Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

記事:遠隔医療:導入に対する4つの障壁、およびその克服方法

記事

遠隔医療:導入に対する4つの障壁、およびその克服方法

医療ケアにおける、今日の最も前途有望な前進の1つを探求する

ビデオ会議に参加している女性のグラフィック表現

 

遠隔医療は、1世代またはそれ以上の期間にわたり、医療ケアにおける最も前途有望な前進の1つです。離れた場所から通常の医療を管理することは、数年前にはほとんど想像できないことでした。最近まで、患者が利用できるほぼ唯一の遠隔医療オプションは、医師の診療所に電話をかけて予約することだけでした。

ビデオ会議や携帯電話の技術的進歩を通して、今日でははるかに多くのことが可能になりました。たとえば、医師へのバーチャル相談、遠隔でのバイタルサイン読み取り、およびリモート医薬処方などです。実際、70%を超える医療提供者(英語のみ)が現在、何らかの形態の遠隔医療を提供しています。また、コロナウィルスのパンデミック、および患者と医療専門家の安全を維持する必要性により、この数は増加し続ける可能性があります。

しかし、成功にも関わらず、遠隔医療導入の増加に対する多数の障壁があります。医療の多くの側面は遠隔医療環境で完全に変換できない、あるいは患者の機密性またはセキュリティ規制基準を満たすことができません。また、政府機関は、遠隔医療に対応するための保険規定の制定にどの程度成功するでしょうか? 

私たちは、医療提供者、政策立案者、および一般の人々によって完全に受け入れられるために、遠隔医療が克服する必要のある4つの主な障害を考察していきます。

  1. 遠隔医療の意味を定義する

  2. 保険給付とコストの難問を解決する

  3. 地方のインターネット帯域幅の問題に対処する

  4. 患者の機密性とデータセキュリティを管理する

遠隔医療の意味を定義する

克服する必要がある最初の障壁は、遠隔医療とは何か(そして遠隔医療に該当しないもの)を定義することです。これには、医療サービス、保険の適用範囲、および法的な問題に関することが含まれます。連邦と州レベルでの定義は異なるため、遠隔医療としての資格取得条件に関して混乱が生じます。また、保険会社による一貫した認識の欠如により、保険適用範囲に関してさらなる混乱が生まれます。米国では、政府ベースの保険プログラム「メディケア」および「メディケイド」が、遠隔医療の適用範囲の定義において重要な役割を果たします。

遠隔医療の定義では、医療免許と認証を考察することが重要です。医療免許と認証の必要性は、法的にだけでなく、保険給付と患者の自己負担費用が混ざる場合にも重要な要素になります。例えば、ある国の患者が別の国にいる医療専門家から医師の助言を求める場合、どうなるでしょうか?インターネットによってこれは可能であり、実際、遠隔地にいる専門家へのアクセスを提供することでケアの質が高まりますが、医療保険会社はこうした相談を適用範囲に含めるのでしょうか?

どのような状況で誰が誰をリモートで治療できるかを定義し、支払い方法と、支払いをどこから行うかを理解することは、医師から州医事当局や保険会社まで、全体にわたって同意を促すために極めて重要です。 

保険給付およびコストの難問を解決する

遠隔医療プログラムを設定するには、医療クリニック、病院、または診療所は、ビデオ機器と患者監視デバイスからソフトウェア アプリケーションと技術サポートまで、すべてに投資する必要があります。仮想患者サービスが患者の医療給付によって請求でき、支払われる場合にのみ、この大きな投資は財務上正当化できることは極めて明らかです。

この概念を複雑にしているのは、保険会社による受け身の請求処理方法です。通常保険会社は、請求が提出されるのを待ってから、請求に対して支払う金額(ある場合)を決定します。ゆっくりとしたこのプロセスは現代化しないと、遠隔医療はその可能性を発揮することはできません。

地方のインターネット帯域幅の問題に対処する

高速インターネットサービスの欠如により医療施設と開業医の不足が悪化している地方では、遠隔医療の進歩は特に遅れます。例えば米国では、地方の患者は国の人口の25%を占めていますが、彼らにサービスを提供しているのは国の医師の10%未満です。普及している「ダークネット」エリアもまた、米国の地方では一般的です。ヨーロッパとアジアの多くの地域も同様に、医療ケアと高速インターネットへの制限されたアクセスに直面しています。

