Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

記事:5Gネットワークによって、遠隔医療と患者の転帰はどのように改善するのでしょうか

記事

5Gネットワークによって、遠隔医療と患者の転帰はどのように改善するのでしょうか

遠隔医療の幅広い利用によりすでに命が救われています

遠隔医療の改善に利用されるロジクール製品のグラフィック表現

 

一見したところ、5Gテレコムネットワークがどのように緊急医療ケアを改善し、命を救うかは明らかではないようです。この次世代のセルラー接続性は、速度の強化と遅延の減少を約束します。これによって、高速かつ高品質のビデオ接続が可能になります。これはビデオのストリーミング、ゲーミング、アプリのダウンロードなどに適しています。しかしこれは、心停止、911の救急医療、およびその他の危険をはらむ健康状態とどのような関係があるのでしょうか?

実際、多数あります。

以下の統計をご覧ください:現在ヨーロッパでは、心疾患が年間390万の死亡(英語のみ)の原因になっています。米国では、4件に1件の死亡が心臓に関係しており、毎年70万人を超えるアメリカ人が心臓発作を経験(英語のみ)しています。これらの事象は、救急車の呼び出しと緊急治療室への入院の最も一般的な理由になっています。

こうした状況で5Gが重要になります。高速かつ高品質のビデオを可能にする高速接続によって、医療従事者は、医療緊急事態にある患者が現場に到着する前に、その患者を評価することができます。彼らは現場の他の人々に、適切な治療を開始するよう指示することができます。現場に到着すると、医療従事者は、ビデオ会議を通して病院、クリニック、または医療専門家と接続し、現場で、そして患者の搬送中に、きめ細かい治療をすることができます。 

ビデオ接続の相手側の専門家は、患者の搬送中に、脳卒中や心臓発作の患者を確認して、トリアージを指示し、最も速い緊急治療ができる病院に向かうよう救急車に指示することができます。以前は不可能だった転帰が、遠隔医療と5Gの新興テクノロジーのパワーによって可能になるかもしれません。 

いわゆる「5G遠隔医療」は普及していませんが、これは主に、5G自体の使用がまだ普及していないためです。しかし初期の結果は望みを与えるものになっています。5Gビデオオプションが拡大し、より多くの医療機能が利用できるようになると、これらのサービスを最も必要とする急性患者がアクセスできるようになります。また、間違いなく命が救われます。

5Gとは何でしょうか?また、5Gは遠隔医療をどのように改善するのでしょうか?

米国のすべての主要通信事業者は、過去数年間、第5世代のセルラーワイヤレスを重視してきました。各事業者は、独自の実装アプローチを準備していますが、いくつかの共通した基準に合意しています。本質的に、5Gネットワークは以下を提供します:

  • 速度の強化:5Gの仕様シート(英語のみ)によると、モバイルベースステーション当たり、最低20 Gbpsのダウンリンクと10 Gbpsのアップリンクの速度が予測されます。これらの速度は、常に特定のステーションの全ユーザー間でいつでも分割されます。結果として、個々の使用速度は2 Gbpsに近づくことが予測され、これはやはり非常に高速です。

  • 遅延の減少:迅速な応答は4Gの重大な要素であり、UberやSnapchatなどのアプリをサポートするために必要でした。しかし、メッセージの送信と受信の間に多少の遅延がありました。5Gの遅延はほぼゼロです – メッセージの送信と、セルタワーのpingの間にはほとんど時差がありません。 

  • 容量の増加:これは5Gの非常に重要な部分です:優れた接続性を必要とするセンサー、ウェアラブル、およびその他の人気が高まっているスマートデバイスなど、何十億ものデバイスをサポートする能力です。5Gの仕様は、0.38平方マイル(約0.98平方km)毎に100万台の接続デバイスをサポートします。

これらの機能は、遠隔医療、特に緊急の遠隔医療に不可欠です。5Gネットワークによって、医師は患者をリモートで治療できるだけでなく、遅延や停止なく、ほとんどどこからでも治療することができます。テレビ電話の高い明瞭度とより優れた視覚的ディテールによって、患者が救急車で移動中であっても、より正確なリモート評価と的を絞った早期治療が可能になります。 

5G遠隔医療による入院前設定で命を救う 

急性脳梗塞と心臓発作症例に関するある研究では、病院へのすべての救急車出動の1/3(英語のみ)が、推奨される最長15分の搬送時間を超えていたことが分かりました。搬送時間が長くなると、死亡率と永久的な損傷の可能性が高くなります。 

