成功事例:医療従事者 |ロジクールビジネス

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ビデオ会議機器を利用する医療スタッフ
Roy Healthロゴ

業界

医療

所在地

テキサス州オースティンに拠点を置き、テキサス州とアラスカ州に診療所を有しています

ウェブサイト

ソリューション

4Kプロウェブカメラ

COVID-19によって遠隔医療が主流になった一方で、医療提供者は今もその限界に苦労しています。遠隔医療には明確な可能性があります。しかし、医療専門家が、診療室を訪問する機会なしに、どのように患者に正確かつ確実に患者と関わることができるのでしょうか?

答え:遠隔医療を利用して、専門医療専門知識を現場の診療所にもたらす革新的なハイブリッドアプローチです。このモデルによって、Troy Healthは、遠隔の、十分なサービスを受けていない地域社会のケアのための先駆的なアクセスを実現しています – そして彼らは、その実現のためにロジクールのウェブカメラを使用しています。

ロジクールでは、ビデオテクノロジーにより、医療ケアへの幅広いアクセスを促進しています。

トロイ・メディカル は、自らを「現代の医療」と表現しています。 眼科医のDr.Sara Hartl氏は、すべての人が優れた医療を利用する資格があるとの信念に基づいて、遠隔医療を対面式の診療所と組み合わせて、遠隔医療と医療サービスが受けられない地域社会にサービスを提供しています。 

Dr.Hartlの独自のアプローチはビデオテクノロジーを利用して、彼女の患者が、国外の医療専門家(リウ医師、内科医、および神経内科医など)にアクセスできるようにしています。遠隔医療での診療は現場でのサポートとなります。あらゆる患者のニーズに対応します。 

Dr.Hartl氏は次のように説明しています。「医療は、画面上の医師をはるかに超えています。これは、患者が自分のバイタルチェックから保険承認まで、医療インフラストラクチャ全体を操作するのを支援しています。ハイブリッド型の診療所として、Troy Healthは遠隔医療を通して医療の専門知識をもたらし、他方、私たちの診療所が患者との人間的な側面を管理しています。」 

結論:彼女のモデルは機能しています。テキサス州からアラスカ州まで、Troy Healthは、専門知識とケアへのかつてないアクセスを提供することで、患者の医療成果を変革してきました。

Dr.Sara Hartl。ウェブカメラがモニターの上部に

創設者であるDr.Sara Hartl。

適切なウェブカメラが、ビジネスを開始するのに重要な役割を果たしました

Anderson博士とHartlは、ビデオテクノロジーが重要な役割を果たすことを確信していました。ビジネスを成功させるために、彼女は非常に高品質で使いやすく、簡単にアクセスでき、手頃な価格のウェブカメラが必要でした。

Roy Healthは、クリニックの各診察室にウェブカメラを設置しています。患者を正確に評価し診断するためには、遠隔医療専門家は、遠隔医療の実施中に患者の姿を非常にクリアに見聞きできなければなりません。これには、非常に多くのオーディオとビジュアルのディテールをキャプチャして、伝えることができる高解像度カメラとマイクが必要です。

しかし精度は、診察室用カメラの必須条件の1つにすぎませんでした。また、ターンキーである必要がありました。つまり、セットアップが簡単なプラグ&プレイソリューションである必要がありました。「私たちがいる小さな町には、インフラストラクチャがあまりありません」とHartl氏は以下のように続けます。「私たちは、現場のスタッフが、どれほどテクノロジーに精通しているとしても、文字通りプラグインして、プレイを開始し、使い始めることができるウェブカメラが必要でした」

テクノロジーは拡張性も必要でした。トロイ・メディカル社は、診療所ネットワークを継続的に拡大しようと計画しています。そのため、ビジネスの成長に合わせて拡張できるソリューションが必要でした。アクセシビリティも重要でした。Dr.Hartl氏は次のように述べています。「これらのウェブカメラは、当社のビジネスの中核をなします。1台でも故障が発生し、すぐに交換できないと、キー音を立てて全体が停止します。」

