自宅での適切な人間工学への最初のステップ

Logo hack is here. Should be removed when Pangea v2 goes live.
Pangea temporary hotfixes here

私たちの多くは、自宅に十分な専用のオフィス空間を持っていないため、キッチンのテーブル、ソファ、さらにはベッドでノートパソコンを使って就業日を過ごすことになります。1日であれば、これは比較的害になりませんが、長期間このように働いた場合、身体的、精神的な幸福感が蝕まれます。

以下は、自宅での実際に機能する快適な作業環境のセットアップに関するいくつかのヒントです。

健康に関するヒント1

適切な作業環境を作り出す

できるだけオフィスのデスクを再現した、専用のスペースを設定します。  キッチンのテーブルも役立ちますが、これは画面が適切な高さと距離になり、リラックスした位置にできる十分なスペースがある場合に限ります。詳細は後程説明します。

健康に関するヒント2

ギアアップ

1日だけノートパソコンの上に前かがみになるのは問題ありませんが、長期間在宅勤務を行う場合は、外付けデバイスに投資する必要があります。外付け画面、マウス、およびキーボードによって、より自然でリラックスした姿勢が促されます。居心地が悪い姿勢で、不適切な機器を使って長時間作業をすると、疲労、不快感および痛みにつながることがあります。

健康に関するヒント3

椅子への配慮

通常のダイニングルームの椅子は、1時間程座ることを意図されていますが、8時間の作業する予定である場合、優れた腰部サポート付きの、高さを調節可能な椅子に投資することが重要です。キッチン テーブルは通常、コンピュータの使用には高すぎます。これが唯一のオプションである場合、肘がキーボードの高さになるように、椅子を上げる(またはクッションの上に座る)必要があるかもしれません。かかとが床にしっかりとついていない場合、フットレストを使うか、または数冊の本を下に置きましょう。

健康に関するヒント4

ソファから離れる

最初に、在宅勤務環境に境界を作ることが重要です。ワークステーションを作業用に、ソファをリラックス用に維持するようにします。人間工学的に言えば、モダンなソファは深すぎ、低すぎます。すぐに前かがみになり、首と下背が緊張します。ノートパソコンを膝にのせて作業する場合、短時間で首が痛みます。

健康に関するヒント5

深呼吸をして新鮮な空気を取り込む

在宅勤務に慣れるには時間がかかります。最初の数日は、期待通りに生産的でも快適でもないかもしれません。それでも大丈夫です。誰にでも調整期間があります。また、在宅勤務を成功させるための最大の鍵の1つは、休憩を組み込むことです。15分の休憩を取り、バルコニーでコーヒーを飲みましょう。より生産的になり、満足感を得られます。

健康に関するその他のヒント