ホワイトペーパーAndroid 用Google Meet

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ロジクールソフトウェアとGoogle Meetを使ってビデオ通話に参加している人
2人でのビデオ会議

信頼性が高く、使いやすく、汎用的なビデオ会議プラットフォームとして、Google Meetは世界中で普及しています。しかし、ITチームによる管理を簡素化し、ユーザーに堅牢な機能を提供するという、あまり知られていない側面もあります。それは、会議室用の一体型Google Meetソリューションです。ロジクール Androidベースのアプライアンスを搭載したGoogle Meet、または「アプライアンスモード」と呼ばれます。 Android上でGoogle Meetを使用すると、ビデオ、オーディオ、画面共有などができます。これらはすべて、会議室カメラのように1つのデバイスに統合され、会議室やチームのワークスペースに最適なソリューションになっています。

ビデオ会議で会議に参加している6人の人々

この記事では、Android版Google Meetの独自の利点を掘り下げていきます。ロジクールは、会議室でのバーチャル コラボレーション用の、よりシンプルで包括的なソリューションを求めている組織に情報を提供します。また、ロジクールが提供する様々なAndroidベースのデバイスを紹介するとともに、ロジクールのソフトウェアスイート、およびIT管理者とチームにもたらすメリットをご紹介します。

 

アプライアンスベースのデバイスとは?

基本から始めましょう。アプライアンスベースのデバイスの特徴とは何でしょうか?

簡単に言えば、コンピューティングデバイスがカメラ本体とは別に設置された会議室ソリューションに対して、会議室カメラ自体にコンピュータ機能が統合されたオーディオとビデオ会議室ソリューションのことを指します。この一体型会議用カメラは、ビデオ会議の実施を目的として設計されています。

 

2人でのビデオ会議

会議室内にあるMeetコンピューティングまたはノートパソコン併用との違いは?1台のGoogle Meetハードウェアがビデオ会議を含めた複数の機能を果たすことができますが、アプライアンスデバイスは、ビデオ会議体験全体を効率化することに特化しており、この重要な機能に集中することができます。デバイスを追加する必要はありません。

 

アプライアンスベースのデバイスを選ぶ理由

アプライアンスベースのデバイスが、配線とセットアップを簡素化する仕組みから始めましょう。 ロジクール会議室では、Android版Google Meetのほとんどのセットアップで、Rally BarファミリーのメンバーとTapが必要です。I Android版Google Meetは、リリース時に、ロジクールRally BarとRally Bar Miniに対応します。従来のセットアップでは、Rally Bar会議用カメラ、Tapデバイス、および CTLが提供したこのようなGoogle Meetハードウェアが必要でした。

アプライアンスベースのデバイスを実行している会議室では、デバイスの数が少なくセットアップが簡単です。下の図をご覧くださいRally Barを電源、ネットワーク、ディスプレイに接続するケーブルが3本と、Tap IPをネットワークに接続するケーブルが1本です。

ロジクールビデオ会議機器の接続図

デバイスをいったんセットアップすれば、モニタリング、トラブルシューティング、および更新が簡単になるため、デバイスとケーブルの数が減ります。ロジクール デバイスは定期的にファームウェア更新も提供されます。ファームウェア更新では、貴重な新しいデバイス機能や機能強化が導入されます。また、Googleのチームと協力して、ITチームとエンドユーザー向けに強化された機能を定期的にリリースしています。

このため、アプライアンスデバイスが会議室に適している理由を尋ねる時は、セットアップを合理化し、乱雑さを減らし、メンテナンスを簡素化することを検討してください。また、定期的なファームウェア更新と、Google Meetの最新機能とシームレスに統合することで、ロジクールのアプライアンスベースのソリューションは、エンドユーザーに常に最新の会議室体験を提供できるように設計されています。

ロジクール アプライアンスベースのデバイス

ロジクールは、AndroidでGoogle Meetをサポートする、幅広いアプライアンスベースのソリューションを提供しています。これらの中には、当社の最も人気のあるソリューションセットであるRally Bar シリーズがあります。

Rally Bar シリーズは、優れたオーディオとビデオ品質を実現するロジクールのシグネチャー一体型ソリューションで、さまざまなサイズの会議室に対応しています。 

  • Rally Bar:中大会議室向けに設計され、最大20人が参加可能

  • Rally Bar Mini:最大12人の参加者を収容できるため、小中会議室に最適です。

 

テーブル上に並べられたロジクール ビデオ会議機器

次に、ロジクールの製品ラインに不可欠なコンポーネントである、Tap IP会議コントローラについて詳しく見ていきましょう。Tap IPデバイスは、テーブルから直接会議室デバイスにシームレスなコントロールと構成機能を提供することで、重要な役割を果たします。Tap IPによって、ワンタッチで会議を開始/停止したり、ディスプレイ設定、カメラ調整、オーディオコントロールなどの主要な機能をコントロールしたりすることができます。すべてタッチスクリーン インターフェースで操作できます。

ロジクールのアプライアンスベースのソリューション一式は、あらゆるサイズの会議室に対応できるように設計されており、組織は精確にカスタマイズされたオプションと包括的な機能を利用できます。これらのソリューションによって、組織は、シンプルで非常に効果的な会議室体験を生み出すことができます。

