MXを使ってコーディング

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here

コードを考える。コードを極める。

Masterシリーズによって、コードの最後の行を書いてコンパイルするまでフローに集中し続けることができます。お好みに合わせて、深く、反応の良い、安心感を与えるメカニカルタイピング、またはノートパソコンのような薄型タイピングで、ワークフローを極めましょう。Magspeedによる1,000行コード/秒のスクロール、ガラス面最低4mm厚のガラスをトラッキングする精密な8K DPIセンサー、およびFlowによるパソコン間のコントロールLogi Options+ソフトウェア(Windows®/macOS用)が必要ですにより、複数マシンの操作が今まで以上にシームレスになります。

ロジクールマウス上のボタンをカスタマイズするオプションを表示するソフトウェアプログラム

無限のカスタマイズ

Chrome内でシングルタップして要素を検証、またはコードの入力中にクリックして素早く検索を実行。MX Master 3SとMX Anywhere 3によって、アプリ毎に各ボタンを構成でき、今までになかったような方法で機能性を拡大できますLogi Options+ソフトウェア(Windows/macOS用)が必要です(www.logicool.co.jp/optionsplusで入手可能)

Logi Options+Logi Options+ソフトウェア(Windows/macOS用、www.logicool.co.jp/optionsplusで入手可能)ソフトウェアによって、定義済みアクションリストから各ボタンを構成するか、またはカスタムショートカットを割り当てることができます。このソフトウェアによって、特定の機能またはカスタムショートカット用に全てのMXキーボード上のFキーを割り当てることもできます。

ノートパソコンからデスクトップパソコンへ、情報をコピー&貼り付け

マルチデバイス、マルチOS

MX Master 3SまたはMX Anywhere 3を、お好きなMXキーボードと共に使用して、Flowによって複数のWindows®とMacパソコンをコントロールし、カーソルを画面の端に移動させてパソコン間を切り替えLogi Options+ソフトウェア(Windows/macOS用)が必要です。マウスとキーボードは、WindowsとmacOS オペレーティングシステム間でも流れるように移動します。

テキストやファイルをネットワークを介して転送 – 1台のパソコン上でコピーし、もう1台に貼り付けるだけです。

テーブル上のMX Anywhere 3マウス

あらゆるプロジェクト、あらゆる場所で

MX Anywhere 3はモバイルワーク用に設計されています – ホームオフィスから、カフェや空港ラウンジまで。 

コンパクトなパフォーマンスマウスは、手の形状に合わせて成形された薄型デザインと、モバイルワーク中の衝撃や落下に耐える丈夫な構造が特徴です。

快適なコーディング

MX Master 3SとMX Anywhere 3の形状は、手のひらの形状に合わせて完璧に成形され、MX Keysは大きいキーボードの安定性とサポートを薄型フォームファクターで実現します。 
オプションの取り外し可能なパームレストアクセサリーをMX Keysに追加しましょう。サポートをお好きな位置に配置することができます。

MX Keysキーボード上面図

耐久性の高い構造品質

良質の素材、バランスの取れたデザイン、および非常に丈夫な構造により、デスクでの集中力と自信が高まります。

MX KeysとMX Keys Miniは最大1,000万回のキーストローク、MX MechanicalおよびMX Mechanical Miniは最大5,000万回のキーストロークに対する耐久性を試験済みです。MX Master 3SとMX Anywhere 3は、最大1,000万回のクリックに対する耐久性があります。

Masterシリーズ