HIMSS21の重要なポイント5つ |ロジクールビジネス

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ビデオ診察を受けている患者のサムネイル上に表示されたHMMSS21ロゴ

HIMSS21では多くのトピックが話されましたが、中でもはっきりしていたテーマが1つありました。それは、COVID-19のパンデミックと慢性疾患がのまん延が収束することで、患者の関与と公衆衛生管理と公衆衛生イニシアティブを統一することがかつてないほど重要になったということです。

慢性疾患で生きながらえる患者、また若くして慢性疾患を抱える患者がおり、世界の医療システムはかつてないほどの緊張状態にあります。さらに、複数の慢性疾患を患っている患者の数も増えています。

会議では、これらの課題に対処するため、今やあらゆる人が医療提供ビジネスに関わっているという所感が出されました。医療従事者は、ケア管理においてより積極的な役割を果たすよう患者に求めています。それに対して、患者は医療従事者にそれを実現する使いやすく、オンデマンドな方法を求めています。

医療提供の形を根本的に作り直し、世界中の医療をより持続可能で公平にすることが目標です。

デジタルトランスフォーメーションの包括的な必要性からオンライン診療のような具体的なツールの採用まで、こうした問題を解決するために医療はどこに向かっているのかを示す、ロジクールのHIMSS21の見どころベストをここにご紹介します。

 

1.デジタルトランスフォーメーション

今日のようなテンポが速く複雑な世界で患者を最優先にするためには、医療システムをデジタル最優先にしなければならないことを、医療システム自体が自覚しています。患者の体験が良くなると、患者の関与のレベルも上がります。患者の関与の程度を高く設定することは、医療システムが現在直面している無数の課題に立ち向かうためにも極めて重要です。

デジタル最優先にするため、人、デバイス、データが組織全体を流動的に動くことができるよう、医療システムはその技術インフラストラクチャをますます統合し、単純化してします。

 

2.デジタルの玄関を開ける

医療ができる限りコンシューマーに優しくなることが、かつてないほど重要になっています。医療のコンシューマライゼーションが続く中、患者の期待は進化します。現在、患者は日々の作業を中断することなく、すでに使用しているデバイスから医療従事者にアクセスできることを求めています。同時に、患者とそのチームの関与を深めるため、医療従事者は患者とのより優れた、より頻繁なコミュニケーションを求めています。

より質の高い患者体験を提供するには、スマートフォン、タブレット、パソコンを通したデジタルの玄関を開けておくことが不可欠になりました。さらに、ソーシャルメディアからエンターテインメント、eコマース他まで、生活の他の側面において習慣化された、滑らかで単純化されたユーザーインターフェイスを備えたアプリケーションを提供することが重要です。

 

3.オンライン診療の定着

オンライン診療は、COVID-19のパンデミックにより主流になりました。HIMSSの社長兼CEOのHal Wolfは、パンデミック以前、オンライン診療で医療を受けた患者はわずか0.05%だったと参加者に話しました。その数字はパンデミックのピーク時に14%、現在は医療を受ける患者全員の約7~8%に安定しています。

オンライン診療はますます、医療提供のすきまを埋め、間欠的で一時的な医療を補完する継続的医療を提供する必要性を解決する最も有望なツールと見なされています。さらに、オンライン診療が遠隔療法、遠隔精神療法、訪問前/訪問後の監視、現場での専門家による相談に使用されており、これらのツールは、医療従事者が「患者全体」を十分に診療し、医療の成果全体を向上させる能力において大いに有望であることを示しています。

オンライン診療は、十分な医療が受けられていない地域社会に医療提供する上でその価値を常に証明しています。HIMSS21では、米国のBlessing Health SystemとTeladoc Healthの代表が、同社が実装した学校での遠隔医療プログラムのプレゼンテーションを紹介しました。そこでは、ビデオを使用した遠隔医療を用いてプライマリケアや問題行動の医療訪問といったタイプの医療を学校内の生徒たちに提供していました。世界の他の地域と大して違わず、この農村地域でも人口、距離、時間、ケアへのアクセスに関する課題は存在します。プログラムの成果は著しく、生徒の80%をオプトイン率とした場合、毎週生徒1~2人の欠席を防ぎ、平均遠隔医療応答時間は30分未満でした。

 

4.優れた遠隔医療体験をもたらすもの

オンライン診療の採用と満足度は一般的に上昇していますが、一部技術的な障壁が残っており、引き続き真の大量採用を阻んでいます。ロジクールの委託を受けたEscalent社の調査では、特にビデオ品質が依然としてなかなか解決せず、医療従事者が臨場感を確立し、対面の体験を再現できなくなっています。

患者を遠隔地から正確に診断するには、高品質のオーディオおよびビデオ、また高度なパン機能とズーム機能が不可欠です。また、中断を最小限に抑え、効果を最大限に発揮するため、患者と医療従事者およびそのチームにとって遠隔医療ハードウェアは簡単にセットアップ、使用、メンテナンスできることが重要です。これには、遠隔医療デバイスがさまざまなEHRや他のアプリケーションおよび医療機器全体でシームレス動作するよう、高度な相互運用性と統合が必要になります。

十分なシンプルさと使いやすさが最先端技術の処理能力と結合したとき、オンライン診療の体験は高みに上り、対面医療も同様になります。

 

5.全体的なイノベーション

パンデミックはによって、すでに過酷だった状況がさらに複雑化し、ました。医療従事者はあらゆる種類の大胆かつ創造的なアイデアを模索し、医療をより持続可能なものにしようとしています。医療従事者はシステム思考的アプローチの採用を促進し、その道程全体を通して患者全体をケアしています。患者の枕元から医療従事者のデスクまで、またその間のどこであっても、医療従事者は、患者を中心に据え、できる限り頻繁に患者周辺をケアしようと尽力する上で、シームレスで継続的な関与のために何かできるかを見直しています。

こちらもご覧ください

ビデオ会議機器を備えた小会議室
インサイト

ホワイトペーパー:BYODからZoom Roomsへのアップグレード

高度な設定により、会議室の管理と使用を効率化し、リモートからの参加を強化し、IT管理者を強化します。今までにない会議を体験してください。
ビデオ会議機器を導入したハドルルーム
インサイト

BYODからネイティブのMicrosoft Teams Roomsにアップグレード

こちらの記事で、ネイティブのMicrosoft Teams Roomsへの移行がもたらす変革のメリットをご確認ください。こちらからホワイトペーパーをダウンロード。
Popcom
[[1e1/7]][[${ 1e1/7}]]

ロジクールを活用してリテール オートメーションにイノベーションを起こす

PopComのリテール オートメーションが、ロジクール ソリューションを使用していかに成功を収めたかをご覧ください。
ビデオ会議の参加者を示すサムネイル
インサイト

リモートワーカーのための3つのヒント

この記事を読んで、シンプルなリモートワークエチケットが、テレワークの日々の課題に対処するのにどのように役立つかを学びましょう
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始