自分を向上させるための4つのステップ

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

行動を変化させることは困難です – それを維持することはさらに困難です。以下は、長続きする行動の変化に関する、いくつかの信頼性を証明された戦略です。

パソコンの前で作業をする女性

健康に関するヒント1

アンテナを張り、認識を高める

レーダーをオンにしましょう。気付かなければ何かを変えることはできません。行動の変化は、自分が行うことを認識することから始まります。そうして初めてそれを変えることができます。

健康に関するヒント2

気楽にやる – 一度に1つの変化

一度に複数の目標を達成するのは困難です – 一晩で大規模な変更を試みることは極めて困難です。ゆっくりと確実に行うことが成功につながりることを覚えておいてください。しかし、より自分を向上させるという最終目標を達成できない訳ではありません – 小さい改善を積み重ねることで、さらにたくさん達成する気になります。大きなは飛躍はすべて、1つの小さいステップから始まります。

健康に関するヒント3

習慣はやめるのが困難です

行動の変化を、既に実行している毎日の習慣に結びつけます。例えば、乳製品を断ちたい場合は、朝のコーヒーに乳成分不使用のクリーマーを毎日使うことから始めます。小さいことを達成してから1日を始めると、効果があります。または、例えばもっと運動がしたい場合、エクササイズルーティンをランチ休憩にスケジュールします。このようにすれば、ランニングするために生活を再整理する必要はありません。知らない内に、行動の変化が習慣になります – 私たちは皆、習慣をやめるのが難しいことを知っています。

健康に関するヒント4

デスクを重視する

特に、慣れていないデスクと椅子を自宅またはオフィスで使っている場合は、時間をかけて、作業環境(特に椅子)を調整します。不適切な設定によって、画面に向かって長時間作業することで、筋肉と関節に害がもたらされます。適切に調節された作業空間によって、より健康な姿勢を保つことができます。

必要な時間だけ座ります – 例えば、立って通話をしたり、同僚と話したりします。座っている間は、画面以外のアクティビティを行うことを避けましょう。立ち上がって動き回ることで、これらの貴重な心理的休憩も取ることができ、座って仕事を終わらせる必要がある時に、クリアに考えることが簡単になります。 

電子メールをできるだけ制限しましょう – 多くのことは対面で、または電話で簡単に解決または交渉することができます。これは、スクリーン時間を少なくするための生産的な方法です。電子メールの代わりに直接話すことで、誤解も避けられることがよくあります。同意されたことを本当に確認する必要がある場合、電子メールで短い要約を送信します。 

最後に、緊急なタスクや用事のためにモバイル画面を取っておきましょう – 適切に調節されたデスクトップ ワークステーションでほとんどの作業を行います。電話を見るために首を伸ばしすぎると、時間とともに首と上背が損傷することがあります。

健康に関するその他のヒント