ホワイトペーパーハイブリッドワークスペースに適したウェブカメラ

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ロジクール製品を使用したビデオ会議

今日、ビジネス会議における高品質ビデオの重要性を疑う人は誰もいません。私たちは過去数年間で、ビデオ会議がコラボレーションに不可欠であることを学びました。ハイブリッド環境では特にそうです。

残念ながら、現在でもすべての人が良質のビデオにアクセスできるわけではありません。多くの従業員、特にリモートで働く従業員は、手頃な価格のウェブカメラや、ノートパソコンやスマートフォンに搭載されたカメラを利用しています。会議参加者がカメラの性能が劣るとクリアに捉えることが難しく、会議に参加するのが難しくなるという経験は誰にでもあります。

ロジクールが実施した調査によると 、従業員が直面しているビデオの問題は、パソコン内蔵カメラの使用が主な原因です。例えば、調査回答者の65%が、内蔵カメラの角度が見合わないと回答しています。ほぼ同じ数の人々が、内蔵カメラによって、通話の参加者に目をそらしている、または見ないように見えると回答しています。

これらのテクノロジーの課題は、関係の構築、同僚との効果的なコミュニケーション、およびビデオ会議や意思決定への完全な関与に対する障壁になる場合があります。

また、会議のためにノートパソコンまたはスマートフォン内蔵のカメラを何時間も使用することは、エルゴノミックの観点からは理想的ではありません – 悪い姿勢、首の緊張、およびその他の状態につながる可能性があります。

 

ソファの上でノートパソコンを使用したビデオ会議

では、なぜこの状況が続くのでしょうかすでに述べたように、複数の理由があります。1つは、従業員が率直に発言していないことが原因で、IT管理者が、従業員が低品質のビデオに苦労していることを知らない可能性があることです。従業員自身は、外付けのウェブカメラを使用することで会議体験が大きく変わることを認識していないことがよくあります。その結果、IT管理者は、問題がいかに蔓延しているのかに気付かない可能性があります。

IT部門の意思決定者と協力した調査によると、ビデオとオーディオのパフォーマンスを最適化するウェブカメラ、ヘッドセット、またはその他のアクセサリーを提供している組織 は40%未満 でした。

過去数年間で多くのことが変わりました

多くの従業員にとって、パンデミックの発生とオフィスの急速な閉鎖により、リモートワークに備えるために大急ぎで慌てることを余儀なくされました。ウェブカメラを購入する従業員は、利用可能なものを何でも購入することがよくありました – また、機器調達を担当するエンドユーザーとITチーム両方の在庫が限られているため、選択肢は非常に限られていました。

それ以来、ウェブカメラの生産は通常に戻り、再び需要を満たすことができるようになりました。おそらくより重要なのは、ウェブカメラの品質と幅が大幅に改善されたことです。さまざまなタイプの従業員のニーズを満たすために、幅広い種類のウェブカメラが提供されているだけでなく、オーディオとビデオテクノロジーの強化によって、コールセンターからエグゼクティブスイートまで、誰もが毎回のビデオ通話でより優れた体験を享受できるようになっています。 。

これらの改善に加えて、持続可能性がより強調されるようになりました。企業は現在、よりサステナブルな素材で作られたウェブカメラを含む製品を優先しており、ロジクールはこの要求に応えています。

この記事の残りの部分では、いくつかの異なるロジクール ビジネス用ウェブカメラの概要を提供し、それらが様々なユーザーの様々なニーズにどのように対処するかを説明します – 従業員が、ニーズと役割に基づいてウェブカメラを選択するのに役立ちます。

コアなプロフェッショナル向けの、優れた価値を提供する2種類のウェブカメラ

組織内の一部の従業員には、コアプロフェッショナルと呼ばれる人々が含まれます。これは一般的に最も幅広い従業員セグメントであり、セールスパーソン、人事リクルーター、またはマーケティングマネージャーなどの役割で働く人々が含まれます。高度なコラボレーションニーズがあり、使いやすく、生産性を高めるツールを好みます。

この従業員グループに対して、2台のウェブカメラが提供されますBrio 305およびBrio 505。

Brio 305から始めましょう。これは手頃な価格の1080pウェブカメラです。自動光補正機能、ノイズリダクションマイク、USB-C接続機能を搭載し、最低48%の再生プラスチックを使用している1080p。

モニター上に取り付けられた専用ウェブカメラ

中核となるプロフェッショナル向けBrio 305左とBrio 505右。

少しステップアップしたのが Brio 505です。これはビームフォーミングマイクなどの機能を搭載したプラグ&プレイ対応の1080pウェブカメラで、従業員はほとんど手間をかけずに、またはまったく手間をかけずに、従業員に優れた会議体験を提供します。

RightSight自動フレーミング2は、会議中にユーザーが動き回っても、そのユーザーを中心に監視します。簡単に言えば、自動フレーミングによって、ユーザーは簡単にフレームの中央に留まります。

このウェブカメラの革新的なShow Mode2は、プレゼンターが物理的なアイテムをテレビ電話に含めるための新しい方法を提供します。プレゼンターはカメラを下に傾けるだけで、スケッチ、進行中の作業、またはその他のオブジェクトのクローズアップ ビューを共有できます。内蔵のインテリジェンスが画像の向きを変え、会議の参加者にとって正しく見えるようにします。Brio 505はまた、最大68%のPCRを考慮して設計されています3

Show Modeの動作。

ロジクールCシリーズウェブカメラを使用している従業員は、画質やソフトウェアサポートの点で、Brio 305とBrio 505への大幅なアップグレードを享受することができます。Brio 505はRightSight自動フレーミングやShow Modeなどの追加機能を提供しますが、どちらのウェブカメラも、中核となるプロフェッショナルの大量導入向けに価格が設定されています。共に、多くのビデオ会議プラットフォームとの互換性があり、Microsoft Teams、Zoom、およびGoogle Meetの認定を受けています。

