来をより人に優しいものにすることです。

嬉しくない事実

15%
の米国のパソコンユーザーが、指、手首、前腕、手、肩、または肘に毎日痛みまたは不快感を持っています出典:ロジクール独自研究(対象者:500人、米国、2019年)

ステージ1

当社は人々の生体構造を理解しています

これはすべて、人間の身体の理解から始まり、仕事のストレス、緊張、体調不良に関わります。当社では、すべての性別、形状、および身長の人々を調査して、包括的なエルゴノミックソリューションを生み出します。

虫眼鏡を持つ人に伸びる5つの手のイラスト

ステージ1

当社は人々の生体構造を理解しています

これはすべて、人間の身体の理解から始まり、仕事のストレス、緊張、体調不良に関わります。当社では、すべての性別、形状、および身長の人々を調査して、包括的なエルゴノミックソリューションを生み出します。

虫眼鏡を持つ人に伸びる5つの手のイラスト

嬉しくない事実

15%
の米国のパソコンユーザーが、指、手首、前腕、手、肩、または肘に毎日痛みまたは不快感を持っています出典:ロジクール独自研究(対象者:500人、米国、2019年)

ステージ1

当社は人々の生体構造を理解しています

これはすべて、人間の身体の理解から始まり、仕事のストレス、緊張、体調不良に関わります。当社では、すべての性別、形状、および身長の人々を調査して、包括的なエルゴノミックソリューションを生み出します。

虫眼鏡を持つ人に伸びる5つの手のイラスト

嬉しくない事実

15%
の米国のパソコンユーザーが、指、手首、前腕、手、肩、または肘に毎日痛みまたは不快感を持っています出典:ロジクール独自研究(対象者:500人、米国、2019年)

ご存じでしたか?

当社のすべてのマウスはまず手で成型され、多数のプロトタイプが作成されます。つまり、多くの場合当社のデザインは、有機的で自然な形状になります。

ステージ2

人間のからだのための設計

生体構造を把握すると、当社のデザインチームは、人間からインスピレーションを得た形状を作る作業に取り掛かります – 快適性を促進する形状とソフトな質感を探求します。

キーボードのキーキャップを押す指のイラスト

ステージ2

人間のからだのための設計

生体構造を把握すると、当社のデザインチームは、人間からインスピレーションを得た形状を作る作業に取り掛かります – 快適性を促進する形状とソフトな質感を探求します。

キーボードのキーキャップを押す指のイラスト

ご存じでしたか?

当社のすべてのマウスはまず手で成型され、多数のプロトタイプが作成されます。つまり、多くの場合当社のデザインは、有機的で自然な形状になります。

ステージ2

人間のからだのための設計

生体構造を把握すると、当社のデザインチームは、人間からインスピレーションを得た形状を作る作業に取り掛かります – 快適性を促進する形状とソフトな質感を探求します。

キーボードのキーキャップを押す指のイラスト

ご存じでしたか?

当社のすべてのマウスはまず手で成型され、多数のプロトタイプが作成されます。つまり、多くの場合当社のデザインは、有機的で自然な形状になります。

テストのタイプ

筋活動:マウスの使用時、またはタイピング時に使用される6種類の主要な筋肉の筋肉収縮を測定します。

身体の姿勢:首、腕、および手の主要領域に配置されたセンサーを使って、様々な体節の相対位置を測定します。

ステージ3

一部のテストには脳も関与します

あらゆるタイプの人々を筋肉、姿勢、および圧力を測定するセンサーにつなぎ、様々なプロトタイプを使って動かします。それから、それまでに収集したすべてのデータ、グラフ、および画像を研究し、それをデザイン チームに提供します。

ステージ3

一部のテストには脳も関与します

あらゆるタイプの人々を筋肉、姿勢、および圧力を測定するセンサーにつなぎ、様々なプロトタイプを使って動かします。それから、それまでに収集したすべてのデータ、グラフ、および画像を研究し、それをデザイン チームに提供します。

ergoという言葉に囲まれた人のアニメーション

テストのタイプ

筋活動:マウスの使用時、またはタイピング時に使用される6種類の主要な筋肉の筋肉収縮を測定します。

身体の姿勢:首、腕、および手の主要領域に配置されたセンサーを使って、様々な体節の相対位置を測定します。

ステージ3

一部のテストには脳も関与します

あらゆるタイプの人々を筋肉、姿勢、および圧力を測定するセンサーにつなぎ、様々なプロトタイプを使って動かします。それから、それまでに収集したすべてのデータ、グラフ、および画像を研究し、それをデザイン チームに提供します。

ergoという言葉に囲まれた人のアニメーション

テストのタイプ

筋活動:マウスの使用時、またはタイピング時に使用される6種類の主要な筋肉の筋肉収縮を測定します。

身体の姿勢:首、腕、および手の主要領域に配置されたセンサーを使って、様々な体節の相対位置を測定します。

事実

ヘビーパソコン ユーザーは

300万回
キーストロークを実行し

マウスを1年に最大

27km(17マイル)
動かします

ステージ4

ピクセルごとにパフォーマンスを測定

手が込んだパフォーマンステストをすべて実施します。そして人々が快適性を感じるのを確認しながら、ほんのわずかなパフォーマンスも妥協しません。

青いマウスのスクロールホイールを動かす人のイラスト

ステージ4

ピクセルごとにパフォーマンスを測定

手が込んだパフォーマンステストをすべて実施します。そして人々が快適性を感じるのを確認しながら、ほんのわずかなパフォーマンスも妥協しません。

青いマウスのスクロールホイールを動かす人のイラスト

事実

ヘビーパソコン ユーザーは

300万回
キーストロークを実行し

マウスを1年に最大

27km(17マイル)
動かします

ステージ4

ピクセルごとにパフォーマンスを測定

手が込んだパフォーマンステストをすべて実施します。そして人々が快適性を感じるのを確認しながら、ほんのわずかなパフォーマンスも妥協しません。

青いマウスのスクロールホイールを動かす人のイラスト

事実

ヘビーパソコン ユーザーは

300万回
キーストロークを実行し

マウスを1年に最大

27km(17マイル)
動かします