ホワイトペーパー劣悪なエルゴノミクスが燃え尽き症候群につながる仕組み

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
在宅勤務、キッチンテーブル

従業員のウェルビーイングは、あらゆるビジネスの成長と安定に不可欠です。ワーカーがストレスを受け、劣悪なエルゴノミック環境で作業している場合、燃え尽き症候群に陥りやすくなります。適切な職場のエルゴノミクスとは、ワーカーの能力を満たし、生産性を高めるワークスペースを設計することです。

データによると、2021年に は労働者の89%が 燃え尽き症候群を経験し、燃え尽き症候群の割合は2020年の43%から52%に上昇しています。燃え尽き症候群に陥った従業員は十分なパフォーマンスを発揮できず、退職する可能性が高くなります。このため、雇用者としては、不適切なエルゴノミクスと極度の疲労の関連性を理解することが不可欠です。 

この記事では、職場のエルゴノミクスがいかに劣悪な環境で燃え尽き症候群を招くか、 そして現場とリモートで働く従業員が燃え尽き症候群を防ぐ方法について説明します。その前に、燃え尽き症候群とその原因および症状について説明しましょう。

燃え尽き症候群とは

焦げたマッチ棒を持つ人の頭部のCG画像

職場での燃え尽き症候群は、仕事関連のストレスが原因で発生します。ストレスは通常、極度の精神的および身体的疲労が原因です。また、個人としてのアイデンティティが失われ、達成感が減ると、従業員は極度に疲労します。 

燃え尽き症候群に陥っている従業員は、仕事や生活の要求に対応できていません。彼女らは常に感情的および精神的に消耗していると感じます。しかし、多くの雇用者と従業員はこれに気付くことができません。 

そこで問題となるのが、職場の燃え尽き症候群にはどのような兆候があるのかということです。以下は、職場の燃え尽き症候群の身体的、感情的、および行動的症状の一部です

  • 低い免疫力と頻繁な病欠 

  • 睡眠習慣と欲求の変化 

  • 繰り返し発生する筋肉痛または頭痛 

  • 感情の無力感、敗北感、閉じ込められているという感情 

  • 同僚や愛する人たちから、また世界で孤立していると感じます。 

  • 人生における皮肉や消極的な考え方、およびモチベーションの喪失 

  • 責任から離れる 

  • 頻繁に先延ばしにし、タスクを完了するのに時間がかかる  

多くの人が、COVID-19パンデミックによって促進されたハイブリッドワーク文化の増加によって、極度の疲労が軽減すると考えていました。ただし、逆の場合もあります。従業員 が燃え尽き症候群に陥る回数がかつてないほど増加しています。作業負荷が減らず、作業環境が改善しなかったことが原因です。 

実際、多くの雇用者は、特にリモートで働く従業員に対しては、従業員がエルゴノミックな作業空間で働けるようにすることに無頓着でした。仕事のやり方の質が低いというこの無限の循環によって、極度の疲労への対処と克服が難しくなります。

職場の燃え尽き症候群の原因

職場の燃え尽き症候群の兆候を確認しましたが、職場の燃え尽き症候群の原因は何ですか以下はその一部です

  • 劣悪なエルゴノミクス人間工学が不十分な職場は従業員の気分に悪影響を及ぼし、精神的緊張を引き起こします。また、体内のプロセスを遅くし、エネルギーレベルを下げます。 

  • 曖昧な仕事の期待自分の役割または雇用者の期待を知らない、または理解していない従業員は、極度の疲労に苦しみます。 

  • 機能障害が発生している職場のダイナミクス上司や同僚に傷つけられたと感じたり、職場でのイジメの犠牲になったりすると、極度の疲労につながることがあります。 

  • 混沌とした作業空間人間工学に基づく乱雑な職場は燃え尽き症候群につながります。 

  • ワークライフバランスの欠如仕事のために愛する人と充実した時間を過ごせない従業員は、極度の疲労を感じる可能性があります。 

劣悪なエルゴノミクスが職場での燃え尽き症候群につながる仕組み

エルゴノミックの不適切な作業空間はストレスを増加させる可能性があります

職場のエルゴノミクスが不適切な場合、最終的に従業員は極度のストレスを感じ、極度の疲労につながります。多くの企業が犯す最大の過ちの1つは、作業空間を設計する時に、オフィスのエルゴノミクスを考慮しないことです。 

オフィスでの作業は座っている時間が長く、ワーカーの長期的な身体的および精神的ウェルビーイングに影響を及ぼす可能性があります。座りがちなオフィスライフ が、劣悪なエルゴノミクスと組み合わさると、有害な影響が増加します。 

不適切なデザインの作業空間や、メンテナンスが行き届いていない作業機器は、エルゴノミクスが不十分な例です。その他の例としては、重量軽減機能の欠如、調節できない椅子を含む調節不可能な作業面/ワークステーションがあり、これが脊椎の圧迫につながる場合があります。 

