マウス vsタッチパッド - 実際に違いはあるのでしょうか?

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

私たちは、ほとんどどこでも作業ができるようになりました。自宅、お気に入りのカフェ、または外出先—オフィスのデスクに留まっている必要はもはやありません。しかし、作業がより移動型かつ柔軟になると、新しい課題も生じます。ノートパソコンのタッチパッドを長時間使用すると、生産性と快適性に影響が及ぼされます。解決方法は?Logi Ergoラボによる最近の調査によると、外付けマウスに切り替えることで、パフォーマンスと満足感が大きく改善されます。

外付けマウスのメリット:

パフォーマンスを50%高める...

チームは、参加者が、外付けマウス VS タッチパッドを使ってタスクを完了する速度と精度を確認する必要がありました。「スループット」(所定の時間内に、1つの場所から別の場所に移動されるデータの量)が測定されました。結果マウスを使った作業中、参加者は、タッチパッドの使用時よりも50%生産性が高くなりました。ロジクール エルゴノミック ラボ調査で使用した全てのデバイスについて平均された速度と精度と結合したスループット計算(ビット/秒)に基づきます(実施日:2019年10月、参加者数:23人、2台のロジクール標準マウスと2台の標準内蔵トラックパッドを使用)。

… そしてErgoゲームの腕を上げましょう

毎日のタッチパッドの使用は、明らかに疲労の原因になります。調査の記録によると、マウスに切り替えた時と比較して、参加者がタッチパッドを使って作業をした場合、首と肩の筋肉活動が45%増加しました。さらに、タッチパッドユーザーの前腕の筋肉活動が25%増加しました。これも疲労と不快感につながります。調査で使用した全てのデバイスの平均動作時間のビット/秒に基づきます。2台のロジクール標準マウスと2台の標準の内蔵トラックパッドを使用した、23人が参加したロジクール エルゴノミックラボ調査(2019年10月)

マウスをつかむ手

携帯性と快適性の融合

要するに、タッチパッドから外付けマウスに切り替えると、多数のメリットがもたらされます。生産性レベルの向上に加えて、健康にとってもメリットがあります—肩、首、および前腕がリラックスし、1日中の快適性が得られます。外付けマウスをノートパソコンに追加することは、効率性とエルゴノミクス両方に関して利益があります。

健康に関するその他のヒント

健康なコンピューティングを探索