ロジクール Scribeでホワイトボードを使ったコラボレーションを実現

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here

リモート勤務中のチームをサポートしたり、分散したチーム内でのコラボレーションを実現したりするには、どうすればよいのでしょうか。これは、ハイブリッドワークスペースを導入した多くの企業やIT部門が共通して抱えている課題です。

ZoomやMicrosoft Teamsといったビデオ会議サービスが役立ちますが、効果的なコラボレーションを行うには、それ以外のツールやテクノロジーも必要です。中でも重要なツールに、ホワイトボードがあります。

ホワイトボードは多くの人々に愛用されています。そしてあらゆる会議室に設置してあります。しかし、ビデオ会議で共有するのが非常に難しいため、働き方が変化している昨今においては、十分に活用されていません。そうした現状を変えるべく、本ホワイトペーパーでは以下のトピックについて解説しています。

  • ロジクール Scribeでホワイトボードをバーチャル会議に取り入れ、コラボレーションの課題を解決する方法
  • 間に合わせの方法や手の込んだ方法など、今までの方法が上手くいかなかった理由
  • Scribeにより、きわめて簡単にビデオ会議でホワイトボードを活用できるようになる仕組み

ホワイトペーパーをダウンロード

こちらもご覧ください

ビデオ会議に参加しているチーム
導入事例

導入事例:BIP

BIP社は新しいミラノオフィスで、ロジクール TapとRally Plus製品を採用してMicrosoft Teams Roomsを実装し、ハイブリッドワーク体験を強化するビデオコラボレーション システムを構築しました。
ホワイトボードカメラのある会議室
インサイト

最適なビデオ会議ソリューションの要件

ハイブリッドワークの時代において組織に最適なビデオ会議ソリューションを選定する際の要件をご紹介
患者と相談するビデオに映る医師
インサイト

特許と臨床医の体験に関するビデオの影響

この記事では、患者と医療従事者が現在の遠隔医療の体験についてどう思っているかを紹介します。
ラグビーをする男性
導入事例

AFVBy

AFVByは、ロジクール製品とZoomによってオンラインでつながる能力を獲得しています。その詳細をご確認ください。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始