ホワイトペーパー組織がサステナビリティ目標を達成する方法 |ロジクール

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
持続可能なパソコンアクセサリーを使用している人

「組織は、グリーンITの原則に沿った、バリューチェーン内のステークホルダーの協力的なエコシステムを育むことで、グリーンITとソフトウェアのプラスの影響を実現できます。」 –Ernst & Young

気候変動や政府の対応に対する国民の不満が高まる中、民間企業は、持続可能性と環境の問題を主導する機会を捉えています。これは、このようなトピックに関してますます発言力を高めている顧客や株主に対応するためでもあります。

顧客は、自分が購入する企業が持続可能なビジネス慣行を実践しているかどうかを知りたいと思います。株主は、企業のESG方針と記録を精査しています。結果として、ロジクールのような多くの大企業は現在、環境、社会、およびガバナンスの目標をサポートするための取り組みに関する 詳細なレポート を発行しています。そして、ITを含めたビジネスのすべての領域がこれらの目標に貢献することが期待されています。

サステナブルITは、「グリーンIT」とも呼ばれ、「ITがESG目標を達成するために組織全体を支援するために行う取り組み」を表す新しい概念です。サステナブルITの推進者は、ITが組織の環境への影響の一因であると同時に、その負荷を軽減するための重要なパートナーであると認識しています。

一方でITは、組織がプロセスを自動化およびデジタル化して、エネルギー消費と天然資源の使用を削減すことができます。しかし、これらの運用効率は氷山の一角にすぎません。多くの企業にとって、環境への影響の最大の原因は内部のオペレーションではなく、サプライチェーンなのです。

このことを念頭に置くと、IT部門が企業の環境への負荷を軽減するための大きなチャンスは、IT部門自身の調達の決定によってもたらされる可能性があります。企業の環境保護を実現する最速の方法は、すでに環境保護を実施している企業から購入することである」と言われています。ITリーダーにとってこれは、ベンダーとサプライチェーンの貢献度を調査し、それらのインプットを最小限に抑えるための戦略を策定することを意味します。

持続可能なITを実現するために、スコープ3排出量に注目する

組織がサステナビリティと環境への影響に目を向ける場合、多くの場合、カーボン会計、つまりカーボンフットプリントを通して確認します。カーボン会計は、組織が排出する温室効果ガスの量を測定および追跡するための手法のフレームワークです。

この温室効果ガスの排出は、3つのタイプに分類されます。スコープ1 排出量。組織の施設からの直接排出量をカバーします スコープ2組織が購入した電気からの排出量をカバーします。 スコープ3サプライヤーまたはベンダーからの間接排出を含む、その他の間接排出を対象とします。

IT部門にとって、スコープ3の排出は、サステナビリティの主要な焦点となるはずです。ベンダーに、自社のカーボンフットプリントとサプライヤーから の 貢献の両方を含めた、環境への影響を測定し、その透明性を報告するよう求めることで、ITリーダーは、ビジネスのサステナビリティ目標をサポートするために戦略的に購買を行うことができます。

サステナブルなITを実現するためのアクションプラン

確かに、より持続可能なIT組織を達成することは簡単なことではありません。これには相当な努力と長期的なコミットメントが必要です。それにもかかわらず、すべての旅は、正しい方向へのステップから始まります。

ステップ1自分が組織として与えている影響力を今すぐ理解しましょう。ベースラインを作成し、その後数年間にこのベースラインを測定して、購買の決定によってカーボンフットプリントが削減されているかどうかを確認できます。ベースラインを作成し、その後数年間はこれを基準にして、購入の決定がカーボンフットプリントを削減しているかどうかを確認できます。

ステップ2購買を決定するための一連の要件やガイドラインをまとめます。ベンダーの評価と選択を通して、スコープ3排出量を削減する機会を優先します。

ステップ3ベンダーがESGとサステナビリティの実践と記録を開示することを要求するRFPの基準を含めます。ベンダーを評価する際の基準には次のようなものがあります。

  • 正式なコミットメント

  • 製品ライフサイクルに及ぶサステナビリティの取り組み

  • 環境・社会に配慮した取り組み

  • 有意義な影響の実績

  • 第三者による評価

前北植林プロジェクト

ロジクールは、新しい二酸化炭素吸収源の構築をサポートするために、二酸化炭素除去プロジェクト、つまり中国のQianbei植林プロジェクトに投資しています。

ロジクールのサステナビリティへのコミットメント

ロジクールでは、平等と環境は基本的な価値であり、それらをすべての活動の中心に据えることを確実にするために大きな努力を重ねてきました。当社の究極の目的は、人間の能力を拡張し、すべての人々が人々と地球にとって良い方法で情熱を追求できるような製品を開発することです。当社の最終的な目的は、人間の能力を拡張し、すべての人々が人々と地球にとって良い方法で情熱を追求するのを支援する製品を作ることです。

当社の野心は、2030年までに「クライメートポジティブ」になること、つまり、排出量を超える炭素を除去することです。しかし、当社は誓約を超えて、実際に交渉を進行中です。

