ホワイトペーパーRally Barビデオ会議ソリューションハドルルーム向け

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ビデオ会議機器が導入されたハドルルーム

ハイブリッドワークの普及が進む中、リモートとオフィスからの参加者いる会議にいて、ハドルルームと小規模コラボレーションスペースの役割も拡大し続けています。調査企業の Futuresourceによると、企業の68%が、小会議室とハドルスペース向けのAVテクノロジーへの投資を計画しています。この小規模なコラボレーションスペースの増加は、さまざまな場所で直接対面、リモート、そして分散したオフィスでさまざまな人々が関与するハイブリッド会議の増加によるものと思われます。

しかし問題は、これらの小さいスペースには、効果的なハイブリッド会議に不可欠な高度なビデオ機能が欠けていることが多いことです。

ITの観点からは、ハドルルームや小スペース向けのビデオ会議ソリューションは、歴史的に、AV機器を最小限にしか装備していませんでした。これは、主な用途が対面会議である、費用効果の高いオプションがない、従業員がオフィスに戻った時に緊急に装備する必要があるためでした。このような機器には集中管理機能がなく、拡張性や効率的な管理が困難であることがよくありました。 

結果として、従業員は多くの場合、BYODアプローチで間に合っています。つまり、ノートPCを使って会議に参加し、コンテンツを共有し、ケーブルを使って会議室にある機器が何であれそれらを接続する必要がありました。ハドルルームが対面の会議に主に使用されていた場合は、このシナリオで十分でしたが、今日のハイブリッド会議では体験が低下します。

幸いなことに、現在ではより優れたアプローチがあります — 従業員、ITとAVのマネージャー、および管理者に役立つアプローチです。

 

複数のハドルルームが隣接しているオフィス

組織はハドルルーム向けの拡張可能なAVソリューションを必要としている

Wainhouse Research現Futurum Groupによると 、ハドルルームにビデオ機能が装備されていない、またはレガシーハードウェアが装備されている場合、「他のサイズの会議室で利用可能なのと同じインテリジェントなビデオとオーディオ機能をサポートしていないBYODソリューションを利用する可能性が高いです。 」 そのため、従業員は通常、ノートPCに内蔵されたビデオを使って会議を行っています。このアプローチの主な問題は次のとおりです。

  • 基準に満たない会議体験 オーディオやビデオの品質が低いと、ビデオ会議の双方での映像と音声が伝わりにくくなります。特にリモートからの参加者にとっては問題です。これによって、会議室にいる人々が特権になり、他の人々にとって不平等な環境が生み出される可能性があります。

  • 会議開始の難しさや遅延旧タイプのデバイスまたはBYODセットアップがハドルルームで使用されている場合、会議の開始とコンテンツの共有の方法は、必ずしも直観的ではありません。HDMIやその他のケーブルが絡んでいる場合があり、会議主催者が混乱する場合があります。

  • 会議室間での一貫性のない体験会議の運営は、できる限りシンプルかつ一貫したものである必要があります。これによって、従業員がすべての会議室でそれを把握する必要がなくなります。旧タイプのシステムでは、多くの場合、会議の開始、参加、またはコントロールのために複数のステップが必要であり、摩擦によって従業員は機器を意図したように使用できませんでした。

  • 将来にわたってテクノロジー投資を継続するための対応アップデートがないビデオ会議用ハードウェアやサービスプロバイダーは、ハイブリッド会議体験を絶えず改善しています。、旧タイプのデバイスやスタンドアロンのノートパソコン カメラは置き去りにされ、これらのイノベーションやアップデートを活用することができません。

  • システムと機器の手動管理AVを複数サイトに拡張することも、システムを継続的に監視および保守することも、旧タイプの機器は、旧タイプの管理機能を提供します。ITチームの貴重な時間と労力を節約するには、一元化された、カスタマイズ可能なリモート管理機能が必要です。

  • 機器の信頼性が低い 会議室のダウンタイムは、チームの生産性に影響を与えます。その原因が、デバイスがオフラインであり、IT部門からは可視化されていない、あるいはシステムが直感的でないため改ざんや遅延が発生しているなどの理由にかかわらず、会議室のダウンタイムはビジネスの生産性とオフィスでの貴重な時間に影響を与えます。

ハドルルーム向けの最新のビデオ会議ソリューション

ハドルルームやその他の小さいスペース向けのAVソリューションは大きな進歩を遂げ、現在ではビデオ機能を効率的に拡張することが可能になっています。今日のソリューションは、あらゆる会議スペースからビデオコラボレーションを可能にし、従来の課題の多くを克服することにあります。これには以下が含まれます。