物理的な医師のケアを受けられない人々に遠隔医療を届ける場合、地方のブロードバンドアクセスに対処することが極めて重要です。しかし、遠隔医療導入に対するこの障壁を克服するまでは、遠隔医療サービスから利益を得る可能性がある何千もの患者は傍観者の立場を取るしかありません。

患者の機密性とデータセキュリティを管理する

機密性を管理し、遠隔医療セッションの内容を保護することは、システムに対する患者の信用を得るために極めて重要です。世界中の多くの地域における規制要件は患者のプライバシー保護を命じていますが、これらの命令は、リモート予約の過程を通して患者の医療記録を完全に保護するには十分でない可能性があります。様々なセキュリティ要因を検討する必要があります。

医療提供者は患者と協力して、患者が不注意に、自分のデータと医療履歴を危険な方法で扱わないようにする必要があります。例えば、患者は、セキュリティ保護されていない場所にいる時に、予約をする、または予約を承認する必要がある場合があります。カフェや図書館などの場所に設置された公共のWifi接続では、機密性を維持するのが非常に難しくなります。 

おそらく、患者の機密性保護において最も困難な側面は、テレビ電話を行う際に患者が使用しているデバイスのセキュリティを確保することです。古いウィルス対策ソフトウェア、未知のマルウェア、および一部のブラウザのアドオンはすべて、危険の増加につながります。1つのソリューションは、テレビ電話を行うのに必要な基本的な機器を患者に提供することかもしれませんが、この提案では、患者が支払うことができない、または支払いたくない場合、そのコストを誰が負担するかという問題が発生します。

遠隔医療の導入に対する障壁の克服における次の課題は何でしょうか?

医療業界と患者の一部では遠隔医療の導入は遅いものの、この状況が変化している兆候があります。2020年に爆発的に広がったパンデミックによって、医師と患者の両方が直接の来院よりも安全性を優先したため、遠隔医療の使用が飛躍的に増加(英語のみ)しました。

その他の肯定的な兆候もあります。例えば米国では、メディケイド(遠隔医療についてメディケアと同じ制約や(英語のみ)制限がない)が、遠隔医療の使用を促す主な要因になっています。電気通信会社もまた、世界中で5Gネットワークへのアクセスを増加させています。これによって、たくさんの人々にとって遠隔医療が現実的なオプションになっています。

最後に、幅広い導入に対する大きい障壁である機器のコストは現在、それほど大きな障害ではありません。これはテクノロジーが向上し、より手頃な価格になっているためです。例えばロジクールは、非常にクリアなオーディオとビデオを提供する4kウェブカメラを、高級ディナー1、2回程度の価格未満で提供しています。高品質によって、医師が特定の状態をリモートで診断し、直接の来院と同じように患者と会話し、適切な治療薬または療法を安全に処方することが可能になっています。

ロジクールの医療ソリューションは、他の方法でもケアへのアクセスを拡大しています。これには以下を目的としたビデオテクノロジーが含まれます:

  • 入院患者の監視

  • モバイルカートと遠隔医療キット

  • スタッフトレーニングと、医療専門家向けの継続的な教育

  • 管理スタッフ用のビデオ会議室

新しい高品質かつ手頃な価格のビデオ会議テクノロジーと、5Gネットワークへの幅広いアクセスにより、私たちは遠隔医療の幅広い導入の最前線にいます。テクノロジーはすでに、今日の生活の多数のタスクを簡単にしています。遠隔医療は、医療にも同じ影響を確実に与えるでしょう。

 

以下もご覧ください:

ビデオ会議に参加している女性のサムネイル

記事:ビデオ会議が普及しています。準備はできていますか?

リモート会議用のビデオの導入が急速に増加しています。ITはこの需要を満たす準備ができていますか?以下のベストプラクティスに従い、確実に準備をしてください。

ロジクールMeetupを使ったビデオ会議のグラフィック表現

記事:在宅勤務でビデオコミュニケーションスキルを向上させるためのコツ

ビデオ会議に慣れる方法から、画像とサウンドを改善する方法まで、ビデオ会議で効果的にコミュニケーションを行うための素早く簡単なヒントを学んでください。

在宅勤務と育児のイラスト

記事:在宅勤務と育児のバランスを取る保護者へのヒント

子供と一緒に家にいる間に、重要なビデオ会議にうまく対処する方法を学んでください。

推奨製品

ロジクールMeetUp

MeetUp

小会議室とハドルルーム用一体型カンファレンスカム

ロジクールTap

Brio

HDRとWindows Hello対応の4Kウェブカメラ

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクールビデオ会議製品が、ビジネス環境で

実装されている様子をご覧ください。