不適切な作業環境が原因で、従業員が手首と前腕に打撲傷を負う場合があります。エルゴノミクス効果が低いと、職場内の危険物や不適切な照明が関与することもあります。これらはすべて、従業員にストレスを与え、過敏性と落ち込みを引き起こし、極度の疲労につながります。

職場における燃え尽き症候群を防ぐ方法

人間工学に基づいた職場セットアップ

職場の燃え尽き症候群を避けることは可能です。しかし、それに対処するには慎重な措置を講じる必要があります。以下は、職場で燃え尽き症候群を防ぐためのヒントです。 

  • エルゴノミックな作業空間を作り出す

雇用者は、従業員の極度の疲労の影響を軽減するために、エルゴノミックな作業空間を作る必要があります。エルゴノミック ワークステーションでは、デスクの下に膝、太もも、およびフィートのためのスペースが必要です。調節可能なデスクを、ノートパソコンまたはデスクトップパソコンの使用に適切な高さに設定します。

また、ワークステーションには、脊椎をサポートする椅子と、外付けエルゴノミックキーボードが必要です。手になじむ マウス 、適切な照明、および作業中のストレスを軽減するのに役立つアイテムがあれば、それが必要です。 

  • ワークライフバランスの促進 

燃え尽き症候群を避けるもう1つの方法は、ワークライフバランスを可能にするシステムを作ることです。これを行うには、雇用者はスタッフに休憩と休暇を奨励し、在宅勤務をオプションにする必要があります。また、家族と共に時間を過ごし、セルフケアを優先するよう従業員に促します。

  • 職場のウェルネスを優先する 

組織のリーダーは、従業員のウェルネスプランを用意しておく必要があります。例えば、職場でストレスを受けた時に、人々がリラックスしたり、瞑想したりできる場所を作ることができます。落ち着きのあるデザインと植物を使い、美しさにも投資しましょう。

自宅で燃え尽き症候群を防ぐ

人間工学に基づいた職場

ハイブリッドワークの状況はすぐになくなることはなく、より多くの人々が引き続き 在宅勤務をするでしょう。このため、雇用者は、リモートで働く従業員の極度の疲労を防ぐための措置も講じる必要があります。以下は、自宅のエルゴノミクスセットアップを改善し、疲労を減らすために役立つ、従業員と共有すべき ヒント です

  • 良い作業姿勢を確立する 

  • 椅子やデスクを調節して、身体の位置を自然な状態に保ちます 

  • モニターやその他のディスプレイデバイスは、適切な高さと距離に設定する必要があります。 

  • 適切な構成のキーボードとマウスを使用する 

  • 反復的な動きを減らす 

  • 立ち上がって、間隔を置いて動き回る 

  • 適切な照明、温度、湿度を確保する

雇用者による継続的なエルゴノミック慣行

最後に、雇用者は、職場でエルゴノミックの実践を促進する方法を絶えず模索する必要があります。これには、次のような方法があります。

  • エルゴノミクス評価を定期的に実施する

  • 適切な家具や機器への投資

  • エルゴノミック ワークステーションの構築 

  • 既存のワークステーションを変更して、新しい従業員の身長を考慮に入れる 

  • エルゴノミクス環境への対処照明、温度など

  • 休憩をはさむ

エルゴノミクスに投資し、従業員の燃え尽き症候群を軽減する

企業が燃え尽き症候群には、エルゴノミック作業空間をセットアップするよりも多くのコストがかかります。このため、組織はオフィスのエルゴノミクスに投資した方が良いでしょう。さらに、幸福な従業員はビジネスを繁栄させ、純利益を増加させます。 

ロジクールは、エルゴノミックな職場のためのツールとサービスを提供しています。当社のエルゴノミック機器によって、雇用者は従業員の疲弊をなくし、より生産的なスタッフを確保することができます。当社の概要と事業内容の詳細は、 こちらをご覧ください。

こちらもご覧ください

ビデオ画面内で農業機械を検査する2人の男性
インサイト

PT.Tanikaya Multi Sarana

Tanikaya社は、ロジクール会議室ソリューションにより国内農業の推進を強化しています。こちらの導入事例と体験談ビデオで、その詳細をご確認ください。
ロジクールビデオ会議製品のグラフィック表現
インサイト

ITが会議の生産性を高めるための4つの方法

生産性のために最適化されたコラボレーションテクノロジーによって、ITがマインドフルな会議を促進する方法をご覧ください。
エルゴノミックの職場における義務
インサイト

人間工学に基づいた職場に対する雇用者の義務

エルゴノミックな職場を提供する際の雇用者の義務について、知る必要があるすべてのことを学んでください。従業員が最高の状態で機能し、健康を維持できるようにします。
EGTオフィスビル
導入事例

EGT

グローバル ゲーミング企業が、ロジクールRally、MeetUpおよびSyncを導入して、ビデオコラボレーションの目標を達成
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始