最後に、Troy Healthの診療所に適したビデオ会議用ハードウェアの選定において、コストが重要な役割を果たしました。「ITチームを配置して複雑なテクノロジーを管理するにはコストがかかります」とHartl氏は次のように述べています。「一部のハイエンド機器の価格も同様です。優れた医療を提供しながら、コストを抑えた新しい方法で医療を提供する方法が必要でした」

ロジクール4K Proウェブカメラは、優れたパフォーマンス、使いやすさ、アクセシビリティ、コストを削減します

Roy Healthがそのソリューションを発見したのはロジクールです。 

Anderson博士とHartlは、彼女の要件のすべてを満たすことができるハードウェアを調査し、ロジクールはすぐに頭角を現しました。彼女は、「パフォーマンス、使いやすさ、可用性、コストを総合的に検討した結果、ロジクールは他社をはるかに上回っていました。これは非常に簡単な決断でした」 

トロイ・メディカル社は、自社の診察室に 4K Proウェブカメラ を採用しました。優れた解像度、フレームレート、色、およびディテールによるUltra 4K HDビデオを実現するビジネスグレードのウェブカメラ – まさにTroy Healthの専門家が患者に対応するために必要なものです。4K Proにはデュアル無指向性マイクが内蔵されており、最大1メートル離れた場所から背景雑音を増幅することなくクリアにオーディオを捉えます。これにより、会話が常に自然かつクリアに聞こえます。

ビデオ会議機器を備えた医療オフィス

Roy Healthの診療所にある診察室。

Anderson博士とHartl氏と彼女のチームは「機能は完璧でした。きめ細かく調整されたディテールと、カメラを調整し、移動させる機能によって、当専門家は、患者に最高品質の医療を提供するのに必要な全ての情報を提供することができます。」 また、Troy Healthは、ウェブカメラに問題が発生した場合、24時間以内に簡単に交換できることも気に入っています。

しかし最終的には、ロジクール ウェブカメラの使いやすさから、ウェブカメラがニーズにぴったりであると確信しました。Dr.Hartl氏は、「優れたカメラは他にもありますが、トレーニングなしで毎日簡単かつ効果的に使用できる、真にシームレスなプラグ&プレイの技術を提供しているのはロジクールだけです。これこそが、当社にとって大変革です」

ロジクールを提携先とするTroy Health社は、規模を拡大する計画を立てています

ロジクールのウェブカメラを活用するTroymedicoチームは、再現可能な「臨床現場」のアプローチによって、国全体にモデルを拡大するための大きな計画を立てています。Dr.Hartl氏は、「ロジクールのウェブカメラがTroy Healthの成功に貢献したと結論付けました。このターンキーテクノロジーがなければ、この作業は不可能でした。ロジクールは、医療のない分野におけるアクセスと専門知識の新たな流通モデルの促進に、本当に不可欠です。」

こちらもご覧ください

ビデオ会議室にいる人々
導入事例

ハイドロ タスマニア

オーストラリアの大手再生可能エネルギー企業が、ロジクールを使用してリモートコラボレーションを合理化
ロジクール製品が設置されたデスク
インサイト

コラボレーション ガイド:柔軟な働き方に不可欠なツール

従業員が適切なツール(ウェブカメラ、ヘッドセット、キーボード、マウス)を持たない場合、コラボレーションは最適化されない可能性があります。このインフォグラフィックを読み、誰がどのツールを必要としているかを確認してください。
シスレー会議室内部
導入事例

シスレー パリ

ロジクールは、シスレーの複数拠点の会議室にソリューションを設置しました。会議とテレビ電話を素早く簡単にセットアップできるため、ユーザーの作業が楽になりました。
ビデオ会議機器が導入された会議室
導入事例

National Instrumentsとロジクール ビデオ ソリューションのコラボレーション

使いやすさ、高品質な音声と映像、そしてMicrosoft Teamsとの互換性が、NIがロジクールをビデオ会議ソリューションプロバイダーに選択した理由
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始