ホワイトペーパーハイブリッドワークに向けたオフィスの設計調査結果

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
オープンプランのハイブリッドオフィス

ハイブリッドオフィスのビジョン

2022年初旬、ロジクールはこの機会に、不動産フットプリントを見直し、新たに導入されたハイブリッドワークを最適化しました。

私たちのビジョンは、従業員と顧客にとってワールドクラスの環境、人々が団結し、最適な方法でソリューションとブランド精神を体験できる場所を作り出すことでした。

従業員はオフィスに戻ってくるだろうかと考えました。彼らを引き戻すものは何でしょうか具体的に は、優れた従業員体験を生み出すために、テクノロジーとデータ主導の洞察をどのように活用できるでしょうか

「従業員の通勤をその価値のあるものにするにはどうすればよいでしょうか。スペースの見方やプログラムを徹底的に見直すことから始めます。私たちは人間中心のデザインアプローチを取り、物理的空間が文化、イノベーション、生産性、快適性と楽しみをどのようにサポートできるかを自問しています。」– David Houseman氏、Workplace Experience責任者、Logicool

カリフォルニア州サンノゼの新しいオフィスでは、3つの包括的な目標に焦点を当てました。

1.従業員の体験を最優先し 、オフィスを魅力的で働きがいのある場所にします。従業員ができる限り効果的かつ生産的に働くことができるようにする。

2.チームワークが促さ れ、従業員は特に世界中のオフィスにいる従業員とスムーズにコラボレーションできます。

3.従業員の人数や会議室のニーズの変化に柔軟に 対応できること。また、オンサイトイベントを柔軟に主催できる必要もありました。

私たちは、スイスのローザンヌとアイルランドのコークにあるオフィスの最近の再設計からの知見とデータを使用して、サンノゼのアプローチを伝えました。これらの場所での実際のオフィスの使用状況から得られたデータと洞察に注目し、従業員の行動を調査して意思決定の指針を示しました。

ブースと会議室でのホットデスクのセットアップ

サンノゼのオフィスにある、柔軟なデスクエリアとコラボレーションに適した座席配置の例の1つ。

データ主導の宇宙計画

デバイスとスペースのリモート管理ソフトウェアである ロジクール Syncを使うことで、データを視覚化して会議室とデバイスの使用傾向を把握することができました。

Syncは、RallyバーとRally Bar MiniカメラのAIビューファインダー機能を活用して会議参加者を検出し、ビデオ会議のために会議室システムがアクティブでなくても、「人数を数え」ます。Syncダッシュボードには、会議室の利用人数やよく利用されている部屋など、会議室の利用状況に関するレポートが表示されます。

 

Syncダッシュボードを使って会議室の使用状況を確認

 Sync内の会議室データの例。

小会議室またはハドルスペースは主に1対1の会議に使用されるのではないかという仮定を立てましたが、これらは通常ビデオ会議にも使用されていることに気づきました。実際、 すべての 会議室はほぼビデオ通話専用に使用されていました。

「当社のコークオフィスは、まさに私たちがサンノゼで行う予定のテストパイロットでした。ビデオポッドは何台必要でしょうか中会議室は何室ですか大規模なコラボレーションスペースはいくつありますかそのため、インサイトに大きく依存していました。新しい指標の検討を始めました。」 –ロジクールVC/B2Bアクセラレーション責任者、Michael Barry

また、小会議室と大会議室の比率が適切でないことも分かりました。大きい部屋は、多数の人々がいる会議に使用すること、および1012人用の一般的な会議室が最も人気があると考えました。結局のところ、ハイブリッドの作業環境では、狭いスペースへの需要が高くなります。足りませんでした。小会議室はすべて予約済みであったため、大会議室は12人で使用されることがよくありました。

フォンブース

Logi Dock Focus Room Kitを装備した防音フォンブース。

実際に行ったことをご紹介します。

最終的に、私たちはハドルルームと「ビデオポッド」を追加し、Rally Bar Huddle カメラを搭載することにしました。Rally Bar Huddleは、これらの小会議室向けに設計されています。 

しかし重要な ことは、柔軟性を組み込み、会議室を簡単に変更できるようにしたことで、新しい洞察が明らかになったときに会議室の構成を変更できるようになりました。そのため には、プロセスの早い段階で職場のサービスとITを連携させることが極めて重要でした。

この2つのチームが協力して、会議室とスペースができるだけ柔軟になるようにしました。そのためには、会議室の配線方法などに関して、建設段階で高度な計画が必要でした。可能な限りハードウォール構造ではなくモジュール式の会議ポッドを採用し、必要に応じて配置を変更できるようにしました。現在では、オフィスの大幅な変更でさえ、数週間または数か月ではなく、数日かかる場合があります。

「チームの意見を聞き、デバイスから得られる実際のインサイトを活用することで、会議室の定義方法や、会議室に導入すべきテクノロジーを考えることができました。」–Michael Barry、ロジクール、VC/B2Bアクセラレーション責任者