 

ロジクール ソフトウェア

ロジクール デバイスは優れた仕様とパフォーマンスを備えていますが、その際立っているのはソフトウェアです。

アプライアンスベースのデバイスでは、CollabOSがロジクールのビデオコラボレーションデバイス用の統一されたオペレーティングシステムとして機能します。これはプラットフォームとしてのGoogle Meetを強化するだけでなく、構成可能なデバイス設定を提供して、デバイスパフォーマンスを微調整することもできます。CollabOSは、ロジクールのリモート管理ソフトウェアSyncとの通信インターフェイスでもあります。

 

ロジクールSyncソフトウェアのスクリーンショット

Syncを使用することで、ITチームはリモートからデバイスの監視、設定の定義、更新プロセスの効率的な管理を行うことができます。また、Syncはデバイスと会議室の使用状況に関する貴重な洞察を提供し、より良い意思決定を可能にします。

CollabOSとSyncは協力して、多数のメリットを提供します

  1. シンプルなプロビジョニング:CollabOSとSyncは、デバイスの初期セットアッププロセスを合理化および簡素化するための様々なオプションを提供します。

  2. 更新とカスケードの制御:Syncはグループでの更新の検証を可能にし、バージョン管理を可能にし、更新のカスケードを促進します。

  3. 柔軟なモニタリング:監視はGoogle AdminまたはSyncを介して行うことができるため、デバイスを柔軟に管理できます。

  4. インサイト:Syncのインサイトは貴重なユーザーデータを提供し、ITと施設は情報に基づいた決定を行い、生産性を最適化し、公平な会議体験を実現するのを支援します

  5. 高度な管理:CollabOSとSyncは、グループ設定、リモート再起動、ファームウェアバージョン管理などの高度な管理機能を提供します。

  6. デバイスとパートナーの機能イネーブルメント:デバイスは更新を通して継続的に改善されます。CollabOSによってパートナーの機能がシームレスに統合されるため、会議の参加者は新しい機能を素早く活用できます。

CollabOSとSyncを組み合わせて利用することで、組織はプロビジョニングの簡素化、効率的な管理、貴重なインサイトを引き出し、ビデオ会議機能を新たなレベルの生産性とコラボレーションに高めることができます

 

 

セキュリティとプライバシー

セキュリティとプライバシーは、すべてのロジクールビデオ会議製品の設計の重要な側面です。CollabOSはAndroid 10で動作し、そのクラスで最高のセキュリティ、プライバシー、パフォーマンスを提供します。 

ロジクール製品は、製品の設計、開発、および保護における業界のベストプラクティスに従った安全な開発ライフサイクルを使用して開発されています。ロジクールは、設計の初期段階からセキュリティを組み込むことで、セキュリティの期待に応え、それを上回るセキュリティを提供します。

これには、組織全体からのセキュリティ専門家で構成されるセキュリティレビュー委員会による製品設計レビューが含まれます。当社では開発およびテスト中に、システムとソフトウェアのセキュリティを厳密に検証します。また、セキュリティの脅威を分類する業界標準であるSTRIDEに準拠しています。

 

最後に

ロジクールのアプライアンスベースのソリューションは、ビデオ、オーディオ、画面共有が統合されており、あらゆるサイズの会議室に適切なサイズのオプションを提供します。優れた機能セットが搭載されているため、ハイブリッドチームの生産的で公平な会議を実現できます。 

ハードウェアを補完する当社のソフトウェアソリューションは、高度な管理機能、貴重な洞察、およびデバイス機能とインテリジェンスの継続的な更新を提供します。ロジクールのアプライアンスベースのソリューションを採用することで、組織は効率的な会議室体験を生み出し、生産性とコラボレーションを最適化することができます。 

ロジクールとGoogleの ページ にアクセスして、詳細を発見し、Google Meetプラットフォームでのシームレスなビデオ会議の可能性を解き放ちましょう。

 

 

こちらもご覧ください

Impala Studios従業員
導入事例

ロジクール、Impala Studiosで成功するハイブリッドワークを実現

モバイルアプリのパブリッシャーであるImpala Studiosは、ロジクールのハードウェアとソフトウェアを使用して、ハイブリッドワークを実現しています。その方法をご紹介します。
オープンプランのハイブリッドオフィス
インサイト

ホワイトペーパーハイブリッドワークに向けたオフィスの設計調査結果

テクノロジーを活用し、スペースを最適化して、オフィスを従業員を引き付ける魅力的にするにはどうすればよいでしょうかこのケーススタディを読んで、当社が行ったこと、そこから学んだことを確認してください。
クラスルームでディスカッションをする3人の人々
導入事例

デルタ航空TechOps部門

ロジクールとハーマンミラーは、デルタ航空のTechOps部門向けに、遠隔教育クラスルームを作成しました。
ビデオ会議機器が設置されたデスク
インサイト

ハイブリッドワーク体験をMicrosoft Teamsで統一

ロジクールのデスクトップおよび会議室ソリューションがMicrosoft Teamsと連携し、ホームオフィスから会議室まで、従業員をシームレスにサポートする仕組みを学んでください。

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始