スクリーンタイムの推奨 & 制限

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

スクリーンタイムの管理は、在宅勤務や在宅通学の環境において最も難しいことの1つです。また、子供がスクリーンを見る量を管理することは非常に重要ですが、自分自身のスクリーンタイムを制限することも同様に重要です – 在宅勤務であっても。

以下のグラフは、年齢と使用するデバイスによる、総スクリーンタイムの提案を示しています。12歳の子供がデスクトップパソコンのみを使用する場合、1日に最長2時間使用することができますが、これは、他のすべてのスクリーン(TVなど)を禁止する場合に限ります。ノートパソコンのみを使用する場合、1日の上限は40分です(つまり3分の1)。スマートフォンのみを使用する場合、上限は20分です(つまり6分の1)。

年齢とデバイス別に、推奨される総スクリーン時間を示す線グラフ

同じ論理が休憩時間にも当てはまります。以下に示すように、画面が小さいほど、より頻繁に休憩を取る必要があります。

年齢とデバイス別に、休憩と休憩の間の、推奨の最大スクリーンタイムを示す線グラフ

健康に関するその他のヒント