ウェビナー(録画)

ユーザーがビデオ会議に「不快感を覚える」理由。

適切なツールとトレーニングによりユーザーの導入を増やす方法

VCは「Video Conferencing(ビデオ会議)」の略ですか?それとも「Very Creepy(非常に不快)」の略でしょうか?ビデオ会議の導入を担当し、投資収益率を高めようとしているIT組織にとって、ユーザーの導入の流れを変えることは困難だと考えられているようです。

 

この「On the Air(オンエア)」というエピソードでは、ビデオ会議を「不快なもの」と感じさせる誤解や誤用について、またユーザーへのトレーニングや、ユーザーの導入を増加させる方法について議論しています。Spiceworks CommunityのITプロとロジクールの専門家がディスカッションをリードします。

ハイライト:

#1

ユーザーが実際にビデオ会議を使用する方法に関する、トレーニングの「すべきこと」と「してはいけないこと」

#2

ユーザーが最も快適に感じる会議室とテクノロジーのセットアップ

#3

ロジクールRallyシステムを使った会議室セットアップのライブデモ

推奨製品

MEETUP

120°の視野角を備え、オーディオが統合された一体型ConferenceCamは、小会議室やミーティングスペースに最適です

RALLY

自動カメラコントロール搭載のプレミアムUltra-HDカンファレンスカムシステム

Brio

ビデオ会議、ストリーミング、および録画用Ultra HDウェブカメラ

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ コラボレーション製品の詳細をご覧ください

 ビジネス環境で実行。