また 予約 データではなく、実際に使用された部屋や、その部屋に実際に入っている人数などの 使用 データに基づいて決定を行い ました 。Syncでデータをキャプチャするには、ロジクール Tapスケジューラーと、Rally Barカメラに搭載されたAIビューファインダーを使用しました。

ハドルルーム

チェックインが簡単なRally Bar Huddle、Scribe、Tap IP、Tap Schedulerを装備したハドルルーム。誰もチェックインしないと、部屋は解放され、他の人が利用できるようになります。

会議室の最適化に加えて、独自のフレックスデスク製品をいち早く導入しました。これには、Logi Dock Flex と、新しい ロジクール デスク予約 ソフトウェアサービスが含まれます。

モニターに表示されたSync分析ダッシュボード

Logi Dock Flex、およびデスク予約データがSyncで表示される例。

デスク予約ソフトウェアにソーシャルネットワーク機能が組み込まれたことで、従業員はオフィスにいる時間の計画を同僚に簡単に通知できるため、同僚は座っている時間を調整することができます。当然のことながら、 人々は、同僚も一緒にいるとオフィスに来る傾向が強くなります。

Logi Dock Flexとデスク ブッキング ソフトウェアは、ハードウェア/ソフトウェアの機能を備えているため、従業員は、場所やチームメイトとの距離に応じてデスクを選択できます。オフィスに到着したら、USB-Cケーブルでノートパソコンを接続して、簡単にチェックインできます。これによって実際の使用データが得られ、弊社はこれをSyncでキャプチャします。また、会議室データの場合と同様に、データ予約ではなく実際のチェックインをマイニングして、将来のワークスペース戦略に役立つ傾向を探します。

カジュアルな作業空間とハイブリッドオフィス

将来を見据えて

私たちのアプローチは機能しているかまだ、判断するのは時期尚早です。 

当社は独自の「生きたラボ」であり続け、進行しながら学習し、変化する作業環境に適応していきます。

当社は、新しいオフィステクノロジーとビデオ会議を、最小限の時間と労力で、迅速に導入しています。従業員がスペースを使用する方法を調べれば、必要に応じて会議室を変更し、デスクのバンクを会議スペースに、またはその逆を変えます。また、Syncで得られた洞察をもとに意思決定を行っています。

以下は、ハイブリッドに対応したオフィスの設計と、従業員体験の最適化に関する、8つの重要なポイントです。

  1. アジャイルな考え方を採用し、必要に応じて実験、テストおよび学習を行います

  2. テクノロジーを活用してデータ主導のインサイトを得る

  3. ほとんどのスペースはビデオ通話に使用されるものと想定し、それに応じて計画を立てます。

  4. プロセスの早い段階でワークスペースサービスとITを連携させる

  5. 可能な限り柔軟性を組み込み、会議室を簡単に変更できるようにすることで、新しいインサイトが得られたら、会議室の構成を変更しやすくします。

  6. 予約データではなく使用データに基づいて決定を行う

  7. デスク予約ソフトウェアを使って摩擦をなくし、自宅からオフィスへスムーズに移動できるようにする

  8. 冒険を受け入れましょう

ハイブリッドデザインの複雑さにお悩みなら、ぜひ弊社までご連絡ください。ロジクールのサンノゼオフィスツアーに参加いたします。ぜひお問い合わせください。当社の道のりは進行中の作業であり、洞察を交換したいと思っています。 

こちらの記事でSyncのインサイトの詳細をご覧ください。

こちらもご覧ください

小規模オフィスのRally Barビデオ会議のセットアップ
インサイト

今はハドルルームに集中する時です

68%の企業が小会議室とハドルスペース向けのAVテクノロジーに投資しているのはなぜでしょうかビデオをハドルルームに追加する際の注意事項をご確認ください。
ビデオ会議機器が設置されたデスク
インサイト

ハイブリッドワーク体験をMicrosoft Teamsで統一

ロジクールのデスクトップおよび会議室ソリューションがMicrosoft Teamsと連携し、ホームオフィスから会議室まで、従業員をシームレスにサポートする仕組みを学んでください。
ビデオ会議機器を導入したハドルルーム
インサイト

ハドルルームでのTeams向けビデオ会議

ハドルスペースや小スペースをMicrosoft Teamsに最適化するための重要な洞察、ヒント、ポイントをご紹介します。ホワイトペーパーをダウンロードして、詳細をご覧ください。
Syncインサイトダッシュボード
インサイト

Syncインサイトの使用 - ロジクールケーススタディ

ITチームやその他のチームは、ロジクール Syncをどのように使用して、スペースとテクノロジーに関して情報に基づいた意思決定を行うことができるのでしょうかロジクールがSyncインサイトをどのように活用しているかをご紹介します。
検索アイコン

カテゴリをブラウズ

つながりましょう

カート

カートは現在空です。今すぐショッピングを開始