ビデオ会議スペースのセットアップ

ベストプラクティス

ディスプレイ

シングル、デュアルディスプレイ、または複数のディスプレイ

ハドルルームや小会議スペースは、1台のフラットパネルディスプレイで十分にセットアップできます。追加の画面を設置するスペースがある場合、1台をリモート参加者の表示用に使用し、もう1台を共有コンテンツ専用にすることができます。これによって、画面から離れた人々も共有コンテンツを簡単に見ることができるため、これは特に大きい部屋に役立ちます。

 

デュアルディスプレイのその他の利点は、2つの画面の間にPTZカメラを目の高さに配置できることです。シングルディスプレイの場合、カメラは通常画面の下または上に設置します。

ディスプレイサイズ

ディスプレイは、会議の全参加者が画面上の共有コンテンツを簡単に見られるほどの大きさがあり、会議テーブルと全体的なミーティングスペースに調和していることが理想的です。テキストも読める解像度とサイズで、カメラの映像とコンテンツの映像を表示できるのが最適なディスプレイになります。最適なディスプレイサイズを決定するには、ディスプレイを取り付ける壁と、一番遠い座席位置の間の距離を測定します。一番遠い位置までの距離を4で割ると、それが画面の推奨最小高さになります。画面の高さに1.8を掛けると、それが対角サイズ、つまりディスプレイサイズの寸法になります。これよりも大きいディスプレイが適している場合もあり、これには判断力が必要になりますが、上記の方法は常に良い結果をもたらすはずです。

 

取り付けオプション

ミーティングスペースの制約や嗜好に基づいて、ディスプレイ取り付けオプションを選択します。大会議室での一般的な選択肢は、ディスプレイを壁上に取り付けることです。これはプロフェッショナルな外観になり、参加者全員にとってより見やすくなります。

1台のディスプレイを壁に取り付ける場合、ディスプレイの中心を、壁とテーブルの中心に揃える必要があります。ディスプレイを2台設置する場合、水平または垂直に配置することができます。水平取り付けの場合、テーブルの中心が、2台のディスプレイの隙間に揃うようにディスプレイを配置します。垂直設置の場合、1台のディスプレイと同じルールに従います。

ディスプレイを配置する時は、カメラの配置を念頭に置きます。カメラの設置場所が高すぎる、または低すぎる場合、室内の人々の投影は準最適になります。同様に、ディスプレイの配置が広すぎる、高すぎる、または低すぎる場合、室内の人々が画面を見た時に、リモート参加者の表示が不自然になる場合があります。カメラとディスプレイの最適な位置は、すべての会議参加者がくつろいで自然にアイコンタクトができる位置です。

表示される人数が1人の場合、その人の頭部が画像の上部1/3にある必要があります。この理由から、こうしたタイプのビデオ会議では、ディスプレイの上にカメラを取り付けると、より自然に会議を行うことができます。相手側に複数の人々がいる場合、参加者が画面の大部分(全部ではなくとも)を占める傾向にあり、画面の上または下にカメラを取り付けると、自然な表示になります。できる限り目の高さにカメラを保持するのが最善であることを覚えておいてください。目の高さは室内の座席に相対しますが、標準的な座席配置の場合、これは平均で116~127cmです。つまり、ディスプレイの下にカメラを取り付ける場合、ディスプレイを壁上で上昇させる必要があることに留意してください。これが空間内で上手くいくかどうかは、ユーザーの部屋に対する感覚的嗜好に基づいた客観的なものです。カメラをディスプレイの上に取り付ける場合、ディスプレイの下部は、テーブル面の高さにできるだけ近くする必要があります。ほとんどの場合、標準的な会議室テーブルの上面は76cmです。この場合、通常カメラが目の高さより上になりますが、それでもより良い結果をもたらします。

 

ディスプレイカート 

モバイルディスプレイカートによって、ビデオ会議を行う場所に移動性と柔軟性が加わります。モバイルカートはシステム全体を収容でき、電源ケーブルとネットワークジャックがあれば、オープンスペースや様々な部屋に移動させることができます(外部接続のみが必要な場合)。固定カートは、ディスプレイやその他の機器を恒久的に設定することが実際的でない、または不可能なスペースにおいて優れたオプションになります。可動性または固定であっても、安定した取り付けオプション、ケーブル管理の収容、および丈夫かつ機能的な設計を備えるものが適切なカートになります。

