疲労を避けるためのオフィスでの人間工学のヒント

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

健康に関するヒント1

適度に、立ち上がって、動き回りましょう。

1日8時間同じ位置で座っていると、身体的と心理的な害があります。休憩を適度に取る – 外出してウォーキングをしましょう – 身体の疲れが癒されるだけでなく、デスクにいる時に、実際により生産的かつ創造的になることもできます。

健康に関するヒント2

1日数回位置を変える。

通常のデスクをスタンディングデスクに変えることは、万能薬ではありません。1日8時間立っていることは、同じ時間座っているよりも必ずしも良い訳ではありません。パソコンに前かがみになることも、健康なオプションではありません。このため、アクティビティに合わせて位置を変えます:例えば、通話時は立つなどです。また、調節可能なデスク/スタンディングデスクがある場合、1日を通して位置を調節することができます – これによって、本当に有益な方法で重心を変えることができます。

健康に関するヒント3

タスク作業中は、電子メールを見ない。

スマートフォンから通知音が鳴ったり、電子メールが受信トレイにたまっていたりすると、手元にあるタスクに集中することが難しくなります。時間ブロック手法は、生産性と満足感を大きく高めることができます。短い時間ブロックを特定のタスク(レポート作成など)用に取っておきます – その時間が終わるまで、スマートフォンをオフにして、電子メールウィンドウを閉じます。

健康に関するヒント4

作業環境をより身体にやさしいものにする。

椅子に座り、画面を見て、マウスとキーボードを配置する方法はすべて、セットアップがよりエルゴノミック(身体にやさしい環境)になるように調整することができます。これによって作業空間がより健康的になるだけでなく、生産性の維持にも役立ちます。

健康に関するヒント5

仕事は、持ち帰らない。

今日のつながった世界では、仕事を自宅に持って帰ることは簡単です。そうしてはいけません。夜間も週末も仕事に絶えずつながっていると、心理的な健康に深刻な影響を及ぼし、燃え尽き症候群につながることもあります。このため、個人用のスマートフォンから仕事の電子メールを削除し、ノートパソコンをオフィスに置いておきましょう。家族や友人はそれに感謝するでしょう。

健康に関するその他のヒント