Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.

記事:リモートワークの柔軟性によって休暇旅行が楽になります

記事

リモートワークの柔軟性によって休暇旅行が楽になります

オフィスで働いたことがある人は誰でも、生産性が最高になる時間と、平均を下回る時間があることを知っています。こうした低下の要因の1つは、従業員が休暇を取って家族を訪問する時期に発生する傾向にあります。旅行をしない人でも、仕事の意欲が低下する場合があります。約54パーセントのワーカーが、12月半ばに精神的に気が散り、生産性が下がると答え、クリスマスの日が近づくにつれその割合が増加しています。

生産性を下げるもう1つの要因は、従業員が旅行をしている時の悪天候と、悪天候による遅延の形で生じます。フライトのキャンセル、危険な道路、およびその他の天候関連の事象によって従業員の休暇が長引き、計画外の欠勤につながり、仕事がたまっていきます。ある調査の回答者の1/3が、休暇旅行にストレスを感じ、半数以上が、仕事が休暇中の大きなストレス要因であると答えました。おそらく、休暇中にやる気を維持しながら生産性を高める最良の方法は、リモートワークの柔軟性に関係しています。

パソコンで作業をする女性

休暇中の柔軟な仕事の利点

2018年、約1億1,200万人が、休暇中に旅行をすることを選びました。そうした旅行は、空港と高速道路の交通量に関しては危機的状況を生み出します。悪天候の場合、旅行はさらに困難になります。これはちょうど休暇中によく発生します。遅延したフライトを待ちながら空港ターミナルで座って費やす時間、あるいは吹雪によって家に閉じ込められて費やす時間は、貴重な休暇時間を蝕みます。これによってやる気が低下し、休暇中の生産性がさらに下がります。テレワークによってそのような時間を取り戻すことができます。休暇旅行の前、または旅行中でも作業を進めることが可能になります。

リモートワークの柔軟性によって、空港ターミナルまたはキッチンテーブルがサテライトオフィスになり、そこで従業員は作業を遂行でき、休暇の時間をお祝いのために取っておくことができます。以下は、休暇中に従業員にテレワークをさせるいくつかのメリットです。

  • 生産性の向上:リモートワーク環境では、従業員の生産性が40パーセントも増加します。休暇中にリモートワークを行うことで、年次休暇後の欠勤と注意散漫によるスランプが軽減されます。自宅で、または旅行中に仕事をする機会を従業員に提供することで、就業日が完全に失われず、従業員は数時間だけ休暇を取って車または飛行機での旅ができます。

  • ワークライフバランス:仕事と並行して個人的、家族、および娯楽的アクティビティの時間を見つけることは、休暇中は特に困難です。職場でストレスを感じる人々の大多数は、休暇中に自宅で多数の要求と仕事のバランスを取る必要性に圧倒されます。リモートワークポリシーは、より柔軟な作業方法を従業員に提供し、休暇時間が限られている従業員は、休暇中に家族や友人を訪問して、これらの場所で仕事をすることができます。またこれによって、子供がいるワーカーは、遂行する任務や訪問先の家族に配慮して、あらゆる場所から仕事をうまく片付けることができ、電子メールを見逃すことや、迫ってくる締め切りの心配がなくなります。

  • 安全性:両立できる仕事を持つ人々が、少なくともパートタイムでリモートから仕事をした場合、95,000件の交通関連の怪我や死亡を防げると推定されています。休暇シーズンは、多くの人々が急いで目的地に行こうとする一方、道路は混雑して滑りやすいため、通勤者にとって特に危険です。リモートワークによって、従業員は運転する必要がなくなり、空いた時間に旅行をする機会が得られます。

テレワークを可能にし、推奨することで、従業員は、オフィスに戻った時の仕事の山についてストレスを感じることなく休暇時間をフル活用できることは明らかです。さらに、テレワークの準備はとても簡単です。

 

休暇中のリモートワーカーのサポート

従業員がテレワークの準備を効果的に行うのは難しいことではありません。従業員は、ノートパソコンと、ドキュメントと会社のソフトウェアへのクラウドアクセスが必要です。テレビ電話については、高品質のウェブカメラノイズキャンセリング ヘッドセットによって、忙しい空港からでも同僚とのコラボレーションが可能になります。また、会社が物理的なオフィスで使用するビデオ会議プラットフォームに、従業員が自分のノートパソコン、タブレットまたはスマートフォンにダウンロードできるアプリバージョンがあると役立つでしょう。

休暇用のリモートワークポリシーを公表する前に、従業員がリモートワークの要件を理解していることを確認してください。マネージャーまたは人事担当者は、作業の記録方法と、それをいつ行うかに関する会社のポリシーを既に説明したはずですが、ITチームは、従業員が講じるべきセキュリティ対策を理解したことを確認する必要があります。これには、仮想プライベートネットワーク(VPN)の使用、セキュリティ保護されていないネットワークにログオンしない、あるいは強力なパスワードなしにパーソナルデバイスをセットアップしないなどがあります。パブリックWifiネットワークにアクセスする時に、従業員によるVPNの使用を会社が選ばない場合、共有Wifi信号の使用中にデータを保護するために、Wifiセキュリティシステムをインストールし、リモートワーカーのパソコン上でファイル共有をオフにする必要がある場合があります。

リモートワーカーがサポートされていると感じ、技術者を信頼している場合、休暇中にストレスを感じることなく、仕事をうまく片付けることができます。テレワークは、従業員と雇用者の両方にメリットを提供します。つまり、1年の忙しい時期に、ワークライフバランスと生産性が向上します。

以下もご覧ください:

ワイヤレス ヘッドセットを使ってオフィスで作業し、ビデオ会議を行う女性

記事:リモートワーカーのための3つのヒント

この記事を読み、シンプルなリモートワークのエチケットによって、テレワークの日々の課題にどのように対処できるかを学んでください。

ビデオ会議中にパソコンを見る子供達

ケーススタディ:HOPECAM

このケーススタディでは、Hopecamがロジクールと提携してインタラクティブなコラボレーションを強化している方法をご紹介します。

推奨製品

ロジクールBRIO Ultra HD Proウェブカメラ

Brio

ビデオ会議、ストリーミング、および録画用Ultra HDウェブカメラ

ロジクールZone Wirelessヘッドセット

ZONE WIRELESS

音響環境をコントロールし、オープンな作業空間で仕事を遂行するために設計されたワイヤレスBluetoothヘッドセット。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ会議製品の詳細をご覧ください

 ビジネス環境で実行。