ハイブリッドワークスペースの整頓

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
Recon Research社

IT部門は今、在宅勤務中の従業員の生産性を維持するのに苦労しています。多くの企業で、BYOD(Bring Your Own Device)ポリシーを導入した結果、絡み合ったケーブルとミスマッチなデバイスによりデスクが散らかり、生産性が低下するのみならず、IT部門に厄介なヘルプチケットが発行される事態となっています。

Recon Research社が、ドッキング ソリューションが有用である理由と、Logi Dockが従来型ドックの持つ限界を超えて従業員のワークフローを効率化する仕組みをご紹介します。

本ホワイトペーパーでは、以下のトピックを取り上げています。

  • 整頓されたワークスペースが重要である理由。
  • 一般的なドック ソリューションの長所と短所。

  • 自社チームに合ったドッキング ステーションを選ぶ際に検討すべき機能。

  • 一体型ソリューションが生産性を高める仕組み。

ホワイトペーパーをダウンロード

こちらもご覧ください

Scribe対応の講義室に映し出されたWainhouseのロゴ
インサイト

Wainhouse ResearchによるロジクールScribeの評価

WainhouseによるScribeホワイトボードカメラのレビューをお読みください。この製品は、ビデオ会議の全参加者がコラボレーションやブレインストーミングを行うことを容易にするホワイトボードカメラです。
ロジクールScribe製品画像
インサイト

ロジクール Scribeでホワイトボードを使ったコラボレーションを実現

ホワイトボードは多くの人々に愛用されています。それにもかかわらず、ビデオ会議で使用されていないのはなぜでしょうか。本ホワイトペーパーでは、ロジクール Scribeでバーチャル会議にホワイトボードを取り入れ、コラボレーションに活用する方法をご紹介します。
ビデオ画面内で農業機械を検査する2人の男性
インサイト

PT.Tanikaya Multi Sarana

Tanikaya社は、ロジクール会議室ソリューションにより国内農業の推進を強化しています。こちらの導入事例と体験談ビデオで、その詳細をご確認ください。
ロジクールビデオ会議製品のグラフィック表現
インサイト

ITが会議の生産性を高めるための4つの方法

生産性のために最適化されたコラボレーションテクノロジーによって、ITがマインドフルな会議を促進する方法をご覧ください。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始