ホワイトペーパー柔軟なオフィスを構築している企業からの洞察

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ロジクール新しいオフィスのレンダリング

世界が回復してから、フルタイムではないにしても、より頻繁にオフィスに戻ることを望む 雇用主の数が増加 しています。一方、従業員は、柔軟なスケジュールとより良いワークライフバランスを強く望んでいます。この2つは共存できるのでしょうか雇用者が望むものと従業員が望むもののギャップを埋めることは可能でしょうか 

現在のハイブリッド環境を理解する必要がありました。そこで私たちは、Indeed のような大手企業の専門家に、彼らが行っていること、つまり成功するハイブリッド環境をセットアップするための「すべきこと」と「してはいけないこと」について洞察を得ました。

この記事では、実際の例に基づいて学んだ教訓を要約します。企業はハイブリッドワークにどのように取り組んでいますかどのような戦略が成功していることが証明されていますか

ビジネス目標を設定し、従業員の意見を取り入れます

次のような声があります。どのようなハイブリッド環境であっても、ビジネス目標をサポートする必要があります。従業員を幸せにする必要があるのはもちろんですが、目標を確実に達成するために、働く方法、時間、場所に関する構造も必要です。 

「今日の成功している企業は、優れた作業/コラボレーションの場を作ることで結果が得られることを認識する必要があります。それはオフィスでも、自宅でも、それとそれと両方を混ぜ合わせた場所でもです」と DIRTT、このマウスは、屋内空間に産業化された構造を提供します。「チームに適した環境を作り出すことは、結果を出すための鍵です」 

ビジネス目標と従業員が望んでいることのバランスを取るためには、オープンなコミュニケーションが必要です。優先度を設定するのはリーダーですが、組織のハイブリッド環境を定義するために、会話に従業員を含める必要があります。このコラボレーションは、従業員アンケートを通して全社規模で実現できます。あるいは、マネージャーと直属の部下が話し合い、全員にとって最適な方法を決定します。

 

カジュアルなグループ会議

しかし、何を行うにしても、従業員から情報を収集するだけで、従業員の意見が必要であるように見せかけてはいけません。実際に使う必要があります。 

保険、金融サービス、および人事コンサルティングの顧問会社である OneDigitalの人事コンサルティング実践リーダーであるJenni Bedelは次のように述べています。「従業員にフィードバックを求める最悪の事態は、どうにもうまくいきません」

データを収集しましょう。従業員の意見が必要ですが、リアルタイムの情報も必要です。従業員がオフィスに来社するタイミングと、従業員がよく集まる場所を確認します。どのオフィスと会議室が使用されているのか、いつ使用されているのか、およびその数別を確認します。このすべてのデータを使って、オフィススペースの設計や再設計を開始することができます。

人と人とのつながりを優先する、人の周囲の空間をデザインする

ここ数年で、人々の仕事に対する考え方が変化しました。私たちとオフィスの、お互いの、そして職場との関係は、優先順位の変化と共に進化し続け、また私たちは人のつながりの重要性を認識しています。

例えば、私たちは皆、在宅勤務には「ディープワーク」に集中できるなどのメリットがあることを、パンデミックの際に学びました。 しかし、在宅勤務には欠点もあります。社会的相互作用の欠如や、コラボレーションにおける摩擦の増加などです。一緒にいて、お互いからインスピレーションを得ることは極めて重要です。

私たちがオフィスに入ると、共同作業や社交の時間、および自分のプロジェクトに集中するための有意義な静かな時間を提供できるスペースが必要です。

雇用機会を探し、応募するためのリソースを人々に提供する会社であるIndeedでは、オフィスは人々が集まる場所ですが、その目的はさまざまです。セールスチームは直接対面で働き、より強力なメンタリング関係を育んでいます。ユーザー体験チームは、様々な調査やフォーカスグループに取り組んでおり、コロケーションの恩恵を受けています。また、ラテン系のテックイン テクノロジーグループや「保護者と介護者」イベントなど、従業員コミュニティの構築と維持を目的としてオンサイトで集まるイベントもあります。

オースティンtxの内部深いロビー

画像提供Indeed

「会議を行う場所は非常に多くなりました。この点がこの3年間の大きな変化です」と、Indeedのコラボレーションテクノロジーデザインマネージャー、Daniel Muraiderは言います。「これは大きな助けになります。はい、人々はリモートでそれを行いますが、オフィス内でもこれらのグループと一緒に集まるのが好きです。それは、障壁が取り除かれるためです。」

柔軟性を意識する

従業員がオフィスに入室したときの物理的なスペースは、グループで集まることも、個別に仕事をすることもできるようになっている必要があります。オフィスのデザインは、スペースを簡単に移動させることを考慮して、慎重に行う必要があります。 