オプションのブラケットや、カメラ、パソコン、スピーカー、会議室コントローラー、テーブルタップおよびその他のアクセサリーの簡単な取り付けオプションを備えるカートソリューションを見つけてください。例えばHeckler AV Cartは、デバイスをカートに直接しっかりと取り付ける、オプションのMeetUpブラケットを提供します。すっきりした美しい外観で、ケーブル管理も装備されています。

Heckler Designは、オプションのロジクールMeetUpブラケットを含むAVカートを提供します

 

AVカートは1台または2台のディスプレイに利用でき、さらにアクセサリーの収納や、パソコンなどのデバイスの取り付けも可能です。パソコンなど、動作中に熱が発生するコンポーネントを設置する場合、必ず十分な換気を行ってください。AVカートを室内に恒久的に導入する場合、ミーティングスペース内を簡単に移動できるように、脚とキャスターの形状も考慮してください。ストレージドゥロワーとドア用のKensingtonロックやオプションのロックなど、ギアをカートに固定するためのデバイスも検討する必要があるかもしれません。

 

設定

ディスプレイ解像度、色彩度、および輝度/コントラストを含むディスプレイ設定は、画面に表示される映像の重要な属性を決定します。最初のライブビデオ会議前に、設置中に、必要に応じて設定の確認と調整を行います。一般的に、デフォルトで、ディスプレイには、テレビ用に設定を最適化するための、ビデオとオーディオを処理する多数の設定があります。ビデオとオーディオのパフォーマンスを最適化するために、これらの設定は無効にするか、または無効化できない場合は最低レベルに設定する必要があります。「ゲームモード」というビデオ設定がある場合、これは通常、処理が最も少ないビデオ設定で、最高パフォーマンスを提供します。

 

インタラクティブディスプレイ 

インタラクティブディスプレイは、タッチ対応のビデオ画面です。ブレインストーミングやホワイトボードの使用向けに部屋前面のコラボレーションのサポートを目的とした部屋レイアウトの場合、インタラクティブディスプレイによってユーザーは、メモ、イラスト、およびより優れたリアルタイムのコラボレーションを可能にするその他の作業をデジタル化することができ、保存してその後アクセスすることもできます。

ビデオ対応のインタラクティブディスプレイは、室内でのコラボレーションのほか、リモートの参加者がいるビデオ会議に使用できます。複数のクラウドベースのビデオ会議プラットフォームが、リアルタイムの注釈や共有コンテンツ用の、または会議コントローラーとして、インタラクティブディスプレイをサポートするようになっています。例えばZoom Roomsでは、画面をワンタッチすると、ユーザーは簡単に注釈付け、描画、強調表示、消去ができ、会議コンテンツをZoomクラウドに録画することもできます。

カメラ

カンファレンスカムの中心はカメラそのものです。カメラは、室内の全員が表示されるように、最適な高さ、距離、および表示角度で配置する必要があります。

視野(FOV)は、カメラレンズの水平表示能力を左右します。この仕様は、以下のように、ロジクールビデオ会議ソリューションによって様々です。

各ロジクールレンズの視野は、対象の環境内で最適なパフォーマンスを実現するように設計されています。例えば、MeetUpが提供する超広角、ひずみの少ない120°の対角視野は、人々がディスプレイとカメラの比較的近くに座るハドルルームに理想的です。

 

角度

理想的なカメラ位置は目の高さです。これは、対面のコラボレーションに最も自然な向きを提供します。会議の参加者に対してカメラの位置が高すぎる(または低すぎる)と、視覚的パフォーマンスが落ちる場合があります。

ディスプレイが1台の場合、カメラを画面のすぐ上または下に配置する必要があり、カメラ位置を目の高さにするのが難しいことがあります。この問題に対処するために、すべてのロジクールカンファレンスカムには、表示角度を微調整できる電動のパンとティルト機能があります。