  1. 設置とセットアップが簡単な、合理化された一体型の一体型ビデオバー。単体で、またはタッチコントローラとのペアリングも可能です。

  2. Microsoft Teams Rooms、Zoom Rooms、Google Meet認定済みのソリューション。相互運用性も考慮しているため、必要に応じて、会議室や会議室を、選択したプラットフォームに切り替えることができます。

  3. スマートフォーカスとフレーミング、高度なコントロール、複数ストリームなどのビデオ会議イノベーションに対応して、継続的に更新できる、クラウドで管理されるインテリジェントなハードウェア。デバイスのリモート監視と管理、システム状態の維持、大規模導入全体での更新の調整を一元的にコントロール。

偶然にも、これらは小規模スペース向けの最新のソリューションの開発を開始した時の当社の戦略目標でした—導入可能性、根本的により優れた体験、および管理容易性を念頭に置いて。

既存の中・特大会議室用のRallyファミリーソリューションから着想を得ました。これらの要素の多くを取り入れながら、統合されたデザインとサステナビリティの点でゲームを強化して、4人目となるメンバーのためにRally Bar Huddle。

 

 

 

使いやすいビデオ会議ハードウェアを使用したハドルルームのセットアップ

Rally Bar Huddleのご紹介

2023年半ばに発売されたロジクールRally Bar Huddleは、ハドルルームや小規模なスペースで、よりインテリジェントかつ効果的な会議体験を実現するビデオバーとして、当社の一体型ビデオ会議ソリューションファミリーの最後の製品です。Rally Bar Huddleは、あらゆるレイアウトの会議室に柔軟に統合でき、会議室のレベルを引き上げます。Rally Bar Huddleは、「機能性やパフォーマンスを犠牲にすることなく、ハドルルーム向けのコンパクトで手頃な価格のオプションです」と、Wainhouse Research社のレポート「 ロジクールRally Bar Huddleのファーストルック」で述べています。

Rally Bar Huddleによって、ハドルルームや小規模スペースを簡単にビデオ対応にすることができます。まず、Rally Bar Huddleを導入すれば、従業員はリモートで働くチームメンバーとシームレスにコミュニケーションを取り、コラボレーションを行うことができます。4KカメラはAI駆動の様々な表示モードでフォーカスとフレーミングを行い、Rally Barと同様にマイクアレイは会議室の音声をクリアに捉えます。 

これは柔軟に導入でき、以下のモードで簡単に構成できます。

  • ビデオ会議アプライアンス — Zoom RoomsとMicrosoft Teams Rooms on Androidを実行するための機能をネイティブに搭載

  • コンピュータと組み合わせた場合の、Google MeetまたはMicrosoft Teams Rooms on Windows向けのようなPCベースのソリューション

  • BYOD 会議室周辺機器

 

さまざまな接続モードを提供するRally Bar Huddle

ロジクールRally Bar Huddleは、パソコンに取り付けたUSBデバイスとして導入することも、コンピューティング機能を内蔵したビデオ会議アプライアンスとして導入することも、BYODモードで導入することもできます。

Rally Bar Huddleは、柔軟な取り付けオプション、すっきりしたケーブル管理、カスタマイズ可能なカバーオプションなど、おしゃれなオフィスデザインに簡単に統合できます。次世代のプラスチックで作られた当社初のビデオバーとして、Rally Bar Huddleはまた、サステナビリティと循環性を念頭に置いて設計されました。

ハドルルームの要件とRally Bar Huddleの機能の詳細な分析については、Wainhouseの詳細レポートをダウンロードしてください。それから 、小さいスペースを簡単にビデオ対応にする方法をご覧ください 。

 

 

以下もご覧ください

オープンプランのハイブリッドオフィス
インサイト

ホワイトペーパーハイブリッドワークに向けたオフィスの設計調査結果

テクノロジーを活用し、スペースを最適化して、オフィスを従業員を引き付ける魅力的にするにはどうすればよいでしょうかこのケーススタディを読んで、当社が行ったこと、そこから学んだことを確認してください。
ビデオ会議に参加する女性達
インサイト

Android 用Google Meet

ロジクールのアプライアンスベースのデバイスで、Android上でGoogle Meetのパワーを発見
半身のポートレート
インサイト

ロジクール SelectでVCへの投資を最大化

IT組織は、会議室を利用する際に3つの課題に直面しています。リモート管理、使用方法に関する不確実性、優れた体験の提供です。ロジクール Selectがどのように役立つかをご覧ください。
小会議室
導入事例

ポートランド州立大学が教室と管理スペースをモダナイズし、ハイブリッドの学習と業務をサポート

公立研究大学がロジクール会議室ソリューションを教室と管理スペースのモダナイズに活用し、学生の多様な利用形態をサポート

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始