電子書籍:SightとMicrosoftでコラボレーションを強化

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ビデオ会議にオーバーレイされたFuturum Groupのロゴ

従来の会議に対するアプローチはすべて間違っているのでしょうか

進化する企業コラボレーションの状況において、会議に対する画一的なアプローチは時代遅れです。実際、先進的な企業の中には、会議を新しい観点から見るものもあります。つまり、タイトルではなく目的に焦点を当てるということです。

この文脈では、テクノロジーの役割は、これらの集まりの有効性にとって極めて重要です。

この電子書籍では、ロジクールのビデオ会議テクノロジーをMicrosoft Teams Roomsで活用して、日々のやり取りを生産的で誰も取り残されない、魅力的な会議に変える方法について、より良く理解することができます。

The Futurum Groupの上級アナリストであるCraig Durr氏は、Logicool Sightを含むロジクールのインテリジェントカメラソリューションは様々な要件に対応でき、会議室内の参加者とリモートの参加者の両方が等しく関与し、効果的に貢献することができると述べています。ビデオ会議への汎用的なアプローチが必要な、各Microsoft Teams会議スペースのユニークな力学を考慮すると、ロジクールは「包括的なソリューションを提供する厳選されたベンダーとして際立っている」とDurr氏は書いています。

電子書籍をダウンロード

ありがとうございます。

電子書籍をダウンロード: ロジクールSightとMicrosoftの各種カメラモードを活用したコラボレーションの強化

こちらもご覧ください

ビデオ画面内で農業機械を検査する2人の男性
インサイト

PT.Tanikaya Multi Sarana

Tanikaya社は、ロジクール会議室ソリューションにより国内農業の推進を強化しています。こちらの導入事例と体験談ビデオで、その詳細をご確認ください。
ロジクールビデオ会議製品のグラフィック表現
インサイト

ITが会議の生産性を高めるための4つの方法

生産性のために最適化されたコラボレーションテクノロジーによって、ITがマインドフルな会議を促進する方法をご覧ください。
エルゴノミックの職場における義務
インサイト

人間工学に基づいた職場に対する雇用者の義務

エルゴノミックな職場を提供する際の雇用者の義務について、知る必要があるすべてのことを学んでください。従業員が最高の状態で機能し、健康を維持できるようにします。
職場での燃え尽き症候群を防ぐ
インサイト

劣悪なエルゴノミクスが燃え尽き症候群につながる仕組み

劣悪なエルゴノミクスによる燃え尽き症候群は、雇用者の生産性の低下につながります。この記事では、適切なエルゴノミクスを通して職場の燃え尽き症候群を防ぐ方法について説明します。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始