広範囲に見られるビデオ疲れ - ただし、対処方法あり

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here
ワークステーションでビデオ会議をしている人のイラスト

会議疲れは、十分に証明された現象ですが、これは、対処できるものです。この現象は、(Zoom人気から)「Zoom疲れ」とも呼ばれ、パンデミックにおいてオフィスワーカーがいきなり在宅勤務への移行を迫られ、仕事とコラボレーションを続けるためにビデオ会議に大きく依存するようになったことで、広く見られるようになりました。多くの人が、1日中ビデオ会議に追われ、疲れを感じているようです。この状況が1年以上続いた中で、分かってきたことがあります。

2回にわたる本シリーズのパート2に当たる今回は、ビデオ会議疲れに対処するための実践的なアドバイスを紹介します。パート1では、ビデオ会議が人に与える影響が、電話会議や対面式の会議など他の形式の会議とは異なる理由を取り上げています。

会議疲れに対処するための戦略

ビデオ会議は、今後も、コラボレーションと社会的つながりを実現する重要なツールとなるでしょう。ある専門家は、「今後数か月における組織の課題は、ビデオ会議の削減ではなく、それを管理し、ビデオ疲れを最小限に抑える方法を確立することです。」と述べています。

これを念頭に、組織と従業員が、日々の会議について効率化を図り、時間を上手く活用し、ビデオ会議疲れを最小限に抑えるために実践できる戦略を紹介します。

  • 会議を短くする。単に、カレンダーアプリのデフォルト設定に合わせて、会議時間を30分または1時間に設定しているのであれば、見直しましょう。
時計のイラスト

 

  • 生産的な作業のための時間を確保する。最も生産性が高まる朝または夕方の時間には会議を入れないようにすれば、会議のために生産性を犠牲にしなくてすみます。

 

 

  • 会議と会議の間には席を立って、体を動かす。データから、パンデミック中に従業員が椅子に座っている時間が増えたことが分かっています。この座っている時間の増加は、ストレスの増加と健康状態の悪化に関係しています。会議と会議の間に少し歩いてみると効果的です。
犬と散歩する人のイラスト
  • 立って会議に参加することを検討する。立っていると疲労が軽減されるだけでなく、会議に集中している姿勢を同僚に示すこともできます。
 
 
  • 高性能のウェブカメラを使用する。高品質な、エンタープライズグレードのウェブカメラであれば画質が良くなり、ビデオ会議での写り方を改善できます。さらに、専用ウェブカメラであれば、ラップトップ、タブレット、モニターに付属するカメラにはないビデオ会議機能を使用できます。
 
 
  • ビデオ会議プラットフォームとの互換性が認証されている機器を選択しましょう。エンタープライズグレードのヘッドセットとウェブカメラの主な利点の1つは、Microsoft Teams®、Google Meet™、Zoom™などのビデオ会議ソフトウェアとの互換性が認証されており、それらのアプリケーション向けに設計された統合機能を使用できることです。さらに重要なのはおそらく、認証は、品質と信頼性を証明する重要な承認の証明であるということです。

 

以上のポイントからもわかる通り、ビデオ会議疲れは、今日の職場環境において避けられない問題です。ただし、組織は、適切なトレーニングと優れた機器を導入して従業員の健康に投資することで、この問題を軽減したり、完全に解決したりすることができます。

     

以下もご覧ください

フロスト&サリバン

Frost & Sullivanによる電子書籍:ハイブリッドワークスペース導入の準備はできていますか?

ハイブリッドワークスペースで実力を発揮するために必要なものを従業員は持っていますか?フロスト&サリバンによる、生産性を高めるツールについてのレポートをご覧ください。

専用ウェブカメラがある複数のスクリーンのイラスト

電子書籍:ウェブカメラ – 不可欠なビデオコラボレーションツール

専用ウェブカメラによって、リモートで働く従業員はあらゆるビデオ会議に確実に参加できるようになります。ウェブカメラがハイブリッドな職場環境に不可欠な理由をご紹介します。

ウェブカメラ付きのラップトップのイラスト

インフォグラフィック:従業員のオンライン コラボレーションを最適化する8つの方法

全従業員のコラボレーション体験を最適化して、Microsoft Teams、Zoom、Google Meetなどのビデオ会議サービスにおけるROIを高めましょう。その方法を解説します。

サポート

つながりましょう