ロジクールの最新の年次サステナビリティレポート FY23インパクトレポートは、同社にとって15回目の報告年になります。FY23インパクトレポートは、当社の影響と進捗状況の測定と理解への当社の拡大したコミットメントとアプローチを意図的に反映しています。透明性が極めて重要です。

「クライメート・ポジティブに向けた当社の長期的な行程の一部として、当社の第15次インパクトレポートは、バリューチェーンパートナーを含む当社のチームが、どのようにライフサイクル炭素削減において有意義な進歩を遂げているかを示しています」と、ロジクールの最高執行責任者のPrakash Arunkundrumは述べています。「やるべきことはたくさんありますが、私たちが望む未来は実現可能であり、前進する道は明らかです。」

デザイン主導の企業として、当社は、環境への影響を軽減し、社会的影響を強化するための最大の機会は、製品に関する重要な決定が行われる設計プロセスの早期に発生することを認識しています。実際、材料、コンポーネント、および製品の調達と製造は、当社が受ける影響全体の50%以上を占めています。そこで当社は、製品開発プロセスをサステナビリティDfSに合わせて再考しました。

サステナビリティのためのデザインとは、当社がすべてのデザイン決定の一部としてサステナビリティを考慮することを意味します。これは思いつきではありません。社内の設計チームとエンジニアリングチームは、影響を「設計アウト」することができます。当社は、低カーボンインパクトと高いリサイクル可能性を考慮して、製品と設計の完全なライフサイクルを考慮します。

ロジクールのサステナビリティグローバルオペレーション責任者であるRobert O'Mahony氏は次のように述べています。彼は、気候、生物多様性、社会など、影響の全範囲を確実に説明するために、知識と能力を広げ続けていると述べています。

FY23インパクトレポートに記載された成果には以下のものがあります。

  • 製品ポートフォリオ全体およびバリューチェーン全体においてカーボンニュートラル認証を取得し、2030年までに前向きな環境を創出するために進行中です。

  • 当社の炭素削減、再生可能電気、および外部指標の目標を超えました
  • 2019年以来、スコープ1とスコープ2排出量を56%以上削減し、炭素強度を74%軽減
  • 2021年以来、スコープ3バリューチェーン排出量を21%以上削減
  • 現在、3分の2近くの製品2:3で再生プラスチックが使用され、ポートフォリオ全体でカーボンと環境への影響を軽減しています

  • 新製品の50%以上がFSC™認定パッケージを使用し、全ロジクール製品の11%がFSC™認定パッケージを使用

  • 2022年に出荷されたロジクール製品の42%に製品カーボンフットプリント ラベルが付いていたのに対し、2021年は17%でした。現在順調に進んでおり、2025年までに製品の100%にカーボンインパクトのラベルを付ける予定です。

  • 世界中のロジクール施設は、94%再生可能エネルギーで電力を供給されています

サステナブルデザインの原則に関するインフォグラフィック

ロジクールでは、製品開発チームが、当社のサステナブルなデザイン原則に従っています。

当社は毎年、これらの目標と達成のすべてを、できる限り透明性を維持して報告します。詳細な FY23インパクトレポートに記載されている当社のコミットメントをぜひご確認ください。ロジクールと協力して、会社または組織のために持続可能なITを実現するのを支援することをお勧めします。

2. 「持続可能なサプライチェーンはどのようにネット・ゼロエミッションを実現できるか」Accenture、2022年1月。

https://www.accenture.com/us-en/insights/supply-chain-operations/supply-chains-key-unlocking-net-Zero-eitations

3.Interface, Inc.の前CEO、Ray Anderson氏による

https://www.epa.gov/sites/default/files/2021-01/ドキュメント/調達_508.pdf

 

こちらもご覧ください

ロジクールScribe製品画像
インサイト

ロジクール Scribeでホワイトボードを使ったコラボレーションを実現

ホワイトボードは多くの人々に愛用されています。それにもかかわらず、ビデオ会議で使用されていないのはなぜでしょうか。本ホワイトペーパーでは、ロジクール Scribeでバーチャル会議にホワイトボードを取り入れ、コラボレーションに活用する方法をご紹介します。
ビデオ会議に参加しているチーム
導入事例

導入事例:BIP

BIP社は新しいミラノオフィスで、ロジクール TapとRally Plus製品を採用してMicrosoft Teams Roomsを実装し、ハイブリッドワーク体験を強化するビデオコラボレーション システムを構築しました。
ビデオ会議に参加している4人のイラスト
インサイト

従業員のオンライン コラボレーションを最適化する8つの方法

全従業員のコラボレーション体験を最適化して、Microsoft Teams、Zoom、Google Meetなどのビデオ会議サービスにおけるROIを高めましょう。その方法を解説します。
患者と相談するビデオに映る医師
インサイト

特許と臨床医の体験に関するビデオの影響

この記事では、患者と医療従事者が現在の遠隔医療の体験についてどう思っているかを紹介します。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始