記事:複雑さを増した時代におけるホームオフィス ツールセットのシンプル化

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ソファでノートPCを使用して働く人

組織は、臨機応変な対応力を高めようとする中で、リモートワーカーへの依存度を高めています。従業員は在宅勤務中も十分なパフォーマンスを発揮することが期待されていますが、私たちが知っているホームオフィスは、必ずしも持続的かつ長期的なリモートワークのために作られたものではありません。また、今回のパンデミックでは、従業員間の在宅勤務に関する条件の相違など、リモートワークにおける深い不公平が露呈しました。分散されたチームが組織の存続に不可欠になってきている中、ホームオフィスは大幅なアップグレードを必要としています。

今回のパンデミックが発生したとき、ほとんどの企業は、従業員が永続的に在宅勤務するために必要なツールを揃える計画を立てていませんでした。ほとんどの場合、従業員は手持ちのツールを使って、仕事をこなしました。この方法は、ただ不便というだけではありません。これは持続不可能であり、健康や安全に関する規制の発展などの継続的な混乱の中で真のリスクをもたらします。組織は、従業員がどのような状況下でも効果的に仕事ができるようにしなければなりません。

パンデミックの発生により、リモートワークに対する積極的なアプローチの必要性が突如としてクローズアップされました。現在、組織は、柔軟性、セキュリティ、生産性を重視し、より合理的で、組織化され、権限が与えられたリモートワークを求めています。

リモート中心のホームオフィスの設計

一般的なホームオフィスでは、ケーブル、ドッキングステーション、スピーカー、アダプター、電源、ウェブカメラ、マイクなどが机の上に散らかっているのが通常です。これらのコンポーネントの多くは単一の用途向けに作られており、在宅勤務の現実を想定して設計されていません。さらに、これらのデバイスは多くの場合、それぞれベンダーが異なります。ホームオフィス機器のバリエーションが多すぎると、IT部門による管理、特に遠隔管理が難しくなることもあります。

 

このような一貫性のない、後手に回るプロビジョニングのアプローチは以下のような状況につながります。

  • 価値の低いコンポーネントへの高額な出費
  • 特にオンボーディング時に不満を持った従業員からの苦情
  • ITサポートチケットとトラブルシューティングの増加
  • デバイスのメンテナンスやサポートに費やす時間の増加
  • セキュリティリスクの増大
  • コラボレーション、生産性、福祉を高めることができない労働環境
寝室の隅に設けられたワークスペース

より公平なリモートワーク体験の実現

問題は、ITと業務だけに留まりません。これまでは、従業員が自分のホームオフィス空間を整えることが当たり前でした。ITによる規範的な指導がなければ、多くの従業員がコラボレーション、生産性、福祉を高めることができない労働環境で働くことになります。コラボレーション、チームワーク、そして従業員の幸福が成功のためにかつてないほど重要になっているという事実を考えると、これは極めて深刻な状況です。

また、すべての従業員が同じ状況に置かれているわけではありません。実際には、従業員ごとに状況はかなり異なります。従業員の中には、テクノロジーに精通し、デザインに対して優れた目を持つ人もいます。他の人よりも多くのリソースを持っている人もいます。サポート体制が整っている人もいれば、そうでない人もいます。リモートワークに適した居住空間を持つ人もいれば、そうでない人もいます。

従業員が高機能なホームオフィスを整えられるかどうかが仕事の成果に影響する状況は好ましくありません。組織のリーダーは、すべての従業員が質の高いホームオフィスを整えられるように、より積極的な役割を果たす必要があります。このような不公平に対処することで、従業員の体験が改善され、チームの成果が向上します。

リモート中心のホームオフィスの成功の実現

雇用主にとって、ホームオフィスのためのプロビジョニングはコストがかさみ、一貫性を保てない可能性があります。従業員にとっては、不公平になる可能性があり、疎外されることもあり得ます。これらのリスクを軽減するために、リモート中心の働き方では、接続、コラボレーション、福祉、生産性のすべてをまとめて推進するために、ホームオフィス用にゼロから構築された新しいカテゴリーの製品が必要です。

 

IT部門は、従業員のホームオフィス機器が真のリモート中心の基準を満たしているかどうかを評価する必要があります。この基準はどのようなものでしょうか?

  • 個人的な使用に特化した設計
  • バーチャルコラボレーションとコミュニケーションに最適化済み
  • 簡単に大規模な導入と管理が可能
  • 組織の既存のアプリケーションとの簡単な統合が認定済み

 

一部のコンポーネントはこれらの機能の一部を提供していますが、これらの要素をすべて集中的に実現することで複数の課題を同時に解決し、それによってより洗練されたホームオフィス環境が実現します。

予測不可能な状況の変化に対応する回復力を確保するためには、ホームオフィス体験をシンプル化し、遠隔地の従業員間の公平性を保ち、雇用主のためのプロセスを統合する必要があることは明らかです。 

以下もご覧ください

フロスト&サリバン

電子書籍:ハイブリッドワークスペース導入の準備はできていますか?

ハイブリッドワークスペースで実力を発揮するために必要なものを従業員は持っていますか?フロスト&サリバンによる、生産性を高めるツールについてのレポートをご覧ください。

ウェブカメラの自動ライトコントロールのデモ

記事:ウェブカメラ VSノートPC内蔵カメラ:実際の違い

ビデオ会議は非常に一般的になりましたが、多くのユーザーは高画質のカメラを利用していません。ウェブカメラがどのようにより良い体験を生み出し、幅広い導入を促すかを学んでください。

ウェブ会議の画面が表示されているノートパソコンのイラスト

インフォグラフィック:従業員のオンライン コラボレーションを最適化する8つの方法

全従業員のコラボレーション体験を最適化して、Microsoft Teams、Zoom、Google Meetなどのビデオ会議サービスにおけるROIを高めましょう。その方法を解説します。

サポート

つながりましょう