導入事例:Revera Livingがロジクールでハイブリッドワークを強化

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
Revera リタイアメントリビング

シニア向け住宅業界のリーダーであるReveraは、北米と英国で480以上の施設を所有または運営しています。Reveraは、将来の高齢者の生活の改善に尽力している43,000人以上の従業員を擁し、45,000人以上の人々にサービスを提供しています。

業界

医療

ソリューション

Logi Dock、MX Keys Combo、Brio、Rally Bar、Rally Plus、Tap、Sync

所在地

オンタリオ州カナダ

ソフトウェア

Microsoft Teams

ウェブサイト

アライアンス パートナー

Microsoft

43,000以上

従業員数

人々

概要

Reveraは、カナダ各地で老人ホーム、生活支援サービス、高齢者生活サービスを提供しています。同社は、業界における卓越性の基準を設定する一連の中核的価値観を支持することで、居住者が選択した方法で、パーソナライズされた生活を送って、選択したり、パーソナライズされた体験をしたりするのをサポートすることを目指しています。 

ロジクールのチーム用ワークスペース用デバイスおよびパーソナル ワーク用スペース用デバイスは、カナダの複数の州で事業を展開しています。Reveraが遠隔地の人々、場所、仕事を、どこにいてもつなげるための重要なツールになっています。

矢と標的のアイコン

課題

Reveraは人々にサービスを提供する企業です。同社の多くの場所で働く人々をつなげるには、より優れたハイブリッドワーク ソリューションが必要でした。これには、高齢者に重要な監督を行う臨床医なども含まれていました。 

Reveraのサポートオフィスの従業員の中には、1日に何時間もテレビ電話をかける人もいます。生産性、コラボレーション、チームの関与を改善するツールを従業員に提供することは、最適なハイブリッドワーク体験を提供するために極めて重要です。また、同社はビデオコラボレーションを統合して医療の質を高めるための新しい方法を探していました。

最高情報責任者であるJoe Belinsky氏は次のように述べています。「共通することは、必要なツールが揃っていて、どこにいるかは重要ではないということです。」

電球アイコン

ソリューション

Reveraは、より協力的で一貫性のあるハイブリッドワーク体験を実現するために、ロジクール製品であるRally Bar、Brio、MX Keys Combo、Logi Dockを採用しました。 

Rallyバーは、中大会議室向けの一体型ビデオバーであり、デュアルカメラシステム、マイク、およびスピーカーが1台に統合されています。導入、管理、使用が簡単で、さまざまな遠隔地で働くReveraの従業員が仮想会議に参加し、コラボレーションすることを可能にしました。

「スタッフに試してもらい、使用感を尋ねました。フィードバックも本当に素晴らしいものでした」と、IT部門のディレクター、Steve Harvey氏は語ります。「私たちはQRコードを印刷して、『このように人がテクノロジーを使用しています』と書かれたウェブサイトにアクセスしました。 これらの使用状況を追跡したところ、1部屋当たり1015件のアクセスがあることがわかりました。導入は迅速かつ直観的でした」

Reveraのスタッフは、ロジクールのビジネス用MXキーボードとマウスのコンボのスムーズなスクロールとパフォーマンスにも感銘を受けました。「優れた品質感がある – 重量感もあります。人々はそれに感銘を受けました」とSteve Harveyは言います。「また、電池寿命は無限のようです。」

デスクなどのパーソナルな作業空間向けに、Reveraはロジクール BrioとLogi Dockを導入しています。Brioは、従業員が最高の画質と音質を実現できるようにする革新的なテクノロジーが詰まった、高度な4K HDウェブカメラです。Logi Dockは、会議コントロールとスピーカーフォンを備えた一体型ドッキングステーションです。Microsoft Teamsと連携してワンタッチでの参加をサポートし、連続した通話を簡単に行うことができます。さらに、Logi Dockはデバイス、コードおよびケーブルを1つのユニットに接続することで、パーソナルワークスペースを簡素化し、デスクトップを整頓します。

「パンデミックの危機を脱した時、当社はハイブリッドの作業環境を採用しました。そのため、すべてのワークステーションに備え、全従業員が使用できる必要があります」とJoe Belinsky氏は付け加えます。「Logi Dockがあれば、マウス、キーボード、ウェブカメラなど、作業に必要なすべてのツールをすぐに使用できます。

上昇傾向のグラフのロゴ

結果

ロジクール ビデオコラボレーション ソリューションは、コラボレーションを強化し、チームの関与を高め、ハイブリッドのサポートオフィスで働く従業員の条件を平等にしてきました。一方で、多様な人材を組織全体で雇用し、保持することにも役立っています。 

同社では、ハイブリッドワークの質を高めるビデオコラボレーションツールへのアクセスを提供することが、成功に不可欠であると考えています。

「コラボレーションを支援するツールを提供することは、当社にとって非常に重要です。これは、従業員に示す一種の敬意だからです」と、最高人事責任者であるMark Spencer氏は言います。「私たちはどのような文化を生み出したいのかを模索していますが、テクノロジーはそれを可能にしてくれます」

ロジクール ソリューションの機能とパフォーマンスによって、Reeverはリモート従業員とのより強いつながりを育み、オンライン会議を通して臨床監視を提供することができました。さらに、Rally BarやBrioなどのビデオ会議用カメラによって、Reveraはオンライン テクノロジーを医療テクノロジーと統合し、遠隔医療の未来に向けた基盤を築くことができました。

「このテクノロジーを利用したオンライン医師の診察を行って、誰かの脈拍数や血圧をチェックしてもらうことで、これが当社の目指すところだと思います。現在、すでにその傾向が現れ始めています」と最高医療責任者であるRonda Collinsは次のように述べています。

Reveraは、ロジクール ビデオコラボレーション ソリューションへの投資によって、今まで以上に生産性とコラボレーションを強化できるようになりました。そして、より多くの時間を、彼らの主要な使命、つまり居住者がより多くの生活を体験できるようにする方法を継続的に改善、拡大することに集中することができます。

こちらもご覧ください

ロジクール会議製品を使ってビデオ会議に参加している人々
導入事例

日本無線株式会社

日本無線株式会社はロジクールTapルームソリューションの導入により、TCO削減を実現し、働き方改革を推進
Scribeラーニングルームのイラスト
インサイト

ビデオコラボレーションやビデオ学習にホワイトボードを活用

AI搭載のホワイトボードカメラであるロジクール Scribeをご紹介します。ビデオ会議やビデオでのオンライン授業にホワイトボードを簡単に取り入れて、リモート コラボレーションを可能にします。
Maersk Logisticsコンテナの出荷イメージ
導入事例

Maersk社、グローバルなビデオコラボレーションにロジクールを採用

A.P. Moller - Maersk社は、130か国以上に95,000人以上の従業員を擁する総合コンテナ物流企業です。Maersk社では、従業員や顧客がどこを拠点にしていようと一貫したサービスを実現するために、効果的なビデオコラボレーションが欠かせません。
ハイブリッドで成功するために、人と人のつながりを重視しましょう
インサイト

ハイブリッドで成功するために、人と人のつながりを重視しましょう

ハイブリッドワークとリモートワークは働き方の未来です。この記事をお読みいただくと、ハイブリッドワークを有意義で、公平で、効果的なものにするにはどうすればよいかがわかります。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始