ハイブリッド会議改善ガイド

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
オフィス内とリモートから2人ずつ従業員が参加しているハイブリッド会議

多くの人々がハイブリッド環境で働いている今、自分を含むチームメンバーがオフィス内とリモートに分散して仕事をする状況が、毎日のように続いているのではないでしょうか。事実、ビデオコラボレーション(Google会議など)は今や会議の標準的手法となっています。それにより直接対面のビジネス会議は、2024年までに全体のわずか25%にまで減少することが予想されています。ガートナー社。2020年6月2日。ガートナー社、クラウドベースのウェブ会議ソリューションに投資しているエンドユーザーは2020年に世界中で25%近く増加すると予想。出典URL:https://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2020-06-02-gartner-says-worldwide-end-user-spending-on-cloud-based-web-conferencing-solutions-will-grow-nearly-25-percent-in-2020

こちらの電子書籍「ハイブリッド会議改善ガイド」では、産業・組織心理学教授であり「Suddenly Virtual」「Suddenly Hybrid」を著したJoseph A. Allen博士から、リモートコラボレーションにまつわる困難の打開策を学べます。Allen博士は3年に及ぶ長期的研究で得た実践的なヒントに基づき、働く場所を問わずチームメンバー全員にとって公平な会議を実現するための、ベストプラクティスを明らかにしました。

本書のトピック:

  • 公平なコラボレーションの概要とその実現方法

  • リモートからの参加者向けのベストプラクティス

  • 会議室内の参加者と会議主催者向けのベストプラクティス

  • コラボレーションを簡素化して参加を促進する方法

電子書籍をダウンロード

こちらもご覧ください

Maersk Logisticsコンテナの出荷イメージ
導入事例

Maersk社、グローバルなビデオコラボレーションにロジクールを採用

A.P. Moller - Maersk社は、130か国以上に95,000人以上の従業員を擁する総合コンテナ物流企業です。Maersk社では、従業員や顧客がどこを拠点にしていようと一貫したサービスを実現するために、効果的なビデオコラボレーションが欠かせません。
オフィスワーカーに重なったフロスト&サリバンのロゴ
インサイト

Microsoft Teams + ロジクールのパーソナル コラボレーション用ハイブリッド ソリューション

ハイブリッドワークの導入でお困りではありませんか。ロジクールとMicrosoftが提携して市場に投入した、ハイブリッドワークを成功に導くツールをご紹介します。ぜひお読みください。
オフィスで8人の参加者がビデオ会議を行っているイラスト
インサイト

最適な会議室を構成する

新たな作業環境で、時間の節約、生産性の向上、ユーザー体験の強化を実現しましょう。ロジクール会議室ソリューションを活用して最適な会議室を構成する方法をご紹介します。
Dritt会議室で話している人々
Customer Stories

DIRTT

内装工事会社が、ロジクールとMicrosoftによるエレガントなワークスペースソリューションを活用
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始