最後に、 ロジクール Sync を使ってファームウェアとソフトウェアの更新をリモートで簡単に管理できます。会議室デバイスの場合と同様に、Brio 305とBrio 505を常に最新の状態に保つことができます。

卓越したパフォーマンスとデザインを備える、エグゼクティブやスキルを持つプロフェッショナル向けのウェブカメラ

多くの企業では、中核となる専門家とはいくぶん異なるニーズを持つ2つのグループが存在します。コーディングや創造的な作業に時間を費やす「高度なスキルを持つプロフェッショナル」がいます。集中力を高め、パフォーマンスを最適化できるデスクトップテクノロジーが必要です。 

経営幹部など、上級管理職の人々もいます。彼女らは多くの場合会社の公の顔であり、オフィス、自宅、または外出中でも、可能な限り最高の状態で自分自身を提示する必要があります。

当社の 高度なポートフォリオ には、MX Brio 705ビジネス用などの最高級のパーソナルワークスペース デバイスが含まれています。これらのツールは高度なコントロールと精度を提供し、プロフェッショナルは最高のパフォーマンスを発揮することができます。

4Kウェブカメラを使用したビデオ会議

MX Brio 705ビジネス用は、熟練したプロフェッショナルおよびエグゼクティブ向けです。

Brio 4Kからのアップグレードである MX Brio 705ビジネス用 は、卓越したパフォーマンス、高度なAIテクノロジーによる4K画質、およびおしゃれなデザインを備える、ロジクール最高のウェブカメラ今までにないです。熟練したプロフェッショナルやエグゼクティブに最適で、サステナビリティを考慮して設計されたこのウェブカメラは、IT部門が満足する高品質な映像を提供します。Brio 505と同様に、ショーモード、自動フレーミング、統合プライバシーシャッター、背景雑音を軽減するビームフォーミングマイクも搭載されています。

当社最大の画像センサーとカスタム設計のレンズを搭載したMX Brio 705 は、臨場感あふれるビデオ会議体験を提供します。AI画像補正機能により、照明条件の良くない環境下でも、より自然な画像を提供します。高速オートフォーカスにより、レンズが変化に素早く反応して、話者の姿をクリアに捉え続けます。

微光のビデオ会議向けのAI画像処理

AI駆動の画像補正により、難しい照明条件でもより自然な画像を表現します。

頑丈な低炭素アルミニウムカメラハウジング用と、プラスチックコンポーネントに最低82%の再生プラスチック4を使用することで、ウェブカメラの外観がモダンになり、同時に当社のサステナビリティ原則に対する設計も反映されます。

他の2種類のウェブカメラと同様に、このカメラはMicrosoft Teams、Zoom、およびGoogle Meetの認定を受けており、 ロジクール Syncを使ってリモートで管理することができます。

社内の全員が使用できるウェブカメラ

組織内の従業員は、高品質のビデオ会議を利用するに値します。顧客がビデオ通話をする場合、相手の姿と声がクリアに伝わる必要があります。これは、ホームオフィスの環境が理想的とは言えないリモートで働く従業員に特に当てはまります。 

オフィスにいる従業員でも、ノイズキャンセリング マイク、Show Mode、自動フレーミングなどの機能を利用できます。IT部門は、Syncを使ってこれらのデバイスを簡単に導入、管理、更新できるため、

最後に、サステナビリティを重視する組織にとって、この新しいウェブカメララインアップは、ゲームチェンジャーになります。各製品はサステナビリティを考慮して設計されています – 再生プラスチック、低炭素アルミニウム一部、およびFSC™認定の森林およびその他の管理されたソースからの紙パッケージを使用しています。logicool.co.jp/business/webcamsで、当社のすべてのビジネス用ウェブカメラの詳細情報をご覧ください

1.ウェブカメラのプラスチック含有量は、色によって異なる場合がありますグラファイトは62%、オフホワイトとローズは48%。電子部品、ケーブル、およびパッケージを除く。

2.Logi Tune アプリを通して有効化。

3.ウェブカメラのプラスチック含有量は、色によって異なる場合があります68%グラファイト、59%オフホワイトとローズ。アクセサリーおよびパッケージを除きます。アクセサリーおよびパッケージを除きます。

4.パッケージを除きます。

こちらもご覧ください

オープンプランのハイブリッドオフィス
インサイト

ホワイトペーパーハイブリッドワークに向けたオフィスの設計調査結果

テクノロジーを活用し、スペースを最適化して、オフィスを従業員を引き付ける魅力的にするにはどうすればよいでしょうかこのケーススタディを読んで、当社が行ったこと、そこから学んだことを確認してください。
ワークステーションでビデオ会議をしている人のイラスト
インサイト

広範囲に見られるビデオ疲れ - ただし、対処方法あり

参加するテレビ電話の数に圧倒されていませんか?その場合、「Zoom疲れ」かもしれません。 この現代的な症状に対処するための実践的なヒントについてご紹介します。
ビデオ会議機器を利用する医療スタッフ
導入事例

医療従事者 |ロジクールビジネス

ロジクールのウェブカメラにより、遠隔医療が可能な地域社会にサービスを提供するために、遠隔医療を対面式のオフィスと組み合わせました。
ビデオ会議機器を使う人のイラスト
インサイト

オンライン診療に関する主な発見

医療提供者は、アクセス、効率性、品質、および結果に関するオンライン診療の現状に関する意見を共有しています。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始