エルゴノミック キーボードは本当に役立つのでしょうか?

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

タイピングをたくさん行うほど、快適性が鍵であることに気づきます。では、体験をどのように改善できるのでしょうか?回答:エルゴノミクス(人間工学)。

「エルゴノミック」—この言葉は何回も聞いたことがあるでしょう。これは人々の身体的な健康とパフォーマンスの研究です。これは客観的でもあります。つまり、デバイスがどの程度エルゴノミックであるかを科学的に測定することができます。しかし、エルゴノミックは相対的な言葉でもあります—一部のデバイスは他のデバイスよりもエルゴノミックです。適切な選択を行うにはどうすれば良いでしょうか?以下は、優れたエルゴノミック キーボードの主な3つのメリットです。

#1 姿勢を改善

曲線状のキーフレームによって、手、手首、および前腕がより自然な位置に置かれ、筋緊張が軽減します。手をキーボードに置いた瞬間に、リラックスした感触に気付くでしょう。

「ワシントン大学での研究によると、左手と右手で自然な三角形が形成されるようにキーが曲線状に配置されたキーボードでは、手首の位置が改善しました。研究ではさらに、リストレストによって、よりリラックスした自然な位置でタイピングできることが分かりました。多くの医療専門家はエルゴノミック キーボードを好んで使用します。これは、これらのキーボードは、従来の角形のキーボードと比較して、身体の複雑な形状により良く調和し、筋肉にかかる負担が少ないためです。」

Peter Johnson氏の顔写真

Peter Johnson、博士
ワシントン大学、環境および労働安全衛生科学学部名誉教授、Logi Ergoラボ諮問委員会メンバー

#2 リストサポート

ピロー付きリストレストはサポートを提供し、前腕がキーボードの真上に配置されます。手のためのこの小さいベッドが快適性を高め、エルゴノミック位置を最適化します。リストレストのない従来のロジクール キーボードと比較すると、ERGO K860は手首の曲げを25%軽減しながら、54%高い手首サポートを提供しますパームレストのない従来のロジクール キーボードとの比較

キーボード上でタイピングをする手

#3 手首の曲げを軽減

曲線状のスプリット キーフレームを、ピロー付きリストレストと融合することで、手首からストレスを取り除くことができます。前腕をキーボードの真上に配置することで、手首の曲げが軽減され、曲げに伴う不快感も減少します。スプリットが傾斜した形状の効果を完全にし、手と肩が常にリラックスします。 

これらすべてを合わせて、ERGO K860は、僧帽筋(肩と首の動きを安定させ、促進させる背中の中央にある主要な筋肉)上部の筋肉活動を21%軽減させることができますパームレストがない従来のロジクール キーボードとの比較。タイピング姿勢の改善、リラックスしたタイピング位置、より優れた手首サポートを求めているなら、これが貴方に最適かもしれません。

健康に関するその他のヒント

健康なコンピューティングを探索