ホワイトペーパーSightを使ってハイブリッド会議を修正

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ロジクールのビデオ会議機器を使った会議室

一般的な中大会議室の構成を考えてみましょう。ディスプレイ、カメラ、およびスピーカーはすべてテーブルの端に配置され、リモート参加者のために会議室全体をキャプチャします。しかし、これは最適でしょうか?

これは、リモート参加者向けではありません。大規模な会議にリモートで参加する場合、このような状態になります。すべての人の声を平等に聞くことができない。テーブルの端にいる人が見えにくい。室内の一部の人々は、隣に座っている人によってブロックされている可能性があります。マイクは声を常に均等にキャプチャする訳ではなく、またカメラから離れた場所に座っている人の画質はとりわけ差が生じることがあります。全員の声と姿がはっきりと見えないために、ディスカッションから疎外されているように感じ、参加するのが難しいかもしれません。これは、リモートで働く従業員にとって一般的なことです。

明らかに、変化が必要です。

会議中に作動するビデオの自動フレーミング

会議参加者がブロックされる例

ハイブリッド会議は単純に公平なわけではありません。

リモートワーカーは、オフィス内の従業員と比較して不利な立場にあり、これらの問題は、インクルーシブネスと生産性に測定可能な影響を与えます。フロスト&サリバンによると、IT部門の意思決定者の26%が、リモートワーク時にエンドユーザーが直面する主な課題に、「公平な会議の欠如」を挙げています。1また、Microsoftの2022 Work Trends Index によると、リモートで働く従業員の43%とハイブリッドで働く従業員の44%が会議中に一体感を感じていないと報告しています。同社の2022 Work Trends Indexによると、非効率的なオンライン会議が生産性を妨げる最大の要因であることが分かりました。

会議の公平性に関する懸念に対処するために、多くの参加者が、オーディオ、ビデオ、マイクが統合されたロジクールRally BarやRally Bar MiniなどのAI機能に加え、RightSight 2自動フレーミングテクノロジー、Grid View、Speaker Viewなどを利用していました。 、グループビューを使用して、会議室フィードを表示する方法をより詳細にコントロールすることができます。 

しかし、Rally Barソリューションの機能を拡張して、リモートユーザーが会議室にいて、会話の中心にいるかのように感じることができるとしたらどうでしょうか?

ロジクールSightのご紹介不公平な会議を解消するAI駆動のソリューション

ロジクール Sightは、Rally BarまたはRally Bar Miniと連携するAI搭載の卓上型カメラで、会議室内の各参加者をキャプチャし、会議室内を移動する参加者との会話を追跡します。Sightは、リモートユーザーに、これまで見られなかった視点を提供します。つまり、各会議室内の参加者が、実際にその場にいるかのように表示されます。これは、従来の会議室前面のビューを補完するもので、参加者は会議室内で発生していることをすべて確認することができます。

Sightは、リモートワーカーがオフィス内の従業員と対面で話すことで、会議室前面のカメラとマイクのソリューションでは実現できない、没入型のハイブリッド会議体験を実現します。Sightによって、こうしたリモートからの参加者は会議室内の活動に集中できるため、会議室内の動きをより詳細に理解することができます。このように視覚によって、リモートユーザーは、会議の微妙なニュアンスを理解することができます。例えば、ボディランゲージや、室内にいる各人の身体的な合図です。ディスカッションの最中にリモートユーザーが参加しているのです。

2台の4Kカメラと7本のビームフォーミング マイクを装備するSightは、最大4人のアクティブ スピーカーを提示し、室内の各参加者の音声を均等にキャプチャすることができます。会議室に5人以上いる場合、会話に貢献しているスピーカーの代わりに、動的かつシームレスにSightが登場します。 

CollabOSの今後のリリースでは、SightはRally BarやRally Bar Miniと連携してカメラフィードをインテリジェントに切り替え、常に正面を向いた画像をリモートの参加者に提供する予定です。

会議中に作動するビデオの自動フレーミング

Smart Switchingは今後のソフトウェア更新により利用可能になる予定です。

ITチームにとってのSightの価値

IT部門は、組織のビデオ会議機能の拡張がますます大きな任務になっています。そのため、導入、管理、および使用が簡単なソリューションは、組織とエンドユーザーに多大な価値を提供する必要があります。言うまでもなく、IT部門は、ハイブリッド会議の大きな課題であるリモートワーカーの関与を維持し、会議の生産性が高まるという問題を解決できれば、組織のエンドユーザーにとって大きな勝利を得られます。Sightはこれらすべての要件を満たします。

設置は簡単です。Sight に必要なのは2本のCATケーブルだけです。1本はPoE+ポートまたはPoEインジェクター電源に接続し、もう1本はドングルを使ってRally BarまたはRally Bar Miniに接続します。

ロジクールSightの詳細をご覧ください。

会議室のテーブル上に簡単に配置できるテーブルマウント、テーブルに穴を開ける場合はグロメットマウント、または独立した三脚マウントから選択して設置後、すぐにすべての主要なビデオ会議プラットフォームでSightを使用できますBYODセットアップに最適です。

ITは、Syncを使用してすべてのSightデバイス当社のデバイス管理ソフトウェアを監視し、ソフトウェアの更新を配信し、機器に問題が発生した時に通知を受けることもできます。 このAI搭載の卓上ビデオ会議ソリューションをRally BarまたはRally Bar Miniと共に導入することで、オフィス内のチームとリモートのチーム間のギャップを埋め、全員がインクルーシブで魅力的な会議を体験できます。特に、公平で効率的な会議が、企業のカルチャーと生産性にとって最重要である現在、SightのAIを活用した機能は、現代の職場に不可欠なものとなっています。

ロジクールSightの詳細をご覧ください。

1.フロスト&サリバン、IT部門の意思決定者を対象とした投資優先度に関する年次調査、2022年1月

こちらもご覧ください

ビデオ画面内で農業機械を検査する2人の男性
インサイト

PT.Tanikaya Multi Sarana

Tanikaya社は、ロジクール会議室ソリューションにより国内農業の推進を強化しています。こちらの導入事例と体験談ビデオで、その詳細をご確認ください。
ロジクールビデオ会議製品のグラフィック表現
インサイト

ITが会議の生産性を高めるための4つの方法

生産性のために最適化されたコラボレーションテクノロジーによって、ITがマインドフルな会議を促進する方法をご覧ください。
エルゴノミックの職場における義務
インサイト

人間工学に基づいた職場に対する雇用者の義務

エルゴノミックな職場を提供する際の雇用者の義務について、知る必要があるすべてのことを学んでください。従業員が最高の状態で機能し、健康を維持できるようにします。
職場での燃え尽き症候群を防ぐ
インサイト

劣悪なエルゴノミクスが燃え尽き症候群につながる仕組み

劣悪なエルゴノミクスによる燃え尽き症候群は、雇用者の生産性の低下につながります。この記事では、適切なエルゴノミクスを通して職場の燃え尽き症候群を防ぐ方法について説明します。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始