Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

ケーススタディ:Siemens AGがロジクール Microsoft Teams Roomsを導入

ケーススタディ

SIEMENS AG

多国籍複合企業が

ロジクール会議室ソリューション(Microsoft Teams用)

でニューノーマルを生み出す

概要

Siemens AGはドイツの多国籍複合企業です。ドイツのミュンヘンに本社を置き、海外にも複数のオフィスを持つ、ヨーロッパ最大の工業生産企業です。

Siemens AGは、企業全体の約235,000人のオフィスワーカーのために、仮想コラボレーションと大規模な安全なリモートワークに重点を置き、ニューノーマルの作業モデルを作り出しました。

新しい作業環境の重要な基盤は、コミュニケーションと協力を行う方法です。一貫性のあるシームレスなグローバルコミュニケーションとコラボレーションを実現するため、Siemens AGは会社全体でMicrosoft Teamsを導入し、ハードウェア実装パートナーとしてロジクールを選択しました。

あらゆるサイズの部屋向けの事前構成済みのソリューション、Microsoft認定、直観的なデザイン、およびビデオコラボレーションにおける豊富な経験によって、Siemens AGは、ロジクールを強力なパートナーとして認識していました。

Mhi Vestasロゴ

ウェブサイト
www.siemens.com

業界
複合企業

場所
ミュンヘン(ドイツ)

ソリューション
Logicool® MeetUp
Logicool® Rally
Logicool® Tap

ソフトウェア
Microsoft Teams

課題

Siemens AGがレガシーのコミュニケーションプラットフォームを、世界中でMicrosoft Teamsに置き換えた時、同社は、働く場所に関係なく従業員が連絡を取り合い、安全で快適であると感じ、十分な情報が得られ、チーム内に統合できるテクノロジーを優先しました。

Siemens AGプロジェクトリーダーのAndreas Rieger氏は以下のように語っています。「私たちには最初から明確なビジョンがありました。高品質のオーディオ/ビジュアルに加えて、新しいテクノロジーは使いやすく管理しやすく、すべての拠点で標準化され、プラットフォームに依存せず、信頼性や費用効果が高い必要がありました。」

ロジクールRally

ロジクールRally

ソリューション

グローバルな会議室の目的を達成するために、Siemens AGはロジクール会議室ソリューション(Microsoft Teams用)を選びました。これは、Teamsビデオ会議に必要なものがすべて含まれる、事前構成済みのバンドルです。バンドルには、ロジクールMeetUp(小会議室用)、ロジクールRally(中会議室用)、およびすべての部屋でワンタッチで参加が可能なロジクールTapが含まれています。

「ロジクールが、標準ソリューションの一部として高品質の、革新的なケーブル管理を提供していることは素晴らしいことです。他のプロバイダーでは、多くの場合、これには追加費用がかかります」と、Siemens AGのITサービスエクセレンスのTom Beavis氏は語ります。

ロジクールMeetupの製品画像

ロジクールMeetUp

結果

Siemens AGは、オープンな会議室、ボタンを押すだけで開始できる会議、およびライブ感を提供するAVストリーミングで、デジタルコミュニケーションを最大限に活用しています。ロジクールとのコラボレーションの結果、従業員と会社に毎日付加価値を提供する、直観的で使いやすい、魅力的なデザインのソリューションが得られました。

ロジクールと提携してコミュニケーションをモダナイズ(近代化)することで、Siemens AGは、持続可能性と主要な企業価値である、"責任"、"秀逸性"、"イノベーション"の要件を満たすことができました。「当社は、単なる基本的なパッケージ以上のものを提供したいと考えています。従業員がプラットフォームの使用を楽しんだ時こそ、コミュニケーション、生産性およびイノベーションが強化されます」と、Rieger氏は語ります。「ロジクールとMicrosoft Teamsの連携により、当社は従業員に障壁ではなく、より多くの交流を促進する、コミュニケーション体験を提供します。」

ロジクールは、2020年の「Dow Jones Sustainability Europe Index (DJSI)」に含まれれるわずか2社のテクノロジー企業のうちの1社でした。 これについて、Siemens 最高情報責任者 (CIO) 兼 IT部門 責任者であるHanna Hennig氏は、「会議の度に定期的に出張することは、もはや適切ではありません」と述べています。

「会議の度に定期的に出張することは、もはや適切ではありません」

 

Hanna Hennig氏
Siemens 最高情報責任者 (CIO) 兼 IT部門 責任者

推奨製品

MeetUpカンファレンスカム

MEETUP

超広角レンズ搭載の一体型カンファレンスカム(小会議室用)

ロジクールRally

Rally

自動カメラコントロール搭載のプレミアムUltra-HDカンファレンスカム システム

ロジクールTap

TAP

Google、Microsoft、およびZoom向けのビデオ会議室ソリューションを含めた、職場用のタッチコントロール。

以下もご覧ください:

ビデオ会議、会議室およびITのコンシューマライゼーション

記事:ビデオ会議、会議室およびITのコンシューマライゼーション

ITのコンシューマライゼーションが頭痛の種になってはいけません。コンシューマライゼーションによって会議室体験を強化する方法、およびそれがITと従業員にとって「ウィン ウィン」である理由を学んでください

高パフォーマンスのビデオ会議によって会議レベルを上げる

高性能なビデオ会議によって会議レベルを上げる

最先端のビデオバー設計の技術的課題、およびロジクールがエンジニアリングに投資して高品質のオーディオとビデオを実現する方法を学んでください。

電子書籍「ビデオ会議への投資を検討していますか」

電子書籍:ビデオ会議への投資を検討していますか?これらの5つの質問をまず自問してください

最高情報責任者は、ビデオ会議がイノベーション、意思決定および顧客体験を強化すると考えています。しかし、組織に最適なVCツールはどのように判断できるのでしょうか?

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクールビデオ会議製品が、ビジネス環境で

実装されている様子をご覧ください。