ハイブリッド会議をスムーズに行うための5つのヒント

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ビデオ会議機器を使用する会議参加者

世界中の従業員の3人に1人ロジクールUK「Work Wins Research 2021」調べが、今よりも優れた機器を使ってビデオ会議に臨みたいと回答しています。そのため、オフィススペースを最適化して没入感のある効率的なハイブリッドコラボレーションを実現させることが重要です。しかし、最適化する方法を正確に理解することは難問となることもあります。というのも、スタッフそれぞれの個人的な好みは多岐にわたり、それらを検討して要求に応える必要があるからです。 

ロジクール会議室ソリューションはこうした問題を取り除くように設計されており、ハイブリッドビデオ会議エクスペリエンスをシームレス、シンプル、かつ安全性の高いものにします。ここからは、既存のセットアップを最大限に活用するための5つのヒントをご説明します。

プラットフォームの連携により戦略を一本化する

非常に多くのビデオ会議プラットフォームが選択肢に挙がり、使いやすいプラットフォームが社内のチームごとで異なる場合、何をしているのか自分でもわからないという人には、会議の設定は理解不能かもしれません。

ロジクールは、企業のビデオ会議戦略を標準化して統一することで、トラブルシューティングの要求回数を減らし、従業員の会議への参加や開始にかかる時間を最小限に抑えることができます。Zoom、Microsoft Teams、Google Meetなど、導入済みのプロバイダーに合わせて事前構成されたパッケージを使用できるため、連携や認証がすでに確立されており、新しいビデオ会議ソリューションでも利用中のビデオ会議プロバイダーに合わせて機能します。

ロジクール コラボレーション プログラムで会議を簡単に行うことができます。詳細はこちら

会議に接続しコントロールする方法を選択

調査対象の従業員の57%が、職場勤務に戻ったときに他の従業員が周りにいて落ち着かないと回答しておりロジクールUK「Work Wins Research 2021」調べ、従業員がオフィスで快適に過ごせるようにすることが不可欠です。また、組織は選択肢を提示することで、変化の激しい昨今の職場環境で従業員をサポートすることができます。

ロジクール Tapなどのタッチコントローラーにより、会議の開始や終了方法が簡単かつ直感的なものになります。また、音声コマンドなどの機能により、共有するデバイスの画面にあまり触れたくない従業員でも別の方法が利用できます。ロジクールはZoom Roomsなどのパートナーと連携し、音声コマンドで会議を簡単にコントロールできるようにしています。

どこの会議室からでも、どんな会議にも参加できる

IT部門のリーダーであれば、会議の参加に四苦八苦しているスタッフが、パニックに陥って電話をしてきたり、緊急チケットを切ったりする場面に遭遇することは一度や二度ではないでしょう。だからこそ、ビデオコラボレーション体験を標準化することが重要なのです。

ほとんどの企業は、複数のビデオ会議サービスではなく1つのサービスを利用することを好むため、会議室にはそのサービスに適した機材のみが配備されている場合があります。しかし、別のプラットフォームで社外の会議やWebセミナーに参加することになった人がいる場合はどうなるでしょうか?

ロジクールSwytchを使用すると、従業員は自分のノートPCを接続して会議室のAVシステムをシームレスに引き継ぐことができ、自分のデバイスから他の会議ソフトウェアを実行できるため、トラブルシューティングの必要性を最小限に抑えることができます。

管理をシンプルに

ビデオ会議ソリューションの管理は、複数の場所にまたがる多数の会議室を制御する場合は特に、難しい場合があります。ロジクール Syncは、会議室を大規模に簡単に管理することのできるデバイス管理プラットフォームです。

Syncは、会議室の状態やファームウェアの更新に関するリアルタイムの情報を提供するため、潜在的な問題に優先順位を付け、問題がユーザーに影響を与える前に解決することができます。Syncのインサイト機能により、IT部門は使用状況データを活用して、組織のビデオ会議デバイスの導入や使用状況を最適化できます。

ロジクール Syncの使用を開始する

導入時のストレスは不要

オフィススペースは多種多様です。オフィスビルの建築を担当した建築家が会議室の壁をカーブさせたからといって、複雑なシステム導入に煩わされる必要はありません。

職場の形状や内装がどんなものであっても、ロジクールは包括的なサービスプランであるロジクール Selectで完全にサポートします。Selectは、専任のカスタマーサクセスマネージャー、24時間年中無休のサポート、およびSyncによる高度な分析を提供いたします。Selectをご利用のお客様には、会議室にどんなニーズが発生しても、ロジクールのエンジニアがどんなお問い合わせにもご対応いたします。また、Syncと合わせてご利用いただくことで、Selectは会議室を最適化するためのオペレーションにおけるインサイトを提供いたします。

ロジクール Selectの使用を開始する

ロジクールは、お客様の職場に合わせたカスタムメイドの導入を実現するためのアクセサリーを含む、会議室ソリューションのポートフォリオをご用意しています。延長ケーブルからプラグに至るまですべての製品が、デスク上をすっきりとさせて最高の効率化を実現するように設計されています。さまざまなマウントオプションにより最適な構成が見つかり、会議室はこれまで以上に柔軟性が高くなります。標準のグループビューからプレゼンテーションモードにシームレスにピボットしたり、会議中に参加者が増えた際に視野角を広くしたりできます。

すべての会議室でビデオ会議を可能に

どんな場所にいてもビデオ会議に参加できるようにすることで、ビデオ会議をオフィスの中核に据えることがこれまで以上に重要になっています。貴社のオフィスを高パフォーマンスのコラボレーションスペースに変える方法をご覧ください。

こちらもご覧ください

コンピュータ機器キットが入ったボックス製品ライン
インサイト

教育における準備と継続計画に関するベストプラクティス

St. Michael's College Schoolが実施し、教育の継続性を確保するためのベストプラクティスをご覧ください。順調に学習を進め、生徒を成功に導きました。
従来のホワイトボードと仮想ホワイトボードの分割画像
インサイト

仮想ホワイトボードをビデオ会議に導入する方法

ITは、ハイブリッドの職場におけるコラボレーションをどのようにサポートできるのでしょうか?ロジクールScribeのようなホワイトボード カメラによって、仮想ホワイトボードをビデオ会議に導入する方法を学んでください。
原始人からオフィスワーカーへの働き方の進化のイラスト
インサイト

組織のための直感的な会議室スケジューリングの実現

この記事では、専用の会議室スケジューリングツールがどのように会議の生産性を高め、ITの時間を節約できるかを説明します。
Scribeラーニングルームのイラスト
インサイト

ビデオコラボレーションやビデオ学習にホワイトボードを活用

AI搭載のホワイトボードカメラであるロジクール Scribeをご紹介します。ビデオ会議やビデオでのオンライン授業にホワイトボードを簡単に取り入れて、リモート コラボレーションを可能にします。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始