5G遠隔医療には、第一対応者が、病院に到着する前に、専門外科医と診断医のガイダンスの下でより効率的な救命対策を提供できるようにすることで、緊急ケアを大きく改善する可能性があります。

英国の新しい企業Visionableは、このようなサービスを提供する企業の1つです。医療を重視したビデオコラボレーション会社は、5Gによる救急車内のビデオストリーミング機能の試験を実施しています。ロンドン東部で救急車サービスと提携しながら、Visionableは、第一対応者が、急性脳梗塞患者のためにより優れた、より包括的なケアを提供するのを支援しています。今日までVisionableのサービスは、その救急車サービスとのパートナーシップにより、3,200を超える命(英語のみ)を救いました。

このような遠隔医療サービスは、緊急サービスが必要な急性の症状にのみ対応することによって、病室の混雑状態を減らすこともできます。これは、オーストラリアにあるNorthern Sydney Local Health Districtの Aged Care Rapid Response Teamによってテスト中の方法です。 

4つの在宅ケア施設のスタッフはiPadsを使って、病院に搬送する前に患者のトリアージを行います。老年病専門医と臨床看護師コンサルタントなどを含む医療専門家チームが、患者を素早く評価します。彼らはそれから、搬送をアドバイスするか、治療計画を作成します。全体的に、ビデオフィードを通して評価された居住者の内、全体の時間の約83パーセント(英語のみ)が病院に行くのを避けました。 

これらは、遠隔医療をより簡単かつ可動性にするための、5Gのパワーの2つの例にすぎません。患者を素早く評価しトリアージする能力によって転帰が改善し、差し迫ったケアが不要な人々が病院に行くのを避けることができます。 

5G遠隔医療の前進

よりパワフルなセルラーネットワークと強化されたビデオテクノロジーが標準的になるにつれて、5G遠隔医療は確実に業界のディスラプター(既存技術等を破壊するプレイヤー)になります。また、実際の前進は両方の分野で発生しています。電気通信企業は、世界中で5Gネットワークへのアクセスを増加させています。これによって、遠隔地や地方にいる人々を含む多くの人々にとって遠隔医療が現実的なオプションになります。

また、テクノロジーが向上し、より手頃な価格になっているため、幅広い導入に対する障壁であるビデオ会議機器の導入は、今日それほど大きい障害になりません。例えばロジクールは、非常にクリアなオーディオとビデオを提供する4kウェブカメラを、1回の通院費用未満の価格で提供しています。高品質によって、医師が特定の状態をリモートで診断し、直接の来院と同じように患者と会話し、適切な治療薬または療法を安全に処方することが可能になっています。

ロジクールの医療ソリューションは、他の方法でもケアへのアクセスを拡大しています。これには以下を目的としたビデオテクノロジーが含まれます:

  • 患者の監視

  • モバイルカートと遠隔医療キット

  • スタッフトレーニングと、医療専門家向けの継続的な教育

  • 管理スタッフ用のビデオ会議室

新しい高品質かつ手頃な価格のビデオ会議テクノロジーと、5Gネットワークへの幅広いアクセスにより、私たちは遠隔医療の幅広い利用の最前線にいます。5G遠隔医療へのアクセスは、多くの患者にとって、文字通り元気を取り戻すことを意味します。

 

以下もご覧ください:

オフィスに復帰するワーカーのサムネイル

記事:オフィスに復帰する社員に対して、ITはどのように計画を立てられるでしょうか

従業員がオフィスに復帰するにあたり、ITチームがどのように移行の準備ができるかを学んでください。変化する作業環境において講じることができる事前措置を以下にご紹介します。

ロジクール製品を使ってビデオ会議に参加している男性

記事:ネクストノーマル - 2021年以降の世界はどのようになるでしょうか

従来のオフィス環境の歴史は、職場などのネクストノーマルの予測に役立つかもしれません。

ビデオ会議に参加している女性のサムネイル

記事:ビデオ会議が普及しています。準備はできていますか?

リモート会議用のビデオの導入が急速に増加しています。ITはこの需要を満たす準備ができていますか?以下のベストプラクティスに従い、確実に準備をしてください。

推奨製品

ロジクールMeetUp

MeetUp

小会議室とハドルルーム用一体型カンファレンスカム

Brio

Brio

HDRとWindows Hello対応の4Kウェブカメラ。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクールビデオ会議製品が、ビジネス環境で

実装されている様子をご覧ください。