Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

記事:ビデオ会議がリモートワーク体験を強化する仕組み

記事

ビデオ会議に理想的なWork-From-Home(在宅勤務)ツールセット

ITリーダーは専用ヘッドセットとウェブカメラを使ってどのようにリモートワーカーをサポートできるか

ビデオ会議モニターに映る男性のイラスト

ビジネスの世界が、完全なオフィスを拠点とした職場環境モデルから、新しいハイブリッドの職場環境モデルへと移行するなか、私たちは皆新しい働き方を取り入れてつつあります。

例えば、IT部門は、直接見たり扱ったりできないテクノロジーと機器を持つ何千人もの従業員に対して、日常的に技術サポートを提供しています。また従業員は、オフィス環境と、仕事をするには理想的とは言えない自宅の環境の間を行き来することに慣れようとしています。

一部の従業員は、 ビジネス用に最適化されているかどうかに関わらず、手元にあるヘッドセットまたはウェブカメラを使って会議に参加しています。または、ノートPCの内蔵ハードウェアをビデオ会議に利用する従業員もいます。ノートPCのオーディオとビデオの機能は平均以下であるため、これは問題になる場合があります。

リモートの従業員に実際に必要なことは、オフィスと自宅、またはその他のリモート作業環境の間をスムーズに移動できることです。IT部門が従業員とIT組織自体を支援するためにできることの1つは、従業員がリモートで仕事をする際に使用できる個人用のコラボレーションツール一式を提供することです。これには、マウス/キーボード/モニターの標準的な組み合わせに加えて、会議専用のヘッドセットとウェブカメラが含まれる場合があります。

 

専用のヘッドセットとウェブカメラを従業員に提供することが重要である理由

以前に在宅勤務をしたことがない従業員は、様々な大切なことを学びました。例えば、一般向けのオーディオとビデオ機器はビジネスには不向きであることは、IT部門ではすでに認識されていることです。

ゲーミングや音楽などの多くの用途には適していますが、一般向けのデバイスはビデオ会議用に最適化されていません。

  • 多くの場合、一般向けデバイスには、話者と聞き手の両者が話に集中するのに役立つノイズキャンセリングテクノロジーが搭載されていません。
  • 一般向けデバイスは、Google、Microsoft、およびZoomなどのベンダーのビデオ会議ソフトウェアに対して認証を受けていない、または最適化されていません。
  • 一般向けデバイスには従業員が必要な機能が含まれていません。例えば、音声をクリアに伝え、高品質な映像を実現する、音声レベルの調節や高解像度ビデオなどです。

これらの同じ制限が、ノートPC内蔵のオーディオとビデオにも当てはまります。また、ノートPCにはもう1つの欠点があります:カメラ、マイク、およびスピーカーは、画面が閉じた状態では使用できません。これは、ノートPCをリモートのキーボード、マウス、およびモニターに接続する場合によく発生します。

一方、ビジネス用のヘッドセットとウェブカメラのメリットを考えてみてください。 

 

ビジネス用に設計されたウェブカメラは通常以下のものを備えています:

  • 高品質な映像を実現する、優れた、解像度、1秒当たりのフレーム数、視野角、およびレンズの品質。
  • カメラを目の高さに設置することができる調整可能なマウント。
  • 多くの場合に理想的な照明が得られないホームオフィスで非常に重要な照明条件の自動調整。
  • スムーズな会議を後押しする、ビデオソフトウェアプロバイダーとの連携。
  • カメラを使用していない時にユーザーに安心感を与えるプライバシーシャッター。

 

ビジネス用に設計されたヘッドセットは、通常以下のものを備えています:

  • 周囲の音や気を散らすものをなくすためのノイズキャンセリング機能
  • 音声が自然に聞こえるようにするデジタル信号処理
  • 主要ビデオソフトウェアプラットフォームの認証、およびミュートボタンなどの内蔵機能
  • 長時間快適性を提供する素材(非常に厚いフォームや、ソフトなイヤーパッドカバーなど)
  • 1日中使用できる、長持ちするバッテリー

 

標準的な生産性向上ツール一式を従業員に提供することで、IT部門にもたらされるメリット

ヘッドセットやウェブカメラなどの個人用コラボレーションツール一式によって、従業員がオフィス外でより効率的な作業空間を作り出すことができるのは明らかです。しかしIT部門にとっても、以下のようないくつかの長所があります:

  • 従業員が簡単にインストールしてセットアップできるプラグ&プレイデバイスを提供することで、サポートコールが軽減します
  • IT担当者が問題を素早く特定したり、障害のあるコンポーネントを交換したりできることで、問題が発生した時のサポートを簡素化できます
  • 承認済みのベンダーからより効率的に調達するのが可能になります

さらに、ユーザーにロジクールのヘッドセットとウェブカメラを提供した場合、Logi Tuneも導入してウェブカメラを管理することができます。この無料アプリによって、ユーザーは、ロジクールのヘッドセットとウェブカメラをカスタマイズすることができます(サウンド品質の調整、ウェブカメラのズーム、ティルト、パン、または映像の色の調整など)。大規模導入用の機能によって、IT部門は、Zone Wired、Zone WirelessヘッドセットおよびBrioウェブカメラなどのユーザーのデバイスを管理したり、瞬時に更新したりすることができます。

 

ロジクールがあなたを支援します

ヘッドセット、ウェブカメラ、およびその他の周辺機器の信頼されているブランドであるロジクールは、ビジネスまたは自宅の環境において使いやすく柔軟で、シームレスな個人用コラボレーションツールを提供しています。 

毎日、何百万ものビジネスユーザーが、ロジクールのヘッドセット、ウェブカメラ、キーボード、およびマウスを使ってより効率的に仕事をしています。当社の個人用コラボレーションツールは、常に意図した通りに動作するため、ヘルプデスクへのコールとトラブルチケットが減少します。これらのツールは、ユーザーが好むプラグ&プレイのパフォーマンスと、ITリーダーが称賛する低い総保有コストを提供します。

以下もご覧ください:

会議室のイラスト

電子書籍:ビデオ会議への投資を検討していますか?これらの5つの質問をまず自問してください

最高情報責任者は、ビデオ会議がイノベーション、意思決定および顧客体験を強化すると考えています。しかし、組織に最適なVCツールはどのように判断できるのでしょうか?

ビデオ会議に参加している女性と男性

ホワイトペーパー:職場における破壊的移行に対応する

最大50%の従業員がリモートワークをしています。このフロスト&サリバンのホワイトペーパーを読み、ビデオ会議ツールによって、新しいボーダレスオフィスが可能になる仕組みを学んでください。

暗い/明るいカメラ照明の中にいる女性

記事:ウェブカメラ VSノートPC内蔵カメラ:実際の違い

ビデオ会議は非常に一般的になりましたが、多くのユーザーは高画質のカメラを利用していません。ウェブカメラがどのようにより良い体験を生み出し、幅広い導入を促すかを学んでください。

推奨製品

ロジクールZone Wirelessの製品画像

Zone Wireless

優れたサウンド、はじいてミュートにできるマイクおよびQiワイヤレス充電機能を装備した、あらゆる場所から作業できるように設計されたBluetoothヘッドセット。

ロジクールZone Wiredの製品画像

Zone Wired

通話と音楽のリスニングに適したプレミアムオーディオを提供するUSB有線ヘッドセット。騒がしい作業空間での利用に最適です。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクールビデオ会議製品が、ビジネス環境で

実装されている様子をご覧ください。