 

距離

カメラの視野を十分活用し、全員をフレーム内に収めるには、一定量の距離が必要です。以下の図に示されているように、コツは、カメラが最大の可能性を実現できる場所に座席を配置することです。片方がもう一方より幅広いデザインの会議テーブル(三角形や台形の形状など)では、カメラのビューにより多くの人々を含めることができます。

オーディオ

卓越した映像に加えて、ビデオ会議を成功させるには、明瞭度が高いオーディオが不可欠です。すべてのロジクールビデオ会議ソリューションは両方を提供します。

MeetUpConnect、およびBCC950は一体型のシステムで、スピーカーとマイクの両方が含まれています。MeetUpのオーディオ範囲は、購入時、半径2.5mです。拡張マイクを使って拡張すると、拡張マイクの配置場所からさらに半径0.9mになります。Connectのオーディオ範囲は、さらに50%広い半径1.8mです。BCC950は無指向性のスピーカーフォンを装備し、マイク範囲は半径1.2mです。

GROUPでは、会議の出席者はスピーカーフォンの周囲半径3m内で会話ができ、音声がリモート参加者に非常に明瞭に伝わるため、同じ部屋で会話をしているように感じるでしょう。オプションの拡張マイクによって会話領域が6mから8.5mまで広がるため、スピーカーフォンから離れた場所に座っている人の声も明瞭に伝わります。

Rallyは、非常にクリアかつ自然な会話音を生み出す個々のマイクポッドで、オーディオパフォーマンスと柔軟性を最大化します。各マイクポッドには、気を散らす音を自動的に排除しながら、アクティブなスピーカーに集中する複数のビームフォーミング要素とRightSound™テクノロジーが装備されています。最高7個のマイクポッドが同時に動作して、大会議室の全ての席に届く一貫したオーディオを生み出します。

 

マイクの配置

半径1.2mの音響範囲によって、最高4人のBCC950ユーザーが一体型ユニットの近くに座ると、最高のオーディオパフォーマンスを体験できます。Connectは、1~6人の会議参加者がデバイスの半径1.8m内に着席した場合に、最高のオーディオ結果を実現します。

MeetUpには、半径2.4m以内でマイクが向いている方向の音を拾う、3本のビームフォーミングマイクが含まれています。MeetUpは後方から音を拾うことができないため、室内の人々を向くように配置する必要があります。オプションの無指向性の拡張マイクは、配置された場所から半径1m範囲を網羅します。

GROUPには全二重のスピーカーフォンが装備され、4本の無指向性マイクで、テーブル中央で360度のオーディオ体験を提供します。ビームフォーミング テクノロジーによって、半径3mのスペース全体で会話に集中できます[またはオプションの拡張マイクを使って8.5m]。

各Rallyマイクポッドは、半径22.9m範囲内の会話音を精確に拾います。対応人数は最高10人です。 追加のマイクポッドを簡単に追加し、オーディオ範囲を拡張して、ミュートコントロールに便利にアクセスすることができます。

音響サポート

オーディオシステムの品質に関係なく、どの物理的スペースにも固有の音響的特質があり、その多くは管理できます。部屋の建造と備品に使用される材料のタイプは、部屋の音響に最大の影響を与えます。金属、石、ガラスまたは類似の硬質材料など、反射が強い面がある部屋は避けるようにしましょう。こうした材料によって音波の反射が大きくなる傾向があり、オーディオ品質が低下します。ガラス窓によって外部騒音が入り、室内の人々や、相手側の人々の気を散らせることがあります。

音響天井タイルは、音の吸収と、エコーや残響の軽減において非常に効果的です。天井からつるす音響パネルもまた効果的です。

カーペットは音をよく吸収するため、理想的な床張り材料です。一般に、ソフトで質の高い材料が音を最もよく吸収します。

音響パネルを使って音を吸収し、不要な反射を軽減することができます。一般に、覆われている表面領域が広いほど、効果的です。部屋のコーナーのベーストラップで音響パネルの吸音を補うと、低周波の問題の改善になります。