ビデオ会議スペースのセットアップ

環境

環境

会議室環境は視覚的なコンテキストを提供し、これがビデオ会議の全体的な品質を強化する(または弱める)場合があります。以下のガイドラインに従って、プロフェッショナルな品質を実現し、最高のユーザー体験を生み出しましょう。

部屋の性質

可能な限り、反射面が最小のミーティングスペースを選びます(特に外窓やその他の大きいガラス面に留意します)。つや消しに見える表面が、物理的な空間では目に見えなくても、リモートユーザーに対してはまぶしい光を生み出す場合があります。会議室の選択は、照明、部屋の色、背景で変化するもの、備品、および部屋のサイズ/形状に影響を及ぼす可能性によって決定する必要もあります。

ライト

均一に照らされた会議スペースにより、カメラは最も精確な色、コントラストおよび画像解像度をキャプチャできます。通常3000K~4500K範囲の色温度によって、多くのオフィススペースに見られる拡散する蛍光灯は、この目的において適切に機能します。

会議参加者の背後に強い光源があると被写体が暗くなり、望ましくないシルエットが生まれる傾向があるため、カメラを外窓やその他の強い照明(指向性スポットライトなど)に向けることは避けてください。カメラが直接外窓に向いていなくても、明るい日光もまた、ビデオカメラが表現するのが難しい鋭いコントラストを生み出します。この問題を軽減するために、ブラインド、カーテンまたはシェードを設置して、照明状態をより良く管理することを検討してください。

RightLightなし
RightLightあり

カメラと外窓またはその他の強い光源の間に被写体を配置すると、望ましくないシルエットの原因となり、画質の低下につながる場合があります。ロジクールRightLight™テクノロジーは、光バランスを最適化し、顔を強調し、自然な肌の色合いを表現することで、バックライトやその他の照明の問題を解決します。

部屋の色がビデオ会議視覚的な品質に影響を与えることがあります。最善のオプションは、カメラに入る壁を、無地のグレーまたはその他の中間色にすることです。

カメラが肌の色やその他の色合いを意図せず歪める原因になることがあるため、明るい色(純粋な赤、青、および緑など)を避けます。背景の派手なパターンも、できる限り避けます。カメラは通常、最終的に視覚的な邪魔になり、ユーザー体験を低減するパターンをあまりキャプチャしません。

ブランディング、ディスプレイ、またはその他の目的で、部屋を色で活気づけることが重要な場合、カメラの視野の背後にある壁上で色を控えめに使ってください。低い座席など、カメラのビューの外にあるオブジェクトでも、近くの壁に反射すると色の跳ね返りが起こる場合があることを覚えておいてください。

背景

カメラにとって、 視覚的な散乱物は複雑なパターンのようなものであり、カメラの視線内ではできるだけ避ける必要があります。これには、不要な備品、テーブルの散乱物、華美な植物、派手なアートワーク、反射ガラスが付いた額入りのプリント、および動くオブジェクト(隙き間風が当たるカーテンなど)などの例があります。可能な限り、テーブル上の配線を下側に隠します。

透明な壁や窓もまた、会議の相手側に対して会議室の外の動きや活動が映る場合、気を散らす原因になる場合があります。ガラスの壁もまた、外部の人々によって会議が見られるという点で、プライバシーの問題を引き起こします。考えられるソリューションには、ブラインドやカーテン、プライバシースクリーンまたはすりガラスがあります。

備品

部屋のサイズに関係なく、適合する会議テーブルと適切な数の椅子が、ミーティングスペースの設置と定義付けに役立ちます。テーブルのサイズと椅子の数によって、製品の選択を数種類または1つの製品に絞れることがよくあります。

カメラがテーブルの全員を「見る」ことができるように、備品を配置する必要があります。ここに示されているように、これは通常、テーブルの先端にカメラと画面を配置し、両方の長い側に座席を配置することで実現できます。

ハドルルーム/小会議スペースでの効果的な備品の配置

大会議室での効果的な備品の配置

テーブル自体の形状が、カメラに表示される人数を最大化するのに役立つ場合があります。先細の形状(三角形、台形または半円など)が最適です。幅広い側を画面とカメラに近づけます。可能であれば、長方形のテーブルを選択するのを避けます。これは、カメラに最も近い参加者が、後ろに座っている人々をビューから遮る傾向にあるためです。

小さい部屋の場合、円形テーブルは良い選択肢です。これはテーブルがカメラの視線を遮らないためです。円形テーブルを選択する場合、テーブルの脚の位置によって、人々が快適に座れる場所が制限される場合があることに留意してください。部屋に収容できる参加者数を増やすには、複数の小さく高いテーブルと、軽量の移動可能な座席を選択してください。これにより、より多くの人々が会議に参加できるようになります。

すべての場合において、部屋の外にいる参加者のために、カメラの視野が室内の参加者をフレーミングする方法に留意してください。カメラに近い備品は、カメラから離れている備品よりも広い視野を必要とします。