ホワイトペーパーZoomポータルとSync |ロジクールビジネス

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
デスク上のビデオ会議機器

急速に進化している今日の作業環境において、リモートワーカーとハイブリッドワーカーの間の会議室とデバイスの管理は、ITチームにとって大きな課題です。Zoomベースの環境でのこの課題に対処するために、2つの相補的なソリューションが脚光を浴びています。ロジクール SyncおよびZoomウェブポータル。

これらのアプリケーションは包括的なデバイス管理ソリューションを提供しますが、どのような違いがあるのかは必ずしも明確ではありません。

この記事では、ロジクール SyncとZoomウェブポータルが提供する堅牢なツールセットについて詳しく説明します。Zoomは単独で使用できるため、Zoomを始めとして、相補的な機能性について説明します。もう少し細かくコントロールしたいユーザーのために、その後、ロジクール Syncがどのように高度な構成とカスタマイズオプションを利用できるかを紹介します。

ロジクールSyncとZoomが共に、進化し続けるデバイス管理の状況に対処するために必要な知識と洞察をIT管理者に提供する方法について話し合いましょう。

まずはZoomウェブポータルを通した会議室のデバイス監視とプラットフォーム管理

IT管理者は、1日を始めるにあたり、組織全体の数百台のデバイスを管理するという途方もないタスクに直面します。このような場合に役立つのがZoomウェブポータルです。Zoom体験をカスタマイズし、共有デバイスを簡単に管理するための様々な機能を提供する、信頼できるコマンドセンターのようなものを想像してください。

Zoom Rooms管理

Zoom Room管理ソフトウェアのスクリーンショット

ZoomウェブポータルのZoom Rooms管理セクションでは、会議室の包括的な概要を確認できます。デバイスの構成と管理機能に簡単にアクセスでき、デバイスのオンライン、オフライン、会議ステータスに関する重要なリアルタイム情報にアクセスできます。

さらに、効果的なデバイス管理は構成だけに留まりません。これには、デバイスを最新の状態に保ち、最適化する必要があります。ZoomウェブポータルのZoomデバイス管理ZDMセクションでは、統合された更新機能によってこのプロセスを簡素化しています。アプライアンスベースのデバイスでは、1つのリストからデバイスのファームウェアバージョンをリモートで更新できるため、デバイスに最新の機能とセキュリティ更新を適用することができます。近日リリース管理者は、ロジクール アプライアンス デバイス上のZoom RoomsとZoom Roomsコントローラ アプリケーションをリモートで更新することもできます。

通知とアラート

Zoom Room管理ソフトウェアのスクリーンショット

潜在的な問題の発見に関して言えば、タイムリーな通知とアラートは非常に貴重な味方です。Zoomは、Zoomウェブポータルの[Zoom会議室管理]セクションに、室内アラートと電子メール通知用の幅広いオプションを提供しています。これにより、ユーザーはシステム停止の可能性を常に把握し、迅速に対応することができます。

Zoomは、会議室内のユーザーに対して様々な「クライアントアラート」を提供し、これらを有効にすることができます。これらのアラートによって、Zoom Roomのディスプレイにメッセージが表示され、マイクのエラー、スピーカーのエラー、カメラのエラーなどの潜在的な問題をユーザーに警告します。これらのアラートは、電子メールまたはウェブフックでITスタッフに会議室内の問題を修正するよう警告することに加えて、利用可能な別の会議室を選択するようユーザーに知らせるためにも使用できます。

Zoomウェブポータルでは、電子メールやウェブフックベースの「通知」を設定することもできます。これにより、ITチームはZoom Roomsの問題に関する情報を瞬時に知ることができます。これらの通知は、高いCPU使用率、コントローラやディスプレイの切断、および低いネットワーク帯域幅などの重要な領域を対象としています。通知によって、管理者は、問題がエスカレートする前に迅速に対応することができます。これによってITチームは、一歩先を行く迅速な対応を行うことができるため、一貫したユーザー体験を提供し、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

要するに、アラートと通知は、ダウンタイムを最小限に抑え、デバイスパフォーマンスを最適化する上で重要な役割を果たします。チームが問題を素早く特定し、対応できるようにすることで、これらの機能は、一貫性のある生産的な作業環境に貢献します。

会議レポートと分析

Zoom Room管理ソフトウェアによる分析

Zoomダッシュボードは、優れたレポート機能と分析機能を提供し、会議アクティビティやプラットフォームの使用状況に関する豊富なデータを提供します。この貴重な情報によって、従業員やチームがプラットフォームをどのように利用しているかを把握できます。例には、特定の日に開催された会議の総数、予定された会議と臨時の会議、および会議室の使用状況とステータスの傾向などがあります。 

Zoomダッシュボードは、デバイスやネットワークの接続性情報など、個々の会議に関するきめ細かい詳細情報も提供します。従業員は会議の遅延に関する懸念を示しましたか会議の詳細を確認して、問題の潜在的な原因を特定できます。これによってITチームは、管理が必要とするデータ主導の自信を提供しながら、サービスの品質を維持することができます。

 

Zoom Room管理ソフトウェアのグラフ

要約すると、Zoomは、使いやすいインターフェイスと統合されたデバイス監視機能により、デバイス管理の優れた出発点として機能します。Zoomを使用すると、会議室とデバイスのステータスを簡単に監視し、プラットフォームサービスを監視して、運営をスムーズに進めることができます。このプラットフォームの包括的な通知とアラートによって、発生した会議室やデバイスの問題にプロアクティブに対処し、中断を最小限に抑えることができます。さらに、Zoomでは、データ豊富なレポートを通してプラットフォーム使用の極めて重要な詳細を掘り下げることができ、コラボレーション体験を最適化するための貴重な洞察が得られます。シンプルさ、堅牢な機能、および包括的なレポート作成機能を備えるZoomは、効果的なデバイス管理と生産性の向上のための強力な基盤を確立します。