この柔軟性はDIRTTの強みです。ビジネスは、企業向けのダイナミックなスペースを構築し、顧客と協力して顧客のニーズに対応する有用なオフィスを構築することです。 

「テクノロジーから始めて、その体験を軸に構築してください」と、DIRTTの統合テクノロジーの主題専門家であるAndy Nolloth氏は言います。「会議室内にいる人だけでなく、会議室の外にいる人たちの体験についても考えてみてください」

ダートオフィス

画像クレジットJames John Jetel氏 DIRTT提供

Nollothは、スペース利用を改善するための様々な提案をしています。照明、音響、マルチスクリーンセットアップ、モジュール式マイクを使用したオーディオなどを検討してください。そうすれば、会議中に全員の姿と声がクリアに表示されます。その日の会議室やスペースをリモートで予約できるテクノロジーを提供します。また、柔軟なスペースを構築しましょう。

パンデミック前、Indeedの会議室の多くは8人以上に対応していたと、IndeedのMuraid氏は語っています。しかし、直接対面で参加する人の数が減ったため、同社は会議室を再設計して、小規模のコラボレーションセッション用に23人が収容できるようにしました。また、スペースの柔軟性によって、素早くハドルで解決できる問題が発生した場合、チームはその場限りで素早く集まることができます。

従業員にハイブリッドワーク対応の機器を適切に支給する

調査によると、従業員に日々のスケジュールにおいて柔軟性を与えることで、生産性が向上し、組織文化が強化されます。Future Forumの Pulseレポート によると、柔軟なスケジュールを設定している企業では、集中力が高まり64%、全体的に生産性が高くなります39%。

柔軟性は確かにハイブリッドワークの利点の1つです。しかし、それには管理アプローチの転換以上のことが必要です。ハイブリッドワークを可能にするには、企業は、従業員がホームオフィス、オフィスの共有デスク、会議室などの環境を簡単に行き来できるテクノロジーに投資する必要があります。

なぜなら、従業員は、特に異なる場所にいてオンラインで会議をしている場合に、どこにいても、同僚と対等の立場でコラボレーションできる必要があるためです。当社ではこれを「公平な会議室」と呼んでおり、ハイブリッドワークには欠かせません。 

残念ながら、多くの従業員が会議に十分に参加できていないのが原因の1つとして、リモートからは適切な設備が整っていないことが挙げられます。ロジクール の最近の調査による と、リモートワーカーの85%以上が、オーディオとビデオに苦労していると回答しています。

DIRTTのような企業はこの問題を真剣に受け止め、解決に向けて尽力しています。「まだオフィスに戻ってくるのを嫌がっている人や、自宅での仕事の方が良いと感じている人もいます」とDIRTTのNolloth氏は言います。「彼らは物理的にオフィスにいるわけではありませんが、適切なテクノロジーがあれば、発言権を持つことができます」 彼は、企業は従業員が会話に参加していると感じるために必要なツールを支給することを勧めています。

従業員にハイブリッドワークを提供するリモートワーカー

ハイブリッドワークのメリットを享受

適切なテクノロジーを提供し、従業員のスケジュールに柔軟に対応することで、従業員の満足度と生産性を高めることができます。競争の激しいビジネス環境の中、これらの従業員はあなたの会社に留まる可能性が高くなります。 

「従業員が最高の仕事ができるように権限を与え、彼らに柔軟性を持たせる機会を与えた場合、それはオーナーシップの問題になります」と述べています。「当社は、必要なツールとスペースを提供してきましたが、より効率的に作業するために、他に何ができるでしょうか」

ハイブリッド環境に慣れるには時間がかかるかもしれませんが、慣れ親しんだ環境です。ここで検討することで、移行がスムーズになり、全体的な生産性と効率性が高まります。最終的に、ハイブリッドワークに適応する企業は、長期的に見てより成功することができます。従業員も同様です。

こちらもご覧ください

ビデオ会議 ミーティングスペース
導入事例

Prelios

Preliosはハイブリッドワークを導入するにあたり、ロジクールRallyキットとMeetUpを採用し、オフィスやリモートでの作業の効率と運用の継続性を確保しています
ビデオ会議室にいる人々
導入事例

ハイドロ タスマニア

オーストラリアの大手再生可能エネルギー企業が、ロジクールを使用してリモートコラボレーションを合理化
ビデオ会議に参加しているチーム
導入事例

導入事例:BIP

BIP社は新しいミラノオフィスで、ロジクール TapとRally Plus製品を採用してMicrosoft Teams Roomsを実装し、ハイブリッドワーク体験を強化するビデオコラボレーション システムを構築しました。
ホワイトボードカメラのある会議室
インサイト

最適なビデオ会議ソリューションの要件

ハイブリッドワークの時代において組織に最適なビデオ会議ソリューションを選定する際の要件をご紹介
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始