インフォグラフィック:ビデオ会議のROIを最大化する10個のヒント

メインコンテンツにスキップ
Pangea temporary hotfixes here

近年、ビデオ会議サービスへの支出が急増する中で、その投資効果を最大化できているのかという懸念が、一部の組織に生じています。今日の大企業は、Microsoft Teams、Zoom、Google Meetに毎年、多額の投資を行っています。その投資は十分に活用されているのでしょうか。

優れた会議体験、ユーザーの利用の促進、IT管理者が担うタスクの簡素化を実現することでROIを高める10通りの方法を、インフォグラフィックにてご紹介します。ぜひ、ダウンロードしてご覧ください。

ハイライトの例

2人の参加者がビデオ会議を行っている図

参加者全員が直接対面の場合と同じように関与できるリモート会議を実現する

ビデオ会議機器の図

一体型ビデオバーを導入してセットアップとメンテナンスをシンプルにする

ノートPCに接続されたSwytchアダプタの図

従業員が他のプラットフォームでの会議に簡単に参加できるようにする

ホワイトボードに向かっている人がScribeカメラに捉えられている図

ホワイトボードを使用したコラボレーションをあらゆる会議室で実現する

以下もご覧ください

Wainhouse Research社によるロジクール Scribeの評価

製品レビュー:Wainhouse Research社によるロジクール Scribeの評価

Scribeは、ビデオ会議の全参加者がコラボレーションやブレインストーミングを簡単に行えるようにするホワイトボードカメラです。Wainhouse社によるその製品レビューをぜひ、お読みください。

会議室にビデオ会議を導入し管理する

電子書籍:会議室にビデオ会議を導入し管理する

ビデオ会議システムと会議室ソリューションの大規模導入を評価する際にITチームが検討する必要がある、5つの主な基準をご確認ください。

Recon Research社によるロジクールRally Barの評価

製品レビュー:Recon Research社によるロジクールRally Barの評価

ロジクールRally Barは、Androidベースの中会議室向け一体型ビデオアプライアンスです。Recon Research社がその実地テストを行い、結果などをまとめたレビューを作成しました。ぜひ、お読みください。

サポート

つながりましょう