Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

ケーススタディ:Progetto CMR

ケーススタディ

PROGETTO CMR

Progetto CMR、ロジクール ビデオ会議を使用しリモートチームワークを簡素化

オフィス内で座っているProgetto CMRの社員

概要

統合デザインのリーダーであるProgetto CMRは、会議をより効率的にし、頻繁で時間がかかる出張を減らすためにロジクールを選択しました。ロジクールMeetupとRallyビデオ会議ソリューションは、世界中のチームメンバーと顧客間のスムーズで自然な会話を可能にすることで、Progetto CMRの意思決定プロセスを加速し、長距離間のチームワークの原動力を改善しました。

progretto cmrロゴ

ウェブサイト
PROGRETTOCMR.COM

業界
統合デザイン
エンジニアリング
建築

場所
ミラノおよびローマ(イタリア)
北京および天津(中国)

ソリューション
Logicool® Rally Plus
Logicool® Meetup

チームワークと作業空間を示すサムネイル

課題

グローバルな拡大に伴い、Progetto CMRは、様々な場所にいるチームメンバーと同社の世界中の顧客間との議論やコミュニケーションを簡素化し、加速する必要がありました。同社の事業分野である統合デザインという特殊性から、建築家、エンジニア、デザイナー、都市計画などの専門家が常にチームワークを保ち、リアルタイムで協力する必要があり、多くの場合、異なる場所で作業をしています。このため、Progetto CMRは、移動時間を節約する必要性と、社内に可能な限り多くの会議室をセットアップするための予算のバランスが取ることができるソリューションを探していました。

ロジクールMeetupの製品画像

LOGICOOL MEETUP

ソリューション

Progetto CMRは、イタリア国内および海外の様々な場所にいる160人のスタッフ間でスムーズなチームワークを確保するために、最高水準のオーディオとビデオ品質、そしてシンプルかつ直観的な使用方法と美しいデザインが結合されたビデオ会議システムを探していました。

ロジクールMeetupとRallyビデオ会議ソリューションは、世界中のチームメンバーと顧客間のスムーズで自然な会話を可能にすることで、Progetto CMRにおける意思決定プロセスを加速し、長距離間のチームワークのダイナミクスを改善しました。

ロジクールRally Plus製品画像

ロジクールRALLY PLUS

結果

Progetto CMR本社でのロジクールMeetUpの導入により、ビデオ会議の回数が70%増加しました。広角レンズによって、狭い空間でも、参加者全員が画面に映るようになりました。

ロジクール ビデオ会議システムとGoogle Meetを日常的に使用することで、Progetto CMRはオペレーションの原動力を加速し、グローバル市場の要求により迅速に対応できるようになりました。

最高情報責任者であるClaudio Bonà氏は次のように語っています。「私たちはロジクールという理想的なパートナーを見つけました。ロジクールのおかげで、私たちのデザインのアイデアはそのままに、さまざまな場所にいるチームメンバーとの作業に不可欠な最高水準のオーディオとビデオの品質を得ることができました。」導入されたソリューションのシンプルで直観的な性質により、会社のすべての専門家が、技術的なサポートを必要とせずにソリューションを独立して使用できます。

 

AUMENTA LA PRODUTTIVITA’ DEI TUOI TEAM GLOBALI

グローバルなチームの生産性を高める

ますますグローバル化が進む中、ロジクールのテクノロジーは、私たちの働き方やコミュニケーションの方法を改善し、加速させてくれました。

Massimo Roj氏
CEO兼創立者

推奨製品

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ会議製品の詳細をご覧ください

 ビジネス環境で実行。