ケーススタディ

ResponsiveED

ResponsiveEdは、ConferenceCam CC3000Eを採用して、対面によるコミュニケーションを実現。

会議室でビデオコラボレーションを利用する人々
概要

ResponsiveEdは、生徒達が生涯にわたり学び・学習の活動を続けていくことができるよう、文字による各個人に合わせた画期的な学習環境を提供しています。映像・音声品質、使いやすさ、そして費用対効果において卓越したロジクールConferenceCam CC3000eを採用し、様々な州にまたがる組織全体を通して対面によるコミュニケーションを実現しました。

ResponsiveEDロゴ

ウェブサイト
WWW.RESPONSIVEED.COM

業界
教育

所在地
ルイスビル、テキサス州

ソリューション
ロジクールConferenceCam CC3000e

「数千マイルにわたって分散している75か所の教育施設をもつ私たちは、ビデオ会議テクノロジーを利用して、2,300人の従業員の間で優れたコミュニケーションの機会を増やすことができる費用対効果の高い方法を探していました。ロジクールCC3000eの効果的かつ優れたソリューションの利用により、対面で話す貴重な時間、トレーニングの柔軟性、そして指導の機会が劇的に増えました」

Michael Magers氏
ResponsiveEd、遠隔および学習テクノロジーディレクター

課題

ResponsiveEdは、75校を運営する負担と費用を削減しながら、ITの技術を通して対面によるコミュニケーションを活用する方法を探していました。そして、できる限り効率的かつ高性能でありながら、ユーザーが許容できる使いやすさと品質を備えている必要がありました。

ロジクールCC3000e製品イメージ

LOGICOOL CC3000e

ソリューション

ResponsiveEdは、対面によるコミュニケーション、トレーニング、指導および全体的な取り組みを強化し、拡大するために、すべての場所にCC3000eを導入しました。導入は円滑に行われ、ユーザーは短時間で使用方法を習得し、創造的な新しい方法でテクノロジーを利用できるようになりました。

アイデアを形作る2人の図

対面コラボレーション = 関与

結果

ResponsiveEdは、積極的に使用したいと思えるコラボレーションソリューションであるCC3000eを採用しました。小グループの会議から、大規模な会議まで、臨場感のある映像と非常にクリアなオーディオにより、各学校を車で移動せずに生産性を高めることができるようになりました。

線が上昇するグラフのインフォグラフィック

使いやすさと費用効率性の融合

推奨製品

Meetupカンファレンスカム
MEETUP

120°の視野角を備え、オーディオが統合された一体型ConferenceCamは、小会議室やミーティングスペースに最適です

Meetupカンファレンスカム拡張マイク
拡張マイク(MEETUP用)

アドオンマイクにより、ミーティングスペースの柔軟性を高めます

Groupと拡張マイクの製品画像
GROUPと拡張マイク

中~大規模会議室での手頃な価格のビデオ会議

小さい部屋で会議をする人々
ケーススタディ:Itopia

このケーススタディを読み、itopiaがロジクールConferenceCamを使ってコラボレーション、販売、および採用を行っている方法を確認してください。

ビデオ会議の会議テーブルについている人々
ケーススタディ:Mustard Jobs

このケーススタディを読み、Mustard JobsがロジクールBCC950カンファレンスカムを使って、世界中の顧客のために、応募者の面談と選抜を行っている方法をご覧ください

ビデオ会議の会議テーブルについている人々
ホワイトペーパー:協力的な企業と現代的な会議

Wainhouse Researchによるこのホワイトペーパーを読み、現代的で協力的な職場と、そこでのビデオ会議の役割の進化を理解しましょう。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ コラボレーション製品の詳細をご覧ください

ビジネス環境で実行。