Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

記事:ビデオ会議、会議室、およびITのコンシューマライゼーション

記事

ビデオ会議、会議室、およびITのコンシューマライゼーション

従業員はコンシューマライゼーションのメリットを得ますが、ITはどうでしょうか?

ロジクールTap会議室ソリューションが装備されたビデオ会議のグラフィック表現

コンシューマライゼーションは、IT組織が長年にわたり直面してきた課題であり、これは世界的なパンデミックによって加速しているようです。従業員は、職場で使用するテクノロジーが、自宅で使うテクノロジーとは異なり、簡単かつ直観的で、デザイン性に優れていることを期待します。しかしこれは常に事実というわけではありません。

世紀の変わり目の前、提供されるテクノロジーの種類や、そのデザインについて、従業員には発言力がほとんどありませんでした。簡単に言えば、ユーザー体験は「市場の主な原動力ではありませんでした。」1

それでは、何が変わったのでしょうか?将来、コンシューマライゼーションはIT意思決定者に対して何を意味するのでしょうか?特に、コンシューマライゼーションは、ビデオ会議と会議室テクノロジーにどのような影響を与えるのでしょうか?

 

ITのコンシューマライゼーションは新しいものではなく、消えていくものでもありません

その概念は過去数年間にわたり広く議論されてきましたが、コンシューマライゼーションのトレンドは1970年代後半と1980年代初期に、初のパーソナルコンピュータの開発と共に始まりました。しかし、これは2005年頃まではトピックとして実際に体系化されませんでした。これは、Gartnerがコンシューマライゼーションを「今後10年間にITに影響を及ぼす最も重要なトレンド」と呼んだ時です。2

アナリストが気づいたことは、2000年半ばまでには、消費者がテクノロジーの主な買い手として企業を追い抜いていたことです3。顧客のシェアが企業から消費者に移行するにつれて、ハードウェアとソフトウェアのベンダーはこれらの消費者のニーズに対応し始めました。これは巨大な機会がある新興市場でした。

消費者が望んだものは何でしょうか?3つのキーワード:シンプル、簡単、エレガント。消費者は、複雑でなく、直観的で美しいデザインのテクノロジーを望んでいます。

しかしこれらの属性が、企業や政府の買い手の最優先事項になったことは決してありませんでした。結果として、エンドユーザーのニーズはIT意思決定者と買い手の優先事項と一致しないと感じられることがよくあります。

以下は、これが問題である理由です。従業員(消費者でもある)に選択肢ができた。多くの場合、消費者向けに設計されたテクノロジーは、作業環境に簡単に適応できる。Dropbox、iPhone、モバイルアプリ、およびビデオについて考えてみてください。 

これらにはオプションがあるため、ITが提供した製品またはサービスが気に入らない従業員は独自のソリューションを簡単に見つけることができます。結果として、ITは対応を強いられます。ITの買い手は、エンドユーザーの嗜好を無視して、従業員が回避策を見つけるのを期待したり、ユーザー体験を優先する購入決定をしたりすることもあります。

実際、従業員に承認済みのテクノロジー製品リストから選択させることで、この傾向に対処したITチームもあります。Gartnerが述べているように、「コンシューマライゼーションを受け入れることができます。これは対応する必要があるが、停止することはできません。」4

 

コンシューマライゼーションはどのように会議体験を強化したか

コンシューマライゼーションはITの頭痛の種のように見えるかもしれませんが、そうであってはいけません。ビデオ会議と会議室テクノロジーは、誰にとっても「ウィンウィン」であるソリューションにおいて消費者の嗜好とITニーズを一致させることができる例です。実際、ビデオ会議は、コンシューマライゼーションの潜在的メリットのケーススタディです。

ビデオ会議テクノロジーは、数十年間存在しています。しかし最近まで、これは非常に高額で、十分に活用されず、会議室の導入は1~2%前後でした。 

最近数年間の内に、このモデルは、Zoom、Google Meet、およびMicrosoft Teamsなどのシンプルで直観的なビデオ会議ソフトウェア アプリケーションや、高品質で手頃な価格のカンファレンスカムや会議室ソリューションの出現によってひそかに妨害されていました。 

