ロジクールCollabOS | ビデオコラボレーション用オペレーティングシステム

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

ハイブリッドチームのビデオコラボレーションを強化

CollabOSは、一般的なビデオ会議サービスやスケジューリングサービスと統合されており、ロジクールのビデオコラボレーションデバイスで動作する統合型オペレーションシステムです。CollabOSを使用することで、これらのデバイスがシームレスに連携し、継続的に改善され、導入と管理がこれまで以上に容易になり、高品質で公平な会議体験をすべての人に提供できるようになります。

主要なプラットフォームに対応

ビデオ会議

CollabOSアプライアンス上で、Rally BarRally Bar MiniRoomMateなどのお好みのビデオ会議サービスを直接実行します。PCは必要ありません。

ビデオ会議サービスに関する認定や互換性に関する最新情報については、こちらをクリックしてください。

会議室スケジューリング

ハイブリッドワーカーがオフィスにいる際、簡単に会議室を見つけて予約できるようにします。Tap SchedulerはCollabOSを実行し、主要な会議室スケジューリングソフトウェアとシームレスに連携します。

会議室スケジューリングソリューションに関する認定や互換性に関する最新情報については、こちらをクリックしてください。

オーディオシステム

厳選されたパートナーの検証済みオーディオシステムを使用します。サポートされている会議用カメラや会議室ソリューションの周辺機器に対応したCollabOSアプライアンスであるRoomMateなら、選択肢が広がります。

ビデオ会議サービスに関する認定や互換性に関する最新情報については、こちらをクリックしてください。

biampロゴ
QSCロゴ
Shureロゴ

大規模での管理

Syncとのネイティブな統合により、CollabOSを搭載した会議室ソリューションとデバイスを大規模に管理できるようになります。会議室の状態をリモートで監視し、デバイスを更新し、設定を変更します。また、Sync Insightsにより、会議スペースがどのように利用されているかを時系列で確認できます。

エンタープライズグレードのセキュリティ

CollabOSには、業界をリードするセキュリティテクノロジーが組み込まれており、デバイスとデータを保護します。

アプリケーションのサンドボックス化

デバイスの整合性

ハードウェアレベルの暗号化

ファイアウォールのブロック

トランスポートレイヤーのセキュリティ

その他の機能

継続的な改善

CollabOSはソフトウェア更新を定期的に受け取るため、デバイスやビデオ会議アプリケーションは常に安全で最新の状態に保たれますのでご安心ください。

BYODモード

従業員は、会議室の指定されたビデオプラットフォーム以外のサービスで会議を開始したり、会議に参加したり、柔軟に選択できます。 

オンデバイス設定

デバイスの画面や接続されたディスプレイで直接設定にアクセスします。CollabOSを使用すれば簡単に設定や制御ができます。

周辺機器管理

Scribeやマイクポッドなど、サポートされているUSB周辺機器をCollabOSアプライアンスと一緒に導入することで、より多くの機能を追加できます。

省エネ

省電力モードは、使用していないときにデバイスやディスプレイをスリープ状態にし、コラボレーションスペースの電力消費を削減します。

CollabOS製品の詳細

ロジクールRally BarとRally Bar Mini

一体型ビデオバー
パワーとシンプルさの融合

一体型デザインによる、映画のような高品質な映像と鮮明でクリアなオーディオで会議を変革します。Microsoft Teams Rooms on AndroidやZoom Roomsなどのビデオ会議サービスをアプライアンス上で直接実行できます。また、ほとんどすべてのPCやMacでビデオバーをプラグアンドプレイできます。

ロジクールRoommate

ROOMMATE
あらゆる場所で利用できるアプライアンス

Rally BarやRally Bar Miniでビデオ会議サービスを直接実行できる手軽さを、MeetUpやモジュール式のRallyシステムなど対応する会議用カメラを使用する会議スペースで単体のアプライアンスとしても利用できます。さらに、RoomMateはサポートされているベンダーのオーディオシステムにも対応しています。

ロジクール Tap IPとTap Schedular

TAP IPとTAP SCHEDULER
一貫性のあるコントロール

Tap IPとは、ネットワークに接続されたタッチコントローラーで、PoE接続によりワンタッチで会議に参加できるようになります。専用のスケジューリングパネルであるTap Schedulerは、離れた場所からでも会議室の空き状況を確認でき、会議の詳細をその場で表示できます。この2つを会議室に設置することで、すべての会議室で一貫性のあるエクスペリエンスを実現します。

ロジクール会議室ソリューション製品

会議室ソリューション
あらゆる会議室向けソリューション

CollabOSを搭載したビデオ会議システムは、どのようなサイズやレイアウトの会議室にもすぐに導入できます。会議室ソリューションには、ビデオ、オーディオ、会議室での一元的なコントロールが含まれており、好みのビデオ会議サービスに合わせてすぐに導入できます。

セールスへのお問い合わせ

お問い合わせいただきありがとうございます

最新情報をいち早く手に入れよう

Sync、CollabOS、Logi Tuneなど、ロジクールのビデオコラボレーションソフトウェアの最新機能や更新にいち早くアクセスできます。

サポート

COLLABOSリリースノート

最新の機能、更新、改善点などの詳細についてご確認いただけます。

サポートへのお問い合わせ

質問がある場合弊社の専門トレーニングを受けた担当者がサポートいたします