Zoomウェブポータルは、デバイスのステータスを確認し、ソフトウェア更新を実行するためのシンプルかつ効率的な方法を探しているチームにとって、優れた開始点として機能します。一貫性のある使いやすいインターフェイスを提供し、さまざまなZoom Roomsベースのハードウェアの管理を可能にします。

さらなるコントロールロジクールSyncで高度なデバイス管理を簡単に

Zoomはフリーサイズのアプローチで出発点として最適ですが、ビデオ会議デバイスに関するもう少し細かいコントロールや情報が必要な場合もあります。その問題を解決するのがロジクール Syncです。ロジクールSyncをZoomウェブポータル以外の補完的ツールとして追加して、デバイス管理を微調整し、強化されたコントロール、高度な機能、および包括的なインサイトを入手。

会議室デバイスの高度な更新管理

Zoom Room管理ソフトウェア デバイス

場合によっては、企業やITチームは、デバイスの更新を検証して展開する際に、より制御された標準化されたアプローチを必要とします。これは、多数のデバイス、複数の場所、または様々な国を管理する場合に特に重要になります。

これらの課題に対処するために、ロジクールSyncは、専用に設計された更新チャネルを通して、カスタマイズされたソリューションを提供します。更新チャネルによって、そのチャネルによって指定された特定のバージョンを使って、特定のソフトウェアバージョンとデバイスをチャネルに割り当てることができます。つまり、ITチームは、さまざまなグループまたは場所での特定の更新のテストや展開を精確に制御できます。

ソフトウェア更新の場合、ロジクール Syncは、各更新に関する情報を提供する、ソフトウェアバージョンに関する包括的なリリースノートも管理者に提供します。この詳細情報によって、管理者は、各更新で導入された特定の強化点や拡張機能を推測せずに、適切な更新を選択してテストすることができます。

微調整デバイス

Zoom Room管理ソフトウェア コンフィギュレーター

デバイスの設定は、会議体験を最適化し、気を散らすものを最小限に抑え、コラボレーションを強化する上で極めて重要な役割を果たします。ロジクール Syncを使用すると、管理者はロジクール デバイスを個々に、またはグループごとに微調整でき、セットアップをカスタマイズしてユーザーがどの会議室にいても一貫した会議体験をユーザーに提供できます。

会議室とデバイスのインサイト

Zoom Room管理ソフトウェアのインサイト

ロジクールはITチームや設備チームと密接に協力し、ハイブリッドワークとオフィスへの復帰に関する差し迫った懸念に対処しています。必要な会議室の数とサイズ、およびそれらの利用方法などの問題は、常に議論の最前線にあります。

Zoomダッシュボードは、ビデオアプリケーションの使用状況を把握するための優れた出発点として機能します。一方、ロジクールSyncは、デバイスと会議室に関するデータと補足情報を提供し、チームが会議スペースについて情報に基づいた決定を行うのを支援します。 

ロジクールSyncのインサイト機能を使用することで、チームは1日および1週間を通した部屋の一般的な占有パターンを把握できます。ビデオ会議デバイスを使用していない時でもさらに、ロジクール Syncはこのデータをグラフに集約し、組織全体の部屋の使用傾向を評価および分析できるようにします。

ロジクール Selectでサービスリクエストを円滑に処理する

ロジクール Syncポータルは、ロジクール Selectポータルとシームレスに統合し、サポートチケットやハードウェアの問題を効率的に管理し、大規模なデバイス管理に安心感をもたらします。

ロジクール SELECT ポータルが、サポートチケットを一元的に管理するためのハブになります。ロジクールのサービススペシャリストは、ビデオコラボレーションや、Zoomなどのパートナーエコシステムに関する深い専門知識を備えているため、問題を迅速に解決できます。Selectとのパートナーシップにより、ビジネスに影響が及ぶ前に、アップタイムを最適化し、問題を解決することができます。

要約すると、Zoomは出発点として適しており、スタンドアロンオプションとして使用でき、包括的な監視、更新、アラート、および分析機能が1つのペインにあります。多くの場合、チームは、会議室の境界を超えて拡張する、より詳細なコントロール、より深い洞察、およびソリューションを求めます。ここでは、補完的なロジクール Syncの出番です。これによって、デバイス管理のゲームを次のレベルに進めることができます。ロジクール Syncを戦略に組み込むことで、高度な機能を利用し、コントロールを強化し、貴重なインサイトにアクセスして組織の成長を実現することができます。

こちらもご覧ください

一部のプランでサポートされているロジクール機器を使用している従業員
インサイト

Selectサービスプランの発表体験を支えるチーム

優れたサービス体験の中核は何かもちろん反対側の人々もです。この記事では、ロジクール Selectのサービスプランの舞台裏で働いている人を探索します。
Futurumグループ
インサイト

Futurum GroupによるロジクールSightの評価

Futurum GroupはロジクールSightに関するアナリストの見解を提供し、Sightは「費用対効果の高いマルチカメラソリューションとして際立っている」と述べています。 レビューを読む。
ロジクール ビデオ会議製品
インサイト

ビデオ会議への投資効果を最大化

この数年、多くの組織が、ZoomやMicrosoft Teamsといったビデオ会議プラットフォームに、多額の投資を行ってきました。それらの組織は今、ROIを最大化できているでしょうか?
究極のオンサイト会議を開催
インサイト

最適なオンサイト会議を自社のオフィスや本社で開催する方法をご覧ください

優れた公共サービスを提供するために現代のセキュアな公務員人材が求めるニーズに対応できる、TAAに準拠したロジクールのビデオ会議ソリューションの完全なガイド。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始