 

エンドユーザーにとって、体験は最重要です

テクノロジーがはるかに使いやすくなり、価格が手頃になっただけでなく、ユーザーの期待も同様に進化しました。

  • ビデオ会議は使いやすくなければなりません。

  • 従業員が、あらゆる場所から通話に簡単に参加できる必要があります。

  • ソフトウェアとハードウェアは一貫して適切に機能する必要があります。

  • パフォーマンスと同様に外観も優れている必要があります。

  • おそらく最も重要なことは、従業員自身が自分の姿を適切に表示し、声をクリアに伝えられることです。

従業員は、優れた体験(シンプルで簡単、美しい)を提供するビデオ会議ソリューションに引き付けられ、そうした体験を提供しないソリューションを避けます。

今日、この問題には高い緊急性があります。今日の従業員はますます分散しているため、ビデオは既により広く受け入れられ、パンデミックがこのプロセスを加速しています。ビデオ会議は現在、リモートで作業する従業員間のコラボレーションに不可欠な手段であると言ってもいいでしょう。

また、一部の従業員がオフィスに時々いて、一部は在宅勤務を継続し、チームが分散するハイブリッドモデルを組織が採用するにあたり、ビデオ会議は不可欠であり続けます。

この環境では、従業員は、オフィスの会議室での会議と、ヘッドセットとウェブカメラなどのパーソナルコラボレーションツールを使ってリモートで出席する会議の間を流動的に移動する必要があります。一貫性のある会議体験が不可欠です。

 

コンシューマライゼーションから学ぶ(および利益を得る)

消費者の考え方を理解することが、ビデオ会議と会議室ソリューションを拡大するIT意思決定者にとって重要です。意思決定者は、優れたユーザー体験を提供する、シンプルで簡単な、美しいソリューションを提供することを重視するベンダーを優先する必要があります。 

また、このアプローチから利益を得るのは従業員だけではありません。あらゆる状況ですべてのユーザーに一貫性のある会議体験を提供することで、サポートヘルプデスクのコールとトラブルチケットも減ります。これらの要件を満たすビデオ会議と会議室テクノロジーはITの頭痛の種をなくすことができ、従業員の生産性、関与、および効率性を維持するのを可能にします。

_____________________________

  1. “A new mindset:Consumerization and enterprise software,” TechRepublic.
  2. 「Gartnerは、今後10年間、コンシューマライゼーションは、ITに影響を与える最も重要なトレンドになると述べています。」Business Wire(2005年10月20日)。
  3. 引用、TechRepublic。
  4. “Information Technology Glossary:Consumerization,” Gartner.

以下もご覧ください:

ビデオ会議のグラフィック表現

記事:会議用の新しいAI & 音声コントロールテクノロジー

従業員がオフィスに復帰するにあたり、ITリーダーがAIと音声コントロールを使って会議室を安全にし、会議室体験を強化している方法を学んでください。

ロジクール製品がある会議室の照明

電子書籍:ビデオ会議への投資を検討していますか?これらの5つの質問をまず自問してください

最高情報責任者は、ビデオ会議がイノベーション、意思決定および顧客体験を強化すると考えています。しかし、組織に最適なVCツールはどのように判断できるのでしょうか?

フロスト&サリバン

ホワイトペーパー:職場における破壊的移行に対応する

最大50%の従業員がリモートワークをしています。このフロスト&サリバンのホワイトペーパーを読み、ビデオ会議ツールによって、新しいボーダレスオフィスが可能になる仕組みを学んでください。

推奨製品

ロジクールRally

Rally

自動カメラコントロール搭載のプレミアムUltra-HDカンファレンスカムシステム。

ロジクールTap

Tap

職場でのコラボレーション向けタッチコントローラー。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクールビデオ会議製品が、ビジネス環境で

実装されている